ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

監督最有力は桑田氏か?

横浜ディー・エヌ・エー(DeNA)の新監督の有力候補に、巨人、パイレーツでプレーした桑田真澄氏(43)が浮上していることが6日、分かった。
TBSホールディングス(HD)から横浜球団を買収した交流サイト運営大手のDeNAでは、尾花高夫監督(54)に代わる後任監督のリストアップに着手。通算173勝という現役時代の実績、卓越した野球理論に加え、新興企業で成長著しい同社のイメージとマッチする人材という観点から桑田氏に白羽の矢を立てた。
桑田氏はPL学園時代に清原和博との「KKコンビ」で甲子園を沸かせ、プロ入り後は巨人のエースとして通算173勝をマーク。巨人退団後は長年の夢をかなえるべく米国に渡り、パイレーツでプレーした。
現役引退後は、09年には早大大学院に入学し、スポーツ科学研究科でスポーツマネジメントなどを学んだ。監督、コーチ経験こそないが、全国的な知名度は申し分なく、卓越した野球理論はもちろん、常に前を向き、独力でさまざまな知識を吸収していく姿勢はDeNAが目指す社風とも合致する。また、「桑田監督」が実現すれば、プロ野球界に与えるインパクトは十分だ。
今後は9日の実行委員会で参入審査の手順が決められ、翌10日からヒアリングが開始される。12月1日のオーナー会議で承認されれば正式に球界参入が決まる。時間的にも監督人事を最重要事項としたチームの編成作業は急務だけに、DeNAでは桑田氏を軸に監督人事を進めるとみられる。(スポニチ)


さて、監督の最有力候補は桑田氏のようですね。
GMの最有力候補が高田氏ということでその線での監督決定かと思いましたが、確かに桑田氏もDeNAが挙げた条件とほぼ一致します。
特に高田氏との関係は分からないのですが。
GMと監督の気持ちの面での疎通は重要ですから、人間的な相性なども考慮する必要があるでしょうね。

まずはGMを決めないと、監督も選手の人事も決めることができなさそうなので、球団譲渡が承認されないと表立ったことはできませんが、水面下でも早めに決定して欲しい。


横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:117位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加していますので、今回の記事について評価をしてくださる方はクリックお願いします。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力します。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ記事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ソフトバンク杉内がFA行使?、横浜も参戦濃厚? | ホーム | ラミレスに触手?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。