ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ペナントレース第121戦、VS広島。

今日の見どころ・・・三浦の投球で3連勝なるか。

*試合数が残り少ない段階で今季も最下位濃厚です。そこで、日々の更新も試合の展開より内容を重視していこうと思い、形式を変えます。これは新たな形式を用いるということになりますので、日々試していきながらより良いものを確立したいと考えています。

横浜ベイスターズブログランキング:10位/野球ブログランキング:205位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加していますので、今回の記事について評価をしてくださる方はクリックお願いします。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力します。
1-2、連続の2安打では勝てず。

<スタメン>
1 渡辺(遊)3-0、1四球
2 荒波(中)4-0、2三振
3 下園(左)4-0、2三振
4 村田(三)3-0
5 筒香(一)3-1、1本塁打、1打点
6 藤田(二)3-0
7 吉村(右)3-1、2三振
8 黒羽根(捕)1-0、1四球
9 三浦(投)1-0

<継投>
先発:三浦(7回、3奪三振、7被安打、4与四死球、1失点)
2番手:藤江(1/3回、1奪三振、2被安打、1与四球、無失点)
3番手:篠原(1/3回、無失点)
4番手:江尻(1/3回、無失点)
5番手:山口(1回、3与四死球、1失点、無自責点)



―投手陣―
おそらく久しぶりの広島戦先発となる三浦、スタメンマスクは黒羽根。
1回先頭にショート内野安打も、後続を凌ぐ。
2回先頭にデッド、1死から四球でピンチ。この後ヒットも、後続の打順の巡りで凌ぐ。
*打順に救われた。
3回1死から四球、2死からタイムリーを打たれる。後続は何とか切り抜ける。
*追加点を奪われなかったので、許せる失点。
4回を三者凡退。
5回も三者凡退。
6回2死からデッド、ヒットでピンチ。しかし、後続を凌ぐ。
7回先頭にヒットも、後続を併殺。この後もヒットを打たれたが、後続を抑える。
*併殺の後もきっちり抑えたい。
三浦は5度のピンチを1失点で乗り切ったという格好で7回1失点と見事な結果を出してくれた。ただ、球数が多くなってしまったので降板となってしまった。この交代は残念なのだが、コントロールで苦しみつつもまとめるところが戻ってきたエースの存在を感じさせる。
2番手は藤江。
8回1死から連打、四球でピンチ。
藤江は連投が続いていることもあってか、ピンチを作ってマウンドを降りることになった。交代自体は納得できるものだと思うが、最近登板から離れていた江尻をイニングの先頭で投げさせても良かったのかもしれない。
3番手は篠原。
8回1死満塁から、ワンポイントリリーフを成功。
篠原は相変わらず自分の役割をしっかり果たし、犠牲フライさえ打たせなかった。昨年と今年は何が違うのか。
4番手は江尻。
8回2死満塁から、後続を凌ぐ。
江尻もしっかり役割を果たした。彼の場合は復帰してからあまり良くない試合が続いていたので、良い機会にできれば良い。
5番手は山口。
9回先頭のゴロを筒香が弾きエラーでピンチ。2死から、敬遠策を用いる。この後デッドにしてしまい、後続に押し出し四球。後続は凌ぐ。
山口はエラーからの失点ではあったが、デッドは自分で防げただろう。3連投にもなったことで苦しいのは分かるが、それで打たれるなら良いが、自滅のような形になったのは残念。




―打撃陣―
スタメンは渡辺と藤田を併用し、吉村をスタメン起用。
1回は三者凡退。
2回も三者凡退。
3回も三者凡退。
4回も三者凡退。
5回1死から筒香がソロ。
*早めに同点に追い付いた。
6回先頭の黒羽根が四球、三浦が送りバントでチャンス。しかし、後続は倒れる。
7回は三者凡退。
8回1死から吉村がヒット、黒羽根が3バントで決めて送りバントでチャンス。しかし、代打・中村は三振。
9回先頭の渡辺が四球も、荒波が送れずに3-2からも空振りで三振ゲッツー。




―今日の収穫―
<三浦の粘り>
復帰してからほとんどの試合で好投している三浦だが、今日もベテランらしい投球を見せる。
1回先頭を出してからピンチを迎えて無失点に抑えると、2回のピンチも運もあって凌ぐ。
すると3回に失点してしまうが、後続に追加点を許さず。
6・7回とピンチが続くがこれもしっかりと粘る。
結局は再三のピンチで球数が多くなったこともあり、7回無失点で降りることにはなったが、十分評価できる粘りを見せてくれた。

<筒香の5回ソロ>
先制されたので、無安打の中で何とか早めに同点にしなければいけない展開での筒香のソロ。
昨日の1打点に続き、今日も味方の打線が苦戦している中で打つというところが非凡。

<篠原・江尻の火消し>
特に篠原が最近しばらく素晴らしい活躍をし続けている。
というのも、これで34試合連続無失点になる。
大記録も近いようで・・・。




―今日の反省点―
<昨日から全くと言って良いほど打てない打線>
昨日は2安打1得点でまさかの勝利をしたベイスターズだが、これが続くとさすがに勝ちは積み重ねるのが難しい。
とはいえ、昨日と打線も変えてはいるのだが。

<9回の筒香のエラー>
これは何でもないゴロ。
やや難しいバウンドにはなったが正面に落とせばすぐアウトになるはず。
失点に繋がるかどうかは別にして、そもそもエラーをしてはいけない場面。

<山口の9回2死1・2塁からデッド>
エラーから始まったピンチで敬遠策を用いたのは良かったが、結局のところはデッドが決定づけてしまったと言える。
ここでしっかりと勝負することができていれば、打たれても後悔はしない登板になったはず。

<9回荒波の繋ぎの拙さ>
荒波は確かに所見では難しい投手だったかもしれないが、バントは決めなければならない。
3-2からもストレートだけで勝負してきていたので、当てるだけはできないと。
ヒットを要求してはいない場面だっただけに、渡辺を2塁に進める打撃はしてほしかった。


横浜ベイスターズブログランキング:10位/野球ブログランキング:205位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加していますので、今回の記事について評価をしてくださる方はクリックお願いします。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力します。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ペナントレース第122戦、VS広島。 | ホーム | ペナントレース第120戦、VS広島。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。