ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第34試合目、横浜ベイスターズVS読売

5-9で敗戦。


1 石川(遊) 5-2
2 北川(二) 4-1
3 内川(左) 2-0
4 村田(三) 4-3 4打点
5 吉村(右) 4-1
6 ジョンソン(一) 4-2
7 金城(中) 4-0
8 細山田(捕) 3-1


代打
森笠(7回) 1-0
下窪(9回) 1-0
呉本(9回) 1-1


投手
1 藤江 2・2/3回4失点(自責点3)
2 吉川 1・1/3回5失点
3 吉見 3回無失点
4 木塚 1回無失点
5 真田 1回無失点


今日は、藤江が高めにボールを投げ続けたため、
チェンジアップなどの変化球もきれいにヒットされ、苦しい展開。
2番手・吉川も右方向へ飛ばされ、5失点。
しかし3~5番手がきれいに無失点。
ちょっと流れが来るのが遅すぎましたか。

村田が2発と復活の予感があり、今日登録された呉本もヒット。
ジョンソンにも2安打となかなか打撃陣にあたりが出てきた様子。
4番が当たってくると、この打線は点が入るようになりますからね。
なんとか昨年のような成績を残して欲しいところです。


内川の途中交代はどうしたのでしょうか。
前の回の守備機会か、点差の問題ですかね。
怪我でないことを願います。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第35試合目、横浜ベイスターズVS中日 | ホーム | 第33試合目、横浜ベイスターズVS読売>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。