ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ペナントレース第24戦、VS読売。

今日の見どころ・・・今季初の4連勝は。
*日によって生で見られる試合、見られず録画を確認できる試合、できない試合とあります。そのため、試合分析更新を毎日22時頃に統一したいと思います。前後や私事で時間通り更新できない日は確実に出てくると思いますが、基本的には統一する方針を取るようにします。

横浜ベイスターズブログランキング:7位/野球ブログランキング:150位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手制度を採用せず、ランキングに統一しました。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
8-1。
スタメン/各打席12345備考
1.石川(遊)4-0投ゴ遊ゴ二ゴ四球遊ゴ
2.渡辺(二)3-1四球左2右飛四球三振1盗塁2四球
3.スレッジ(左)3-1三振四球遊ゴ四球右安1打点2四球
4.村田(三)5-1三振右3三失三ゴ遊ゴ2打点
5.ハーパー(一)4-2中安中安二併遊飛1打点
6.吉村(中)5-2三振三振振逃中安右本1打点2三振
7.内藤(右)4-0三振二ゴ四球三振三振1打点3三振
8.細山田(捕)3-1三振三振左2四球死球1打点2三振
9.眞下(投)2-0三振三振2三振
途中出場/各打席
藤田1-1中安1打点
加賀1-0遊ゴ
稲田1-0遊飛
一輝1-0三振
継投/投球結果投球回(投球数)奪三振被安打与四死球(うち死球)失点自責点
1.眞下5回(92球)
2.加賀2回(21球)
3.真田1回(11球)
4.江尻1回(15球)

1回表:相手の先発は東野。石川は投手ゴロ。渡辺が四球。スレッジは三振。村田は三振。
1回裏:横浜の先発は眞下。坂本をキャッチャーファールフライ。寺内を三振。小笠原に四球。ラミレスを三振。

2回表:ハーパーがセンター前。吉村は三振。内藤は三振。細山田も三振。
2回裏:長野にソロ。亀井をレフトフライ。加地前をセンターフライ。鶴岡にヒット。東野を三振。

3回表:眞下は三振。石川はショートゴロ。渡辺がレフトへの2塁打。スレッジが四球。村田がライトへの逆転タイムリー3塁打。ハーパーがタイムリーヒット。吉村は三振。
3回裏:坂本をセンターフライ。寺内を三振。小笠原にヒット。ラミレスにヒット。長野をセカンドゴロ。

4回表:内藤はセカンドゴロ。細山田は三振。眞下は三振。
4回裏:亀井にヒット。加地前を三振。鶴岡を三振。東野を三振。

5回表:石川はセカンドゴロ。渡辺はライトフライ。スレッジはショートゴロ。
5回裏:坂本をセンターフライ。寺内をセカンドゴロ。小笠原をショートフライ。

6回表:村田の打球、サード小笠原がエラーして出塁。ハーパーはセカンドゴロ併殺。吉村が空振りしたが、振り逃げ成功。内藤が四球。細山田がレフトへのタイムリー2塁打。代打・藤田がセンター前タイムリーヒット。相手は高木。石川が四球。渡辺が四球。スレッジが押し出し四球。相手は小野。村田はサードゴロ。
6回裏:2番手は加賀。ラミレスをサードゴロ。長野を三振。亀井をレフトフライ。

7回表:ハーパーはショートフライ。吉村がヒット。内藤は三振。細山田が四球。加賀はショートゴロ。
7回裏:加地前を三振。鶴岡をショートゴロ。脇谷をレフトフライ。

8回表:石川はショートゴロ。渡辺は三振。スレッジがライト前。村田はショートゴロ。
8回裏:3番手は真田。坂本をショートゴロ。代打・藤村をサードゴロ。小笠原をショートゴロ。

9回表:代打・稲田はショートフライ。吉村がライトへのソロ。内藤は三振。細山田がデッド。代打・一輝は三振。
9回裏:4番手・江尻。ラミレスにヒット。長野を三振。代打・田中をファーストフライ。加地前の打球、石川が難しいバウンドを前に弾いてしまうエラー。代打・ライアルをレフトフライ。
打撃陣は阪神戦と同じスタメン。
1回1死から渡辺が出塁し盗塁も決めるが、後続は続かず。
2回先頭のハーパーがヒットも、後続が三者連続三振。
3回2死から渡辺が2塁打、スレッジも四球でチャンスを拡大。すると村田が2人を還す3塁打、さらにハーパーが続くタイムリーヒットで一気に逆転して3得点。
4回は初の三者凡退。
5回も三者凡退。
6回先頭の村田が相手のミスで出塁するもハーパーは併殺。しかし吉村も相手のミスから出塁すると、内藤が四球。細山田がタイムリーを放って1点、さらに代打・藤田がタイムリーを打ち1点。さらに石川が四球を選ぶと渡辺も四球、さらにスレッジが四球で押し出す。
7回1死から吉村がヒット、2死となって細山田が四球。ここは代打を出さない。
8回2死からスレッジがヒットも、村田は繋げず。
9回1死から、吉村がソロ。このあと細山田がデッドもあったが追加点は、なし。

