ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

チャリティーマッチ、VS阪神

今日の見どころ・・・打線が2日連続で奮起するか。

横浜ベイスターズブログランキング:8位/野球ブログランキング:149位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手制度を採用せず、ランキングに統一しました。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
0-6
スタメン/各打席1234備考
1.渡辺(二)1-0四球四球左飛2四球
2.石川(遊)3-1犠打中安左飛三直
3.スレッジ(左)3-0左飛二併四球三振
4.村田(三)4-0三振遊ゴ三振右飛2三振
5.ハーパー(一)4-1二安三振一飛三振2三振
6.吉村(右)4-0三振投ゴ三ゴ遊ゴ
7.森本(中)3-2遊併右安中安
8.新沼(捕)2-1二飛左安
9.三浦(投)1-0三振
途中出場/各打席
一輝1-0捕邪
内藤1-1右安
藤田1-0二ゴ
細山田
金城1-0右飛
継投/投球結果投球回奪三振被安打与四死球(うち死球)失点自責点
1.三浦5回
2.ハミルトン1回
3.秦1/3回
4.佐藤1/3回1(1)
5.江尻1・1/3回
6.福田1回3(1)

1回表:マートンにソロ。2死から新井にヒット、ブラゼルに四球。林を三振。
1回裏:渡辺が四球。石川が犠打。スレッジはレフトフライ。村田は三振。

2回表:城島に四球。2死からマートンにタイムリー2塁打。平野をサードファールフライ。
2回裏:ハーパーが内野安打。吉村は三振。森本はショート併殺。

3回表:1死から新井に2塁打。ブラゼルをセンターフライ。林をショートゴロ。
3回裏:2死から渡辺が四球。石川の打席で走者はアウト。

4回表:1死から柴田に四球。能見に送りバントも、マートンをショートゴロ。
4回裏:石川がヒット。スレッジはセカンド併殺。村田はショートゴロ。

5回表:2死から新井に3安打目のヒットを打たれる。ブラゼルをセカンドライナー。
5回裏:2死から森本と新沼の連打でチャンス。も、代打・一輝はフライアウト。

6回表:三者凡退。
6回裏:2死からスレッジが四球。村田は三振。

7回表:代打・金本に四球。マートンをサードゴロ。平野にデッド。鳥谷を三振。新井をサードゴロ。
7回裏:2死から森本と代打・内藤が連打。しかし藤田はセカンドゴロ。

8回表:ブラゼルをファーストゴロ。林に四球。藤井に四球。桧山を投手ゴロ。関本に四球。マートンを三振。
8回裏:三者凡退。

9回表:平野に内野安打。鳥谷に2塁打で失点。新井にタイムリーヒット。2死の後、藤井にデッド。浅井にタイムリーヒット。新井良に四球。マートンに四球。大和をファーストファールフライ。
9回裏:三者凡退。
今日の先発は三浦、対阪神というお得意様の試合。
1回いきなりソロを打たれるが、2死からのピンチは防いで最少失点。
しかし2回にもタイムリーを打たれて2失点目。
3回もピンチだったが、後続の2人を打ち取る。
4・5回もランナーを出しながら防ぐ。
結局、三浦は5回2失点とまぁまぁのピッチング。内容自体も微妙ですね。三浦の生命線であるコントロールの面でも、四球がところどころ目立って出てくるのも、まだ本調子ではなさそう。ただし、昨年よりは良いピッチングはできるかなというイメージは持てますかね。
2番手はハミルトン、昨日に続いて登板。
6回を全てゴロで三者凡退。
ハミルトンは昨日に引き続いてのマウンドということで、連投テストの意味合いがあったのかもしれませんね。となると、やはりリリーフ起用なのでしょうか。
3番手は秦。
先頭に四球の後、1アウトを取って交代。
秦は1軍には厳しいですね。先頭を出すというのには、オープン戦から結構あった気がしますし、そもそも1イニング抑える力はありません。短期的な活躍はできるかもしれませんが・・・。
4番手は左の佐藤。
デッドと三振で、彼も1アウトを取り交代。
佐藤は1軍に入ってほしい貴重な左腕リリーバー。デッドは内容を知りませんが、攻めてのデッドなら良いでしょう。他の左投手の名がリリーフでは挙がってこない状況なので、是非アピールをして何とか1軍に。
5番手は江尻。
2アウトながらもピンチで、3安打の新井をゴロで抑える。
8回も続投でしたが、四球3つを出しながらも無失点と粘る。
江尻は今年も様々な場面で活躍を期待しています。ただ、彼の負担が大きくなりますから、それを小さくできる投手陣体制を作らなければなりませんね。
6番手で福田。
9回にいきなり連打で失点すると、2死を取っても落ち着かず、合計4失点という大炎上。
福田は悪い方に出ましたね。キャンプから全体を通しては良いアピールが出来ていると思いますが、昨年もあったように四死球絡みで炎上してしまうシーンがやっぱり今季もありそうです。状態が悪い時でも乗り切る術を覚えてもらえれば、セットアッパーとしても使えそうですが、まだ経験が少なすぎますかね。

打撃陣は昨日に引き続き奮起が期待されるが、今日も苦手な印象のある能見との対戦。
1回にいきなり渡辺が出塁してチャンス。しかし、昨日の活躍を再現したい3・4番はどちらも凡退。
2回も先頭のハーパーが出塁するが、後続が続かず。
4回も先頭の石川がヒットを打つが、スレッジは併殺。
5回2死から連打が出るが、一輝は凡退。
7回も2死から連打。が、ここも藤田は凡退で無得点に終わる。
結局、昨日の奮起は再現できなかったですね。打線はこんなものだと思うべきですが、0点では・・・。昨日結果を出した3・4番が無安打、5・6番を合わせても1安打のみということでは入りません。

7番森本が3-2でしたが、2安打とも2死走者なしという自由な打撃ができる場面。やはり本人が言うように、1番での起用の方が結果を出しそうな気がしますね。

横浜ベイスターズブログランキング:8位/野球ブログランキング:149位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手制度を採用せず、ランキングに統一しました。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<4月12日、いよいよ開幕。 | ホーム | チャリティーマッチ、VS阪神>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。