ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ペナントレース第122戦、VS広島。

今日の見どころ・・・さて、勝ち越せるか。

*試合数が残り少ない段階で今季も最下位濃厚です。そこで、日々の更新も試合の展開より内容を重視していこうと思い、形式を変えます。これは新たな形式を用いるということになりますので、日々試していきながらより良いものを確立したいと考えています。

横浜ベイスターズブログランキング:10位/野球ブログランキング:206位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加していますので、今回の記事について評価をしてくださる方はクリックお願いします。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力します。
4-10で、結局は5分。

<スタメン>
1 下園(左)5-4
2 渡辺(遊)4-2、2打点
3 金城(中)1四球
4 村田(三)3-0、2死球
5 筒香(一)5-2、1本塁打、1打点
6 藤田(二)5-1
7 吉村(右)4-0  
8 細山田(捕)3-1
9 高崎(投)1-0

<途中出場>
  荒波(中)3-1
  中村(代打)1打点
  石川(遊)1-0
  一輝(代打)1-1
  黒羽根(捕)
  松本(代打)1-0
  内藤(右)1-0

<継投>
先発:高崎(3・2/3回、2奪三振、10被安打、5失点)
2番手:ブランドン(3回、1奪三振、3被安打、無失点)
3番手:福山(1・2/3回、2奪三振、4被安打、4与四球、5失点)
4番手:真田(1・1/3回、無失点)



―投手陣―
先発はカード相性の良い高崎、スタメンマスクは細山田。
1回1死からヒットも、すぐ後続を併殺。
*少しボールが先行したが、これを立て直す。
2回1死から不運なヒット、ヒットでピンチ。後続を凌ぐ。
*やや高いボールがまだあるが、立ち上がりとしては悪くない印象。
3回を三者凡退。
*ここからカーブを投げ始める。
4回先頭にヒット、ヒットでピンチ。バントでピンチ拡大。連続でタイムリーを打たれると2死にしたが、投手に平凡なゴロを打たれ高崎が捕りに行ったが、これをグラブの先に当ててしまいセカンドゴロになりそうな打球が投手内野安打になる。すると不運な2点タイムリー、さらにタイムリー。
*1点で抑えたかったが、力みと流れがこの展開を生んでしまった。
高崎は得意気味のカードではあったのだが、今日は想定していなかった降板。こういうところが高崎の課題と言える。一度流れが傾いた時に、緩いボールを使えるような心理状態でいられるようになれば本当の安定感を見ることができるだろう。
2番手はブランドン。
4回ピンチから、1人を打ち取る。
5回先頭に2塁打でピンチ。しかし、後続を三者凡退で打ち取る。
*よく踏ん張った。
6回1死から投手にヒット、このあとヒットでピンチ。しかし、後続を凌ぐ。
ブランドンは結局3イニングのロングリリーフを成功。今日の登板で先発のチャンスが得られるかもしれない。
3番手は福山。
7回を三者凡退。
8回先頭にヒット、送りバントでピンチ。するとヒットを打たれて拡大。さらに四球で満塁。2死としたが、後続に2点タイムリーを打たれる。さらに2点タイムリーを続けて打たれる。このあとも失点を重ねる。
*抑え切れないと信頼は築けない。
福山は4点差と3点差で投球が全く変わってしまった。以前までも僅差ではあまり良い投球ができないタイプだっただけに、どうやら精神的に問題がありそう。
4番手は真田。
8回ピンチから、後続を凌ぐ。
9回を三者凡退。
真田は自分の役割を果たしたが、点差があるのであまり参考にはならない登板である。とはいえ、不本意な投球が続いているだけに調整の機会にはなった。




