ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

オープン戦、VS西武。

今日の見どころ・・・1・2番が梶谷・啓二朗という初コンビ。

本日は録画を見たので、少し遅くなりましたが更新します。

横浜ベイスターズブログランキング:2位/野球ブログランキング:26位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加していますので、今回の記事について評価をしてくださる方はクリックお願いします。
多くのファンの方により有益な情報等を提供できるよう努力いたしますので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。


3-1、3連勝→1敗→2連勝という好調ぶり

<スタメン>
1 梶谷(遊)3-2、1四球、1盗塁
2 啓二朗(右)4-1、1打点
3 石川(二)4-1、1盗塁
4 後藤(指)4-1、1本塁打、2打点
5 森本(左)2-0
6 吉村(一)4-0
7 藤田(三)2-1
8 鶴岡(捕)2-1、2盗許
9 荒波(中)4-0

<途中出場>
一輝2-1
内藤2-0
高城1-0
黒羽根1-0

<継投>
先発:国吉(5回、7奪三振、5被安打、無失点)
2番手:ハミルトン(1回、2被安打、1与死球、1失点)
3番手:菊池(1回、無失点)
4番手:藤江(2回、1奪三振、無失点)



1回表:梶谷が外角ストレートを引っ張りライト前。啓二朗の打席、梶谷が盗塁、相手捕手上本の悪送球も重なり梶谷が3塁へ。啓二朗が3-2から外角を流してレフト線を抜いてタイムリー2塁打。石川は外角に詰まりショートフライ。後藤が逆球のインコースを叩いてレフトへの2ラン。森本は3-2まで粘るが、外角一杯を見逃してしまい三振。吉村は3-2まで持ってきたが、真ん中に抜けた変化球に腰が引け三振。
1回裏:ヘルマンに初球を投手強襲のヒット。原の打席、ヘルマンが盗塁、鶴岡の送球も逸れる。原を3-2まで粘られたが、外角ストレートで押しセカンドフライ。栗山を初球カーブで入りファーストゴロ、ヘルマンが3塁へ。高山を高めの真っ直ぐで三振。

2回表:藤田が1-1から外角変化球に逆らわず流して2塁打。鶴岡は1球目にバントで空振りしたが、2球目にバスターに変え流してファーストゴロ、藤田が3塁へ。荒波は簡単に追い込まれ、3球目の内角ワンバウンドに空振ってしまい三振。梶谷が3-2から四球。啓二朗が上手く弾くがセンターフライ。
2回裏:上本に甘く入った変化球を打たれて2塁打。浅村に粘られ、最終的にやや甘いカーブを上手く流されヒット。石川を外角の逆球で三振。永江の打席、浅村に盗塁される。永江を低めのフォークで三振。斉藤も同じフォークで三振。

3回表:石川は上手く捉えるがやや詰まりセンターフライ。後藤は完全に詰まりセカンドフライ。森本は引っ掛けショートゴロ。
3回裏:ヘルマンを3-1から引っ掛けさせてサードゴロ