ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

(更新)春季キャンプ第2クール3日目。

DeNA春季キャンプ(9日、宜野湾)3年目の加賀がオフに徹底的に走り込んだ成果を実感しながら練習に励んでいる。ブルペンでは低めに集まる制球が光ったが「まだ合計で500球にいっていない」と涼しい表情だ。
例年より走る距離を短くし、本数を増やしたことで体力がついた。変則右腕は「去年は80球くらいでばてていたけれど、100球を超えるまで投げられる」と言う。昨季は先発と中継ぎを経験し、今季の起用法も固まっていないが「臨機応変にやっていく」と自信を見せた。(共同)

横浜DeNAの筒香が9日、フリー打撃で豪快なサク越えを放った。「いい感触に近づいている」と3年目の大砲は手応えを感じていた。
高いレベルを目指し、打撃フォーム改造に取り組んでいる。すり足から右足を上げる昨季のフォームに近づけたり、グリップの位置や右足の動かし方を模索している。「しっかり振って、どんなスイングでも飛ばせるように」と力を込めた。(報知)

DeNAの啓二朗外野手(25)が全体練習前の声出しでスタメン定着を誓った。08年ドラフト1位で入団したが、レギュラーを獲得できず4年目を迎えた。今年から登録名を「松本」から「啓二朗」に変更。「心機一転やる気みなぎっています。今年はレギュラーとります」と話した。(日刊)

西武から移籍したDeNA後藤武敏内野手(31)が9日、体調不良のため練習を休んだ。体温は37・2度あり、病院で検査を行っている。中畑清監督(58)は「まだちょっと心配事があるな」と話した。この日後藤が欠場しなければ、キャンプイン後初めて全員がそろったはずだった。体調不良で2日間休養していた吉村裕基外野手(27)はこの日から復帰し、ラミレスとともに別メニューで練習を行った。(日刊)

DeNAの中畑監督が昨季の3倍以上となるチーム100盗塁を目標に掲げた。
昨季のチーム盗塁数は31だったが「1人で31盗塁できる選手もいます。それを3人ができれば。3桁はいかせたい」と最低ノルマを設定。走塁練習を重要視する指揮官は「自分の現役時代、走力がなかったから、足で魅せる選手は格好いい。それができる選手がうちにはいる」と荒波ら俊足選手に期待を寄せた。(スポニチ)


さて、今日は加賀の記事から取り上げます。
やはり加賀の場合は最大の課題がスタミナであり、先発をすると6回から捉えられ出してしまうシーンが多く見られました。
こうしたことが、防御率は良くても勝てない、一因。
また、中継ぎでタフな一面は見せてくれましたが、それでも長く続く感じではありませんでした。
実際に、昨年は中継ぎでスタートして、途中で先発になった時に離脱するというパターンだった記憶があります。
もちろんスタミナが十分にあれば、こうした課題がクリアできるということではないかもしれませんが、少なくとも原因の1つですから、改善したいですね。
この記事では、まだポジションが決まっていないとのことですが、このあたりは他のメンバーとの兼ね合いでしょう。
先発でも中継ぎでもそこそこの活躍は計算できるので、迷いどころです。
私個人としては、中盤でバテるスタミナや大事なところで失点する点が改善すれば先発でも良いと思いますが、現時点では中継ぎの方が良い気がしますね。
ただし、昨年のように山口・江尻・藤江・篠原・大原慎といったメンバーが揃っていれば、加賀を先発に回しても良いのかもしれません。
真田の抜けた中継ぎ陣ではありますが、そのポジションは何とか埋まりそうな印象がありますし、牛田も控えていることもありますので、加賀を後ろに回すのは勿体ないでしょう。
とはいえ、昨年使い込まれた投手たちですから、いつ離脱してもおかしくありません。
このあたりをどう考えて、加賀を起用するのか楽しみですね。


筒香ですが、昨日の指導が効いているようです。
中畑監督は勢いだけかと思いましたが、さすがに現役時代活躍していただけあって指導も的確なのでしょうか。
今年から筒香を本格的に使えるとなれば、将来的にも相当心強いですが、果たして今季はどんな成績になるのか期待したくなりますね。
ただ、過剰な期待はしないように注意します。


更新内容の1つ目は、そろそろレギュラーを奪いたい松本。
ただ、今年は非常に厳しい外野手争いが行われますね。
レフトにはラミレス、そしてチーム1の選球眼を持つ下園がいるとなると、もしかしたら残り1枠の争い。
ここに森本や荒波あたりもいるわけですから、結果を出せなければすぐに入れ替えられる環境。
もちろんラミレスや下園にも言えることですが、この2人はある程度の計算はできるということがあります。
とはいえ、この2人は守備力が低いので、守備力が高いメンバーは彼らと同じような成績を出すことができればレギュラーを奪えることは確か。
また吉村が割って入ってくると、より面白いのですが。


吉村も復帰して、続々と戻ってきていたのですが、また体調不良により後藤が休みましたね。
インフルエンザかは分かっていませんが、まだまだ気を抜けない。


5つ目ですが、チームの全体的な方針として、100盗塁という指針が示されました。
これはある意味、スタメンを予想するヒントになり得ます。
しかも記事には3人で30盗塁ずつくらいさせるということにも言及しているので、おそらく現時点では足を使える選手が3人はスタメン入りするという感じになりそう。
キャプテンの石川、元々成功率が高いと言われる渡辺、記事にある荒波でしょうか。
こうなると何となくスタメンが見えてくる気がしますが、まだ第2クール。
実戦が始まる次のクールから徐々に陣容が見えてきそう。


横浜ベイスターズブログランキング:8位/野球ブログランキング:79位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加していますので、今回の記事について評価をしてくださる方はクリックお願いします。
多くのファンの方に見ていただけるよう努力していきたいので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力します。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズキャンプ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<(更新)キャンプ第2クール4日目。 | ホーム | (更新)春季キャンプ第2クール2日目。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。