投手陣は先発が眞下、前回は対ヤクルト戦で5回持たず。
1回2死から四球を出したが後続を三振。
2回先頭にソロを打たれる。後続は1本のヒットのみ、だが投手まで回してしまう。
3回2死から連続でヒットを打たれるも、後続を打ち取る。
4回先頭にヒットを打たれるが、後続をしっかり抑える。
5回を初の三者凡退。
眞下は5回で92球ということもあったが、もう1イニング行ってもらって良かったかもしれない。が、代打を出され結果的にマウンドを降りたからこそ、打撃陣が奮起した。降りたことについては、眞下の球数が多かったことが1つの要因だろうから、そこは課題。として、前回の投球を反省できたということを示してくれた投球自体は評価したいと思う。次のピッチングでは、6回以上投げられるよう調整をしてもらいたい。
2番手は加賀。
6回を三者凡退。
7回を三者凡退。
加賀は代打を出されず、2イニングを投げた。2イニングを完ぺきに抑えるところはさすが。大量リードがあったため、2イニングということになったが、これが本来の姿を取り戻す機会になると良いと思う。おそらく意図もここにあったのでは。
3番手は真田。
8回を三者凡退。
真田は3人をきっちり全て内野ゴロと封じた。ただし、この展開での真田はこういうピッチングが見せられることは知っている。本来はこの状況なら2~3イニングを投げさせた方が生きるのでは。
4番手は江尻。
9回先頭を出してしまうが、すぐさま2死とする。エラーがあったが、最後を打ち取ってゲームを取る。
江尻はやはり信頼できる。そして、ワンポイントでは生きないことも同時に証明するようなピッチング。1イニングをしっかりと封じられる彼の存在は本当に大きい。
打撃陣はとにかく序盤の間に逆転したことが大きかったのではないでしょうか。
特に村田のタイムリーの後、ハーパーがさらに追加点を加えたという攻撃が素晴らしかったと思います。
もちろんそのあと中押しで突き放し、9回にダメ押しできたことも良かったですね。
2死から粘りのある攻撃ができると、こういう快勝ができるということを示しました。
相手のミスにもしっかりとつけこめたところも、大きな要素です。
また、序盤でも盗塁という選択をしてくれましたから、機動力もだんだんと期待できるようになってきたのでは。

投手陣は眞下が5回1失点でプロ初勝利、これに尽くと言いたいですが、先発の責任で6・7回投げてもらわなければ。
尾花監督のコメントでは「5回は予定通り」ということですので、眞下に責任があるとは言えませんが、球数がもう少し少なければ投げられたかもしれません。
それを引き継いだリリーフ陣がやっぱり信頼できますね。
加賀・真田・江尻と勝ちパターンと変わらない継投ですが、それだけ勝ちたかったということでしょう。
とはいえ、楽な場面でしか投げないという投手を登録していないのは問題でしょうね。
ハミルトンや佐藤あたりが先発で投げるのであれば仕方ないですが、個人的にはハミルトンを楽な場面で再び起用してもらいたいと考えます。
ハミルトンは2~3イニング投げても1失点くらいで抑えられていましたから。

捕手は細山田がまたスタメンマスクでしたが、やっぱり武山のリードとは全然違います。
結果としても、捕手が変わるとこれだけ変わるのか、ということが良く分かりますね。

横浜ベイスターズブログランキング:7位/野球ブログランキング:150位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手制度を採用せず、ランキングに統一しました。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ペナントレース第25戦、VS読売。 | ホーム | ペナントレース第23戦、VS阪神。>>

コメント

本当に捕手が変わるだけで突然勝てるようになりましたね。救援陣は相変わらず調子いいですし。
個人的には内藤をスタメンにすると外野の柱がいなくなるのでは?と疑問なのですが…。
2011-05-11 Wed 12:23 | URL | トリモノ [ 編集 ]
申し訳ありません。確認が遅くなってしまいました。

細山田に代わっただけですからね、私も驚いています。
救援陣の安定は嬉しいですが、楽にしてくれる投手が欲しいですよね。

確かに内藤スタメンだと外野守備の柱はいないと思います。
しばらく内藤の打撃を見て、これなら守備に定評のある松本あたりを使った方が良いなという判断がなされたら代わるでしょうが。
ハマスタくらいならこの陣形でも良いのかもしれませんが、ナゴヤあたりだと厳しそうですね。

> 本当に捕手が変わるだけで突然勝てるようになりましたね。救援陣は相変わらず調子いいですし。
> 個人的には内藤をスタメンにすると外野の柱がいなくなるのでは?と疑問なのですが…。
2011-05-12 Thu 14:59 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。