―打撃陣―
スタメンは昨日と少し入れ替え。
1回2死から金城が四球、村田がデッドでチャンス。すると筒香がセンター前に弾き返すが、2塁走者・金城は足を痛め還れず交代。すると藤田は倒れて得点ならず。
*これは仕方ないが、とんでもないところで怪我をしてしまった。
2回は三者凡退。
3回先頭の下園がヒット、渡辺が送りバントでチャンス。荒波の打球は良い打球を飛ばしたが落ちずも、村田がまたデッド。しかし、筒香は倒れる。
*早めに先制したい。
4回先頭の藤田がヒットも、後続は併殺。細山田がヒットを打つと、まさかのブランドンがワンバウンドになりそうな低さを流してヒットでチャンス。すると下園がピッチャー強襲のヒット。しかし、渡辺は打てず。
*本当に得点が入らない。
5回先頭の荒波がサード内野安打も、後続は倒れる。
6回1死から細山田が平凡なフライを打ったが、相手のセカンドとサードが連携ミスかエラー。2死から下園がまた投手強襲安打でチャンス。すると渡辺がタイムリー、下園が3塁。しかし、荒波は惜しくもサードゴロ。
*たたみかけられるか、かけられないか。
7回1死から、筒香が初球をフルスイングして完璧なソロ。
*ソロでは仕方ない感はあるが、得点が入らない攻撃よりは良い。
8回先頭の代打・一輝がヒット、1死から下園が2塁打でチャンス。すると渡辺がサードへのタイムリーヒット。代打・中村は犠牲フライ。暴投。しかし、村田は三振で倒れる。
*もう少し繋がないといけない展開。
9回は三者凡退。




―今日の収穫―
<ブランドンのロングリリーフ>
結局ロングリリーフでしっかり役割を果たしたブランドンだが、そろそろ先発のチャンスがもらえるだろうか。
どちらにせよ、3イニング投げたので2日くらい置かなければいけないこともあるので、せっかくなら先発させたらどうかと思う。

<なるべく節約する姿勢が見えた投手起用>
高崎が早くに降板した後ブランドンを3イニング投げさせて、何とかゲームを立て直しにかかった。
次に1イニングを投げた後、2イニング目に3点ビハインドから失点を重ねた福山だが、彼を変えてしまうと負けゲームなのに継ぎ込まなければいけない展開になってしまうことが目に見えていた。
いつもだったらワンポイントを挟みながら継投しているはずだったが、今日はできるだけ使いたくないという姿勢が久しぶりに見られた。
また、真田も7番に入れてイニングを跨がせた。
こういった采配をしておけば、今までのリリーフ陣の負担は抑えられたはずである。

<下園はやっぱり1番の方が良いのか>
4安打の下園だが、そのうち内野安打2本も強襲ヒット。
本人も3番だと「考え過ぎた」とのコメントを寄せた。
長打もある程度出るようになっただけに、何とかチームの課題である3番に固定したい選手。
まだ慣れるのに時間がかかるのかもしれない。
とはいえ、荒波も1番で使いたくなってきたので、適度に3番を打たせて経験を積ませるべき。




―今日の反省点―
<高崎の4回>
先頭から上手く連打を打たれたので、1点は仕方ない場面だった。
しかし、2点目を取られるとさらに自らの捕球判断ミス。
これが大量失点に繋がってしまった。
高崎の課題は失点し始めると変に力みが出てしまうこと。
打たれない間は良い投球をし続けるだけに、もう少し粘りが出てこないとエースにはなれないだろう。
ただこれも経験が物を言う要素だと思う。

<4回の攻撃>
ここで1点でも取ればまだ試合は分からない状況だったが、渡辺は打てなかった。
前の下園の打球も投手に当たってしまって内野安打では還れなかったことも含めて、流れが邪魔をしているか。

<福山のピッチング>
福山はやはり僅差になると自分の球を生かせない。
これではリリーフとして使えないと言わざるを得ないのだが。




―余談―
<金城の怪我>
筒香のヒットで、3塁を回りかけた金城だがどうやら太ももの裏あたりを痛めたようだ。
これはどの程度の怪我か分からないが、最悪でもキャンプには間に合うくらいの怪我だと願う。
ベテランということでアピールが必要な若手でなかったことが唯一の救いか。
この間に荒波や松本あたりはアピールしなければいけない。
こう言っては難だが、若手は「今がチャンスだ」と心の中では思うべき。


横浜ベイスターズブログランキング:10位/野球ブログランキング:206位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加していますので、今回の記事について評価をしてくださる方はクリックお願いします。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力します。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ペナントレース第123戦、VS読売。 | ホーム | ペナントレース第121戦、VS広島。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。