ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ペナントレース第49戦(交流戦第20戦)、VS日本ハム。

今日の見どころ・・・今日勝てばこのカード4戦で5割。須田の2勝目は。
*日によって生で見られる試合、見られず録画を確認できる試合、できない試合とあります。そのため、試合分析更新を毎日22時頃に統一したいと思います。前後や私事で時間通り更新できない日は確実に出てくると思いますが、基本的には統一する方針を取るようにします。

横浜ベイスターズブログランキング:8位/野球ブログランキング:188位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手制度を採用せず、ランキングに統一しました。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
3-4でまた1点差を落とす。
スタメン/各打席1234備考
1.藤田(二)4-2右2投ゴ二ゴ中2
2.石川(遊)3-2犠打右安二安一ゴ1失策、1盗死
3.スレッジ(左)4-1投野右安三ゴ左飛
4.村田(三)3-2遊併三振左安左本1打点1失策
5.ハーパー(指)4-2中安三振右安三振2三振
6.金城(中)3-0二ゴ中飛左犠三振1打点
7.中村(一)4-1投ゴ左3二ゴ二飛
8.武山(捕)2-1中安右犠二飛1打点、1盗止
9.森本(中)3-1投ゴ投安三振1盗死
途中出場/各打席
稲田1-1中安
渡辺
内藤1-0投併
継投/投球結果投球回(投球数)奪三振被安打与四死球(うち死球)失点自責点備考
1.須田5・1/3回(87球)なお、失点(自責点)のうち1点は大原が打たれたことによるもの。
2.大原慎2/3回(17球)
3.真田1回(14球)
4.牛田1回(19球)1四球は敬遠によるもの。

1回表:藤田が2塁打。石川が送りバント。スレッジの打球で、相手のミスが出る。村田はショートゴロ併殺。
1回裏:田中をセンターフライ。陽にヒット。糸井をファーストゴロ封殺。中田をショートゴロ。

2回表:ハーパーがバットを折りながらセンター前。金城はセカンドゴロ。中村は投手ゴロ。武山がセンター前も、金城は本塁憤死。
2回裏:1死から1四球はあったが他は三者凡退。

3回表:森本は投手ゴロ。藤田は投手ゴロ。石川がヒット。スレッジの打席で、盗塁に失敗。
3回裏:三者凡退。

4回表:スレッジがヒット。後続は三者凡退。
4回裏:糸井をレフトフライ。中田にソロ。稲葉をファーストゴロ。ホフパワーに2塁打。今浪をセカンドゴロ。

5回表:中村のヒットが、相手中田のエラーにより3塁打。武山がライトへの犠牲フライ。森本が投手強襲内野安打。藤田の打席で、エンドラン気味であったが盗塁死。
5回裏:大野の打球で、石川が軽く投げすぎたのかエラー。飯山に送りバント。田中にタイムリー。陽をセンターフライ。糸井の打席、田中を武山が盗塁阻止成功。

6回表:石川が気迫のスライディングでセカンドへの内野安打。スレッジはサードゴロ封殺。村田がレフト前。ハーパーがライト前。金城がレフトへの犠牲フライ。中村はセカンドゴロ。
6回裏:糸井にヒット。中田をセカンドフライ。2番手は大原慎。稲葉を三振。ホフパワーに2ラン。今浪をサードファールフライ。

7回表:相手は榊原。武山はセカンドフライ。森本は三振。藤田が内野の頭上に2塁打。相手は宮西。石川はファーストゴロ。
7回裏:3番手は真田。2死から村田がエラーはしたが、他は三者凡退。

8回表:相手は増井。1死から、村田がレフトへのソロ。ハーパーは三振。金城は三振。
8回裏:4番手は牛田。糸井にヒット。中田を三振。稲葉をセカンドゴロ。ホフパワーを敬遠。代打・二岡をショートフライ。

