ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ペナントレース第129戦、VS読売。

今日の見どころ・・・国吉はいつ初勝利?

*試合数が残り少ない段階で今季も最下位濃厚です。そこで、日々の更新も試合の展開より内容を重視していこうと思い、形式を変えます。これは新たな形式を用いるということになりますので、日々試していきながらより良いものを確立したいと考えています。

横浜ベイスターズブログランキング:8位/野球ブログランキング:166位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加していますので、今回の記事について評価をしてくださる方はクリックお願いします。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力します。
4-1、国吉が初勝利。

<スタメン>
1 下園(左)4-1
2 渡辺(遊)3-0、1死球、2三振
3 筒香(一)4-1
4 村田(三)3-1、1四球
5 内藤(右)3-1、1打点、1四球、2三振
6 松本(中)3-1、1四球、1盗塁
7 藤田(二)4-2、1本塁打、3打点
8 黒羽根(捕)4-0
9 国吉(投)3-0、2三振

<継投>
先発:国吉(7回、7奪三振、6被安打、1失点、無自責点)
2番手:藤江(1回、1奪三振、無失点)
3番手:山口(1回、1奪三振、1被安打、1与四球、無失点)




―打撃陣―
スタメンは石川の離脱により、渡辺と藤田が変わらず、センターは松本。
1回先頭の下園がショート内野安打も、渡辺は送れず結果は三振。後続も倒れる。
*渡辺が送れなかったことが問題。
2回先頭の村田がポテンヒット、村田もすぐ走って2塁打でチャンス。内藤は三振も、松本がセカンド内野安打。ここで藤田が甘いストレートを引っ張ると3ラン。後続は打てず。
*内藤は情けなかったが、松本と藤田が意外と言っては難だが上手く繋いでくれた。
3回は三者凡退。
4回2死から松本が四球、盗塁でチャンス。しかし、藤田は倒れる。
*盗塁の試みを評価したい。
5回は三者凡退。
6回先頭の渡辺がデッド、筒香が内野ゴロも、渡辺が2塁。2死から内藤が四球も、松本は良い当たりも打てず。
*村田が進塁打を打てなかったのが残念。
7回は三者凡退。
8回2死から筒香がヒット、盗塁と相手捕手阿部のエラーでチャンス。村田が四球を選ぶと、内藤がタイムリーヒット。
*この1点でダメ押し。
9回先頭の藤田がヒットも、黒羽根はバントミスで併殺。
*バントミスがまた出てしまった。




―投手陣―
先発は初勝利が欲しい国吉、スタメンマスクは黒羽根。
1回2死から連打でピンチも、後続を凌ぐ。
*やはりスロースターターだが防げたのは良かった。
2回を三者凡退。
*投手の前で打ち取った。
3回も三者凡退。
4回2死からヒットも、後続を抑える。
*大胆さも出てきた。
5回を三者凡退。
6回先頭にサード内野安打、牽制の悪送球でピンチ。この後タイムリーを打たれるが、後続のピンチは凌ぐ。
*勿体ない失点だが、1点で済ませたので痛手にはならなかった。
7回を三者凡退。
国吉は7回1失点、101球の好投。序盤からストレート主体にカーブを上手く使って、相手に隙を与えない投球ができたのではないか。自分のミスで失点したことは反省すべきだが、1点で防いだところを評価したい。また、これまで苦しんできた四死球もなかったことも成果。
2番手は藤江。
8回を三者凡退。
藤江は登板過多になっているが、完璧なピッチング。いつの間に成長したのだろう。
3番手は山口。
9回1死からヒット、四球でピンチ。しかし、後続を凌ぐ。
山口は相変わらず調子は良くないが、1死から三振が取れたのが良い。国吉の初勝利が懸かっていただけに緊張もあったと思うが。




―今日の収穫―
<藤田2回の3ラン>
まさかの完璧な3ランだった。
甘いストレートだったのは確かだが、これをしっかり引っ張ることができるなら課題の3番も再挑戦できるかもしれない。

<松本4回の盗塁>
これが成功することは二の次として、相手が警戒していないタイミングで試行できたのが良い。
最近エンドランも多いが、盗塁も多くなってきた。

<国吉の好投>
5回の先頭で3-1にした国吉だが、勝ち投手もかかるイニングでも動じず冷静。
初めての勝利投手の権利だったので、緊張しただろうが、よく抑えた。
結局6回に自分のミスで失点したものの、7回を三者凡退にできたのが次に繋がるだろう。
やっと初勝利を獲得したので、次回からは変な力は抜ける。
これで真の国吉が見られると来季に期待もできるだろう。

<荒波8回の盗塁>
これができるのが荒波。
本当に足が速いが、ドラフトでの評判ではあまり盗塁は上手くないということだった。
果たして今後、盗塁でのアピールがどれくらいできるだろうか。

<内藤8回のタイムリー>
この1点が入るか入らないかは試合を決める要素である。
特に筒香・村田の後の5番だけに、残されたチャンスを確実に得点にする打撃が求められる。
勝負強い5番になってくれれば良いのだが、計算ができる打者ではないだけに、終了までアピールをし続けてもらわないと来季もスタメンは時々になってしまう。
彼の今後によって、来季の補強も変わる。




―今日の反省点―
<渡辺1回のバントミス>
これは絶対に許されないミス。
石川が離脱したので、渡辺にとっては中堅選手ながらもチャンスだが。

<内藤2回の三振>
先日も同じようなことがあったような気がするが、無死2塁では何としても引っ張って進塁打にはしなければならない。
これができないと得点を重ねるのは難しい。

<黒羽根9回のバントミス>
今日またやってしまったバントミス。
ここで1点入ると、クローザーを出さなくても良いセーフティリードになるので決めたかった。


横浜ベイスターズブログランキング:8位/野球ブログランキング:166位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加していますので、今回の記事について評価をしてくださる方はクリックお願いします。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力します。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ペナントレース第130戦、VS読売。 | ホーム | ペナントレース第128戦、VSヤクルト。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。