ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ペナントレース第79戦、VS阪神。

今日の見どころ・・・清水はリリーフを休ませられるのか。
*日によって生で見られる試合、見られず録画を確認できる試合、できない試合とあります。そのため、試合分析更新を毎日22:30時頃に統一したいと思います。前後や私事で時間通り更新できない日は確実に出てくると思いますが、基本的には統一する方針を取るようにします。

横浜ベイスターズブログランキング:12位/野球ブログランキング:301位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手制度を採用せず、ランキングに統一しました。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
4-4、最大4点差を同点に。
スタメン/各打席12345備考
1.下園(左)4-2四球三振右安左安二併1打点
2.石川(遊)4-1犠打遊併三振三振中安1盗死、2三振
3.金城(中)5-3二ゴ一ゴ右安右安右2
4.村田(三)2-1四球左2中犠中飛敬遠1打点2四球
5.中村(一)2-0捕ゴ三振
6.内藤(右)2-1三振四球左2四球2四球
7.藤田(二)3-1二ゴ左安犠打三ゴ
8.細山田(捕)1-0三振
9.清水(投)1-1中安
途中出場/各打席
ハーパー3-1右2遊ゴ三振2打点
一輝1-0遊ゴ
新沼3-0三ゴ三振投併
吉村1-0三振
稲田1-1中安
継投/投球結果投球回(投球数)奪三振被安打与四死球(うち死球)失点自責点備考
1.清水回(59球)2(1)
2.藤江回(17球)
3.篠原1回(12球)
4.江尻1回(15球)
5.牛田1回(22球)
6.山口1回(11球)

1回表:相手の先発は久保。下園が四球。石川が送りバント。金城はセカンドゴロ、下園が3塁。村田が四球。中村はキャッチャーゴロ。
1回裏:横浜は清水。マートンをショートゴロ。平野にヒット。鳥谷に2塁打。新井を投手ゴロ、体勢が悪く本塁は間に合わず。ブラゼルに0-2から甘いコースに行きタイムリーヒット。浅井をセカンドライナー。

2回表:三者凡退。
2回裏:三者凡退。

3回表:清水がヒット。下園は三振。石川はショートゴロ併殺。
3回裏:マートンにヒット。平野に送りバント。鳥谷をサードゴロ。新井にタイムリーヒット。ブラゼルに四球。浅井にデッド。上本にタイムリーヒット。

4回表:金城はファーストゴロ。村田が2塁打。中村は三振。内藤が四球。藤田がヒット。代打・ハーパーが2点タイムリー2塁打。代打・一輝はショートゴロ。
4回裏:2番手は藤江。三者凡退。

5回表:下園がヒット。石川は三振。金城がヒット。相手は渡辺。村田が犠牲フライ。新沼はサードゴロ。
5回裏:三者凡退。

6回表:相手は榎田。内藤が2塁打。藤田が送りバント、相手ブラゼルにFC。ハーパーはショートゴロ。代打・吉村は三振。下園がタイムリーヒット。石川は三振。
6回裏:3番手は篠原。三者凡退。

7回表:相手は福原。金城がヒット。村田はセンターフライ。新沼は三振。内藤が四球。藤田はサードゴロ。
7回裏:4番手は江尻。藤井をライトフライ。代打・関本にヒット。マートンを三振。平野を三振。

8回表:相手は小林宏。ハーパーは三振。代打・稲田がヒット。下園はセカンドゴロ併殺。
8回裏:5番手は牛田。鳥谷をライトフライ。新井に四球。ブラゼルをサードファールフライ。代打・金本に四球。上本を三振。