9回表:中村はセカンドフライ。代打・稲田がセンター前。代打・内藤は投手ゴロ併殺。
 打撃陣は1番に藤田、9番に森本というスタメンを組む。
1回先頭の藤田が2塁打、送りバントでチャンス。しかし、後続は村田が併殺。
2回先頭のハーパーがヒットも、武山のヒットで金城は本塁アウト。
3回2死から石川がヒットも盗塁死。
4回先頭のスレッジがヒット、だが後続は打てない。
5回相手のミスが出て中村は3塁打になると、すぐさま武山が犠牲フライを打って同点。このあと森本は出塁に成功するが、盗塁を刺される。
6回先頭の石川が気迫のヒットを見せると、村田とハーパーが連打を打つ。すると金城が犠牲フライを打って同点。
7回2死から藤田が2塁打も、石川は内野ゴロ。
8回1死から村田がソロ、後続は打てない。
9回1死から代打攻勢も、ヒットのあと併殺になりゲームセット。

先発は須田、前回1勝目を挙げた。スタメンマスクはその時にも被った武山。
1回1死からヒットも、後続を抑える。
2回1死から四球を出したが、後続を抑える。
3回を三者凡退。
4回1死からソロを打たれて先制される。
5回味方のミスからピンチになり、後続にタイムリーで勝ち越される。
6回先頭にヒットを打たれるが、1死を取って降板。
須田は1勝してから初めての登板になったが、やはり落ち着いていた。ただし、得点後に失点することは課題として残ってしまった。
2番手は大原慎。
2死としたが、2ランを浴びて勝ち越される。
交代自体は問題ないが、結果的には失敗した。ただ、スライダーは甘い球が来ていただけにストレートを上手く使わなければいけなかった。
3番手は真田。
7回2死から味方のエラーはあったが、後続を抑える。
真田はやはりリードされていればいい投球をする。ただ、流れ的には抑えなければいけないイニングだったので有意義になった。
4番手は牛田。
8回先頭からヒットを打たれるが、後続を抑える。
牛田は先頭に打たれるのは目立つが、後続を抑えるところを見ると信頼はできる。ただし、あまり先頭を出すと流れが良くない。
打撃陣は合計13安打を打ちながら、3点しか入らないというチグハグな攻撃になっていました。
再三のチャンスも後続が続かなかったり、後続が続いてもあと1本でなかったり、と今日に関して言えば打順がまずかったのではないかと思います。
確かに盗塁死2つもありましたし、本塁憤死1つもありましたから、繋がりだけが原因ではないですが。
藤田と石川が2安打ずつを放っていても、スレッジが打ったヒット1本は「それに絡まない」ヒット。
やはり3番にスレッジだと繋がりは欠けるのではないでしょうか。
もっと言えば、藤田と石川の2安打も噛み合っていません。
また、ハーパーがヒットを打っても金城と中村が上手い形をもたらさないので下位打線が無機能。
「5番スレッジ、6番ハーパー」に戻すか、その間に金城などを入れるか、といったスタメンの方が繋がりは良さそうですね。
明日この点については述べようと思っていますので、試合はないですがご覧頂けると幸いです。

投手の方は、須田が2度同点にしても失点に繋げてしまいました。
前回勝っているだけあって落ち着きは見えましたが、これでは2勝目も遠い。
ただ、2点目は石川のエラーがなければ・・・でしたが。
リリーフは大原慎が手痛いホームランを食らいましたが、ここは武山が「かわそうと」という意識を持っていたのではないかと思います。
それにより、ストレートを効果的に使うことなく、それまで甘く来ていたスライダーを続けてしまったという印象ですね。
真田と牛田はよく踏ん張りました。

今日も昨日と引き続き、1点差で負けました。
ただ、昨日も8安打を打っていて、今日も打撃陣が13安打と当たっていたことでもう1本出ればどちらかは勝てたのでは。

次のカード、そしてその次のカードと、既に2敗していますが何とか5割にどちらかの試合では持ちこんで欲しい。

横浜ベイスターズブログランキング:8位/野球ブログランキング:188位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手制度を採用せず、ランキングに統一しました。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今日は移動日。 | ホーム | ペナントレース第48戦(交流戦第19戦)、VS日本ハム。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。