ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

チャリティーマッチ、VS阪神

今日の見どころ・・・再来日が見込めないリーチに代わる、先発左腕としての期待を持つ眞下。相手先発は苦手とする久保。3番・スレッジが当たるか。

横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:133位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手制度を採用せず、ランキングに統一しました。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
9-2で勝利
スタメン/各打席12345備考
1.渡辺(二)2-1三振右21打点
2.石川(遊)5-2三振左2遊ゴ一ゴ中安1打点 1失策
3.スレッジ(左)5-4右2遊飛左2中安左本1本塁打 3打点
4.村田(三)4-2中2四球中安右飛一邪2打点
5.ハーパー(一)4-2左飛中飛右安右安
6.吉村(右)4-0右飛三振三ゴ三振2三振
7.森本(中)4-1遊ゴ中安投ゴ右飛
8.武山(捕)2-1左2三振
9.眞下(投)3-1左2三ゴ三振1打点
途中出場/各打席
藤田3-1三振三振遊安2三振
新沼2-0三振三振2三振
金城1-0三振
継投/投球結果投球回奪三振被安打与四死球(うち死球)失点
1.眞下7回
2.ハミルトン1回
3.加賀1回

1回表: 三者凡退。
1回裏: 2死から、スレッジと村田が連続2塁打での先制点をゲット。ハーパーはレフトフライ。

2回表:2死からヒットを打たれるが、城島をサードフライ。
2回裏:2死から武山が2塁打。すると眞下が放った打球が左中間へのタイムリー2塁打。さらに渡辺が右中間にタイムリー2塁打。三度となる石川のレフトへのタイムリー2塁打。スレッジはショートフライ。

3回表:1死から久保にフォアボール。マートンを三振。平野をファーストゴロ。
3回裏:村田が四球。2死となるが、森本がセンター前タイムリー。武山は三振。

4回表:先頭の鳥谷にヒット。新井にヒットで連打。ブラゼルに犠牲フライ。城島を三振。
4回裏:三者凡退。

5回表:三者凡退。
5回裏:先頭スレッジが2塁打。すぐさま村田のタイムリーで追加。ハーパーも続いてヒット。しかし後続は三者凡退。

6回表:平野の打球で石川がエラーをする。鳥谷をファーストゴロ。新井にフォアボール。ブラゼルをセカンド併殺打。
6回裏:三者凡退。

7回表:金本にヒット。城島にヒット。関本をセンターフライ。浅井をセカンドゴロ。マートンをライトフライ。
7回裏:スレッジがセンター前ヒット。村田はライトフライ。ハーパーがライト前。吉村は三振。森本はライトフライ。

8回表:2死から新井にヒット。ブラゼルをキャッチャーゴロ。
8回裏:2死から藤田が内野安打。石川がヒットで繋ぐ。するとスレッジが4本目のヒットとなるダメ押し3ランで追加点。村田はファーストファールフライ。

9回表:1死から林にヒット。桧山をセカンド併殺打。
今日の先発は、リーチに代わる先発左腕として期待される眞下。
立ち上がりを三者凡退で終えて理想的なスタートを遂げました。
2・3回はそれぞれ出塁を許したが無失点。3回の投手への四球は反省しなければならない。
4回に先頭を初めて出してしまうと連打になりピンチ。ここですぐ犠牲フライで失点したが、その1点だけに抑えて切り抜けたところは評価したいですね。
私としては最も注目したのが6回の先頭で石川がエラーをした場面。ここは最高のテストになるシーンでした。1死の後四球を出しましたが、併殺に打ち取って見せてくれましたね。投手は野手との信頼も重要な要素ですので、それを得られたのでは。
7回は4回の再現で先頭から連打を浴びる。しかし、ここも1点のみで抑えて粘りました。
全体的に眞下は内容も良かったのではないでしょうか。2失点のいずれも、先頭からの連打は反省点だが最少失点で切り抜けたもの。エラーも得点させませんでしたし、立ち上がりも安定感を見せましたね。この登板でリーチの代役はほぼ確定しそうです。あくまでも「ほぼ」ですが。
8回からはハミルトン。
2死からヒットを打たれたが、ここは問題なく後続を打ち取り無失点。
ハミルトンの起用はどうするのでしょうね。獲得当初のイメージだと先発かと思っていましたが、先発として名前が挙がってきません。もしかしたら後ろを任されるかもしれません。7回あたりを任せられると理想的ですが、どうでしょうね。
9回は今季セットアッパーを任されるだろう加賀。
1死からヒットを打たれるも、併殺で凌ぎゲームセット。
加賀はやっぱりセットアッパー向きということで良いと思います。ただ、1つ考えられる可能性として、山口の状態の悪さがありますので一時的に抑えを任されることが挙げられます。牛田が万全ならば、加賀はセットアッパーでしょうが、牛田はまだ万全ではありません。その中で最も安定感のあるのは彼でしょう。これは山口の状態如何で変わってきますので、何とも言えませんが、あり得る話になってきているのでは。

