ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ペナントレース第95戦、VSヤクルト。

今日の見どころ・・・昨日の引き分けは、ファンに受け入れられるのか。細山田が早くもスタメン起用。
*夏場になるとさらに更新時間が前後することが想定されますが、少なくとも日が変わる頃には更新する方針です。

横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:134位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手制度を採用せず、ランキングに統一しました。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
0-2で完封負け。
スタメン/各打席1234備考
1.下園(右)3-1中安四球三振遊併
2.石川(遊)3-0犠打三振二ゴ二ゴ
3.スレッジ(左)4-0三振二ゴ遊ゴ三振2三振
4.村田(三)3-1四球遊ゴ中2三振
5.ハーパー(一)4-0三振三振遊飛遊飛2三振
6.金城(中)4-0三ゴ左飛三振中飛
7.藤田(二)0-0死球四球死球3四死球
8.細山田(捕)2-1三振二安
9.リーチ(投)2-1左安三併
途中出場/各打席
中村1-0捕邪
渡辺1-1中安
内藤1-0左飛
黒羽根1-0二ゴ
継投/投球結果投球回(投球数)奪三振被安打与四死球(うち死球)失点自責点備考
1.リーチ5・2/3回(101球)2牽刺
2.真田1/3回(4球)
3.大沼1回(10球)
4.大原慎1回(10球)

1回表:相手は赤川。下園がヒット。石川が送りバント。スレッジは三振。村田が四球。ハーパーは三振。
*このカード全試合での1回先制ならず。
1回裏:横浜はリーチ。青木をセカンドゴロ。田中に3塁打。川端にタイムリーヒット。畠山をショートゴロ併殺。

2回表:金城はサードゴロ。藤田が初球でデッド。細山田は三振。リーチがヒット。下園が四球。石川は粘るも三振。
2回裏:バレンティンに四球。バレンティンを牽制死。宮本に四球。宮出をサードライナー。川本に四球。赤川をセカンドゴロ。

3回表:三者凡退。
3回裏:三者凡退。

4回表:金城はレフトフライ。藤田が四球。細山田がセカンド内野安打。リーチはサードゴロ併殺。
*併殺さえなければといったところだったにも関わらず最悪の結果に。
4回裏:畠山を三振。バレンティンにソロ。宮本をファーストフライ。宮出をショートゴロ。

5回表:三者凡退。
5回裏:三者凡退。

6回表:村田が2塁打。ハーパーはショートフライ。金城は三振。藤田がデッド。相手は松岡。代打・中村はキャッチャーファールフライ。
6回裏:田中をセンターフライ。川端に四球。川端を牽制死。畠山にヒット。2番手は真田。バレンティンをサードフライ。

7回表:相手は久古。代打・渡辺がヒット。下園はショートゴロ併殺。石川はセカンドゴロ。
7回裏:3番手は大沼。三者凡退。

8回表:相手は押本。三者凡退。
8回裏:4番手は大原慎。三者凡退。

9回表:相手はバーネット。三者凡退。

 打撃陣は対左でもハーパーを起用、藤田を連続スタメン。
1回先頭の下園がヒット、石川が送りバントでいつものようにチャンス。しかし、スレッジとハーパー両外国人打者は倒れる。
2回1死から藤田がデッド、簡単に細山田は凡退するもリーチがヒットでチャンス。下園が四球で拡大したが、石川は粘るも三振。
3回は三者凡退。
4回1死から藤田が四球、細山田がセカンド内野安打でチャンス。しかし、リーチは併殺になってしまった。
5回は三者凡退。
6回先頭・村田が2塁打も、後続2人は凡退。さらに藤田がデッドで出塁したが、代打・中村は倒れる。
7回先頭の代打・渡辺がヒットも、下園は併殺。
8回は三者凡退。
9回も三者凡退。

先発投手はリーチ、スタメンマスクは先日ボーンヘッドをした細山田。
1回1死から風に乗り3塁打を打たれてピンチで、タイムリーを打たれる。しかし、後続は併殺。
2回先頭に四球も、牽制で刺す。このあと四球を出し、2死からも四球を出したが後続を凌ぐ。
3回を三者凡退。
4回1死からソロ。
5回を三者凡退。
6回1死から四球も、牽制で刺す。このあとヒットを打たれる。
リーチは6回途中2失点、球数が101球でマウンドを降りた。先発としては最低限のQSをほぼ達成したと言える。牽制で2度刺したが、そのあとにどちらも走者を出してしまう投球は修正する必要アリか。ただ、先発としてしっかり定着してくれそうな内容を出してきているのは確か。
2番手は真田。
後続を抑える。
真田は久しぶりによく抑えたと言える結果になったのでは。
3番手は大沼。
7回を三者凡退。
大沼が三者凡退に抑えるのを初めて見た気がするが、気のせいだろうか。四球がないだけでも珍しい印象。
4番手は大原慎。
8回を三者凡退。
大原慎は昨日とは違って落ち着いたところで投げると、やはり良いピッチングをしてくれる。

打撃陣はやはり昨日10点取って勝てなかったことで気落ちしてしまっていたのでしょうか。
とはいえ、チャンスは作っていたので投手陣の健闘を見れば勝てなかった試合ではありませんでしたね。
10点で勝てないのは確かにショックでしょうが、0点で勝てることはありませんから、しっかり転換して結果を出してもらわなければ。
個人としては、石川と村田は再び調子を落とし始めている印象があります。
彼らは上位を張らなければならないメンバーなので、早めに戻してほしい。

投手はリーチが昨日の須田の不甲斐ない投球を払拭してくれましたが、打線の援護がこういうときは無いのがベイスターズなのですね。
この投打のかみ合いが何とかならないと、1度勝っても2度勝つことはできないということの繰り返し。

須田はローテから落ちましたが、リーチがローテに定着してくれそうな雰囲気。
とはいえ、6人の先発が必要ですから、高崎・リーチ・三浦・清水に次ぐ先発がまだ足りない。
ここに阪神戦から国吉が登録されるということですが、それでも5人。
もう1人の枠に誰が入ってくるのか。
2軍を見てみると、国吉の次となると試してほしいのが新外国人ながら1度もチャンスを与えられてないブランドン・マン。
下で防御率は2点台なので、そろそろ上げないわけにはいかないでしょう。

横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:134位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
拍手制度を採用せず、ランキングに統一しました。
そのため、拍手ではなく上のバナーをクリックしていただけるよう、お願いします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ペナントレース第96戦、VS阪神。 | ホーム | ペナントレース第94戦、VSヤクルト。>>

コメント

同点まで追い上げられて、それでも逆転を許さなかったのは評価できると思いますよ。
甘いかもしれませんが、今年も私はシーズンの終了までベイスターズファンです!
2011-08-19 Fri 21:51 | URL | トリマル [ 編集 ]
お久しぶりです、

私もその点は評価しています。
先日の試合に関しては、同じような立場ということで良いでしょうかね。
あの雰囲気なら逆転されて敗戦する可能性が濃厚でしたから、そこを評価するのは決して甘い評価ではないと思っています。
ただ、反省点が多く出た点は見逃すわけにはいきませんが。

私も同じように、ベイスターズファンで居続けます。
まだ可能性は残っているわけですし、若手が台頭してきていることで近々良いシーズンが送れることも期待できますから、さまざまな希望を持って応援していきましょう。

> 同点まで追い上げられて、それでも逆転を許さなかったのは評価できると思いますよ。
> 甘いかもしれませんが、今年も私はシーズンの終了までベイスターズファンです!
2011-08-20 Sat 08:00 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。