ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ペナントレース第103戦、VS読売。

今日の見どころ・・・筒香や北の活躍。
*夏場になるとさらに更新時間が前後することが想定されますが、少なくとも日が変わる頃には更新する方針です。

横浜ベイスターズブログランキング:7位/野球ブログランキング:130位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力します。
0-3、また完封負け。
スタメン/各打席1234備考
1.渡辺(二)4-1三振遊ゴ右安二ゴ
2.石川(遊)4-1三ゴ遊ゴ三振左安
3.下園(左)4-2左安一ゴ右安遊ゴ
4.村田(三)4-0三振二飛中飛中飛
5.筒香(一)4-0三飛一ゴ三振三振2三振
6.金城(中)4-1左2三振中飛二ゴ
7.吉村(右)3-0二ゴ三振四球右飛
8.黒羽根(捕)1-0四球三振二併
9.高崎(投)2-0遊ゴ二ゴ
途中出場/各打席
藤田1-1中安
継投/投球結果投球回(投球数)奪三振被安打与四死球(うち死球)失点自責点
1.高崎7回(105球)
2.大原慎1/3回(4球)
3.福山2/3回(9球)1(1)

1回表:相手の先発は内海。渡辺は三振。石川はサードゴロ。下園がヒット。村田は三振。
1回裏:横浜の先発は高崎。藤村に四球。亀井にヒット。長野に3-2としてエンドランの形に化してタイムリーヒット。高橋にタイムリーセカンド内野安打。坂本をキャッチャーファールフライ。阿部にタイムリーヒット。ラミレスをセンターフライ。古城をセカンドゴロ。
*先頭への四球や3-2にしてしまったことなどが問題。

2回表:筒香はサードフライ。金城が2塁打。吉村がセカンドゴロ。黒羽根が四球。高崎はショートゴロ。
2回裏:三者凡退。

3回表:三者凡退。
3回裏:長野にヒット。高橋を三振。長野に盗塁。坂本をセカンドフライ。阿部を三振。

4回表:三者凡退。
4回裏:ラミレスにヒット。古城を三振。内海をキャッチャーファールフライ。藤村を三振。

5回表:三者凡退。
5回裏:三者凡退。

6回表:渡辺がヒット。石川は三振。下園がヒット。村田はセンターフライ。筒香は三振。
6回裏:三者凡退。

7回表:金城はセンターフライ。吉村が四球。黒羽根はセカンドゴロ併殺。
7回裏:三者凡退。

8回表:代打・藤田がヒット。渡辺はセカンドゴロ。石川がヒット。下園はショートゴロ。相手は野間口。村田はセンターフライ。
8回裏:2番手は大原慎。亀井を三振。3番手は福山。長野にデッド。高橋を三振。坂本をショートゴロ。

9回表:相手は久保。三者凡退。

打撃陣は今季ペナントレースで3番に初めて下園が起用、筒香を2戦連続5番に起用。 
1回2死からヒットも、村田は三振。
2回1死から金城が2塁打、2死から黒羽根が四球。しかし、後続が投手では仕方ない。
3回は三者凡退。
4回も三者凡退。
5回も三者凡退。
6回先頭の渡辺がヒット、1死から下園がヒットでチャンス。しかし、4・5番が倒れる。
7回1死から吉村が四球も、黒羽根は併殺。
8回先頭の代打・藤田がヒット、1死から石川がヒットでチャンス。しかし、3・4番は倒れる。
9回は三者凡退。

投手陣は先発が高崎、スタメンマスクが黒羽根。
1回先頭の四球から3連打、1死からまたヒットを打たれて3失点。
2回を三者凡退。
3回先頭にヒット、1死から盗塁でピンチ。しかし、後続を凌ぐ。
4回先頭にヒットも、後続を抑える。
5回を三者凡退。
6回も三者凡退。
7回も三者凡退。
高崎は確かに1回はやらかしてしまったという展開にしたが、2回から修正してくるところは今季の事実上エースである。シーズン後半になって打ち込まれる試合が多くなったのだが、ここにきてそれをも克服する光が見えてきた。来季エースとして存在できるかどうかは克服できるかに懸っているのでは。
2番手は大原慎。
8回先頭を三振で斬ってマウンドを託す。
大原慎はワンポイントを成功。ただ、私個人としては福山をとりあえず使わずに、そのまま1イニング投げさせても良かったと思う。結果論ではなく、1人でも使う投手を少なくするためである。
3番手は福山。
途中からデッドを与えたが、後続を抑える。
福山はこういう展開だと不安だっただけに、デッドで崩れると思ってしまった。今後も3点差以下の展開で結果を出してくれるだろうか。

打撃陣はもう何も言うことがなくなってきてしまったが、今日も繋がりに欠けましたね。
そもそも2回の無死2塁を生かせない段階で無得点の気配がしていました。
その上に、高崎の先発でしたから。
下園の3番起用は当たりましたが、4番村田の不振が響いています。
おそらく1~3番をいじったところで、村田が復調しないのであれば、得点力向上は期待できないのでしょう。
それを筒香が補完してくれると確かに得点はアップするかもしれませんが、彼に期待するにはまだ早い。
村田を復調させることができないと今後もこういった試合が増えるだけでは。
代わりの4番がいないのがさらに問題を深刻化していますね。

投手陣は先発の高崎が1回はやってしまいましたが、2回以降はほぼ完璧でした。
やはり打線の援護がなかったのですが、それでもここまで修正してくるところは素晴らしいとしか言えませんね。
こういったピッチングをしてくれると、いよいよ三浦の後継者になれそうな気がしてきます。
ただ、勝ち方を身につけないといけませんね。
打線の援護がもらえない理由は、単純に打線の責任だけではないでしょう。
ここまで来れば、本人もそれを感じているはずです。
リリーフ陣は今日もしっかり頑張ってくれましたが、福山に疲れがだんだんと溜まってきそうな様子。

あと、ここまで来て金城を使う意味はあるのでしょうか。
北も上がってきていますし、勝てなくても良いというわけではありませんが、もう勝利優先の時期ではありませんから、若手に切り替えてほしい。

横浜ベイスターズブログランキング:7位/野球ブログランキング:130位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力します。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ペナントレース第104戦、VS読売。 | ホーム | ペナントレース第102戦、VS中日。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。