打撃陣は、昨年勝てる気がしなかった相手の先発の久保に対してどう攻めるのでしょうか。
と思っていた矢先、1回2死からスレッジと村田の連続長打で幸先よくスタートしましたね。ここは2死から点を取るなら長打が必要というところでしっかりと長打を放ちました。
すると2回にも2死となった後、武山が2塁打で出塁して1回の再現。誰も予想しなかったであろう眞下の2塁打で追加すると、渡辺と石川の1・2番が連続長打で繋いで追加。ここも2死ランナー無しからでした。眞下の2塁打は偶然かもしれませんが、それを渡辺と石川が繋いだのが大きいですね。
3回は一転して先頭の村田が四球でチャンスを作って、1点を追加。
5回はスレッジが2塁打を打って先頭からチャンスを作ると、村田が2本目のタイムリー。 しかし、ここはハーパーのヒットの後の三者凡退を反省したいところ。このような場面で突き放すことが重要になります。
結局、苦手の久保に対して5回10安打6点という攻撃を見せてくれました。際立ったのが長打。特に序盤2回が6長打という圧巻の攻撃でしたね。しかもこの2イニングは2死無走者というシーンからですから、価値もより大きいということが言えます。久保からこういう攻撃が出来たというのは攻撃陣の自信になるでしょう。拙攻が目立つ近年のベイ打線にあって、明るい兆しが見えましたかね。
7回もハーパーの後が倒れてしまっています。吉村彼自身の状態が良いのか、悪いのか不明で不安定。また、森本はもともと得点圏で弱いですから7番は止めた方がいいかもしれません。
8回2死から藤田と石川が繋いで好調のスレッジに回すと、見事に3ランホームランで応えてくれました。
私が注目ポイントに挙げたのは3番起用のスレッジですが、この試合は見事にハマりましたね。スレッジの3番起用はオープン戦から何度とあるのですが、もともと出塁率が高いという点が考慮されているのでしょうか。とはいえ、昨年の打率だと6番が妥当だと私は思いますが。ただし、これだけの結果を残すとナシではないのかもしれないと感じてしまいますね。下園が怪我で離脱中はスレッジに3番を任せてくるかもしれません。昨年のことを考えれば、どちらかと言うとハーパーを3番にしたい気がするのですが、ここはしっかり適性を見極めたいですね。
また、吉村ですが4-0と1人蚊帳の外のような感じになってしまいましたね。結果が出る時と出ないときとが短期的に出てくるので、起用に迷ってしまいます。ただ、下園が抜けたということで、今のところ吉村を使いたいというのが首脳陣の考えでしょう。本当は状態が微妙ならば7番で起用できると良いのですが、現状では1~3番に渡辺・森本・石川の3人を並べないと、おそらく起用できません。まだ日がありますから、より良い状態に仕上げてもらいたいですが、松本などの外野陣にもアピールを願いたいですね。

最後に、村田の活躍がやはり打撃陣のカギです。
スレッジの2塁打2本をどちらもタイムリーで生かしたことが9得点に繋がったのでしょう。どうやら村田は状態が良いようですから、開幕が楽しみですね。拙攻の打撃陣を、猛攻の打撃陣に変えることができるかは、村田に懸っています。
横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:133位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手制度を採用せず、ランキングに統一しました。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<チャリティーマッチ、VS阪神 | ホーム | 加賀はセットアッパー。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。