9回表:相手は藤川。石川がヒット。石川は盗塁に失敗する。金城が2塁打。村田が敬遠。新沼は投手ゴロ併殺。
9回裏:6番手は山口。三者凡退。
打撃陣は5番から中村・内藤・藤田と並べて改善を図る。
1回先頭の下園が四球、送りバントでチャンス。しかし、中村は倒れる。
2回は三者凡退。
3回先頭の清水がヒットも、併殺などで後続が倒れる。
4回1死から村田が2塁打、2死から内藤が四球、藤田がヒットでチャンス。ここで代打・ハーパーが2点タイムリー2塁打。
5回先頭の下園がヒット、1死から金城がヒットでチャンス。すると村田が犠牲フライで1点。
6回先頭の内藤が2塁打、藤田の送りバントがFC。2死となったが、下園がタイムリーヒットで1点。
7回先頭の金城がヒットも2死となり、内藤が四球でチャンス拡大。しかし、藤田は打てず。
8回1死から代打・稲田がヒットも、下園は併殺。
9回先頭の石川がヒットも、盗塁失敗する。1死から金城が2塁打、村田が敬遠でチャンス拡大。しかし、新沼は併殺。

投手は先発・清水、スタメンマスクは細山田。
1回1死からヒット、2塁打でピンチ。すると内野ゴロの間、続くタイムリーで2点を失う。2点目が余計。
2回を三者凡退。
3回先頭にヒット、送りバントでピンチ。2死からタイムリーヒットを打たれて追加点。さらに四死球2つの後タイムリーヒットでまた余計な失点。
清水は1回、3回と失点したわけだが、それぞれ余計な1点が入ってしまっていた。これが印象を悪くしたのだろう。3回に至っては1点取られてから四死球で1点取られたようなもの。得意(?)の相手だったが踏ん張り切れなかった。
2番手は藤江。
4回を三者凡退。
5回も三者凡退。
藤江は2イニングを完ぺきに抑えて流れをもたらすことができた。最近のピッチングを見ていると、だんだんと落ち着きが出てきたのかもしれない。
3番手は篠原。
6回を三者凡退。
篠原はこれで4連投となったが、それでも三者凡退に抑えた。オールスターブレイクがあったにせよ、3連投以上は避けたいのだが。
4番手は江尻。
7回1死からヒットも、後続を立て続けに三振。
江尻はデータ的には左打者の方に相性が良い。それだけに1イニング投げることが彼のピッチングを生かす。
5番手は牛田。
8回2つの四球でピンチも、後続を三振。
牛田は三振か四球かというピッチングをする時が多いのだが、今日もそのパターンだったか。
6番手は山口。
9回を三者凡退。
山口は完璧に抑えてくれた。セーブはもちろん付かないが、試合をしっかり締めた。
打撃陣は1回からチャンスがあったが得点にならず、3回までは昨日と同じような形になりかけた。
だが、4点ビハインドになって4回から3イニング連続で得点を重ねて何とか同点まで持ってきてくれましたね。
ただ、そのあとも追加できるチャンスが残っていましたし、7回と9回に勝ち越す機会がありました。
そこで決めてくれないと。
9回の石川の盗塁については試みは悪くなかったですが、スタートが遅い感じがしました。
やるなら、しっかりとスタートを思いきって切る。
もしかしたら石川の盗塁感覚が前半の消極采配で鈍ってしまったのか。

投手陣は清水が余計な失点をして降板したあとはしっかりと藤江・篠原・江尻・牛田・山口がそれぞれの持ち場で踏ん張りましたね。
清水が早々とマウンドを降りたときには試合が終わったかと思いましたが、ここが自慢のリリーフ陣。
だからこそ、先発に踏ん張ってほしいのですが。
そうしないと、今日のように篠原が4連投するようなことになってしまいます。
セリーグは打順が投手に回ってきますから、ロングリリーフも追い上げムードだと難しい。
計算できない投手を投げさせられる状況ではなかったですし、今日はこれで仕方なかったでしょうか。
ただし、明日・明後日は休ませて3連休にしてあげたいですね。

今日は負けが引き分けになったのか、勝てる試合が引き分けになったのか、意見が分かれますね。
私は中盤以降の雰囲気から後者ですが、今季の横浜は特に先制できないと勝てないですから、前者と捉えても間違いではないでしょう。

明日勝って今日の引き分けは良かったんだということにしてもらいたい。

横浜ベイスターズブログランキング:12位/野球ブログランキング:301位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手制度を採用せず、ランキングに統一しました。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ペナントレース第80戦、VS阪神。 | ホーム | ペナントレース第78戦、VS読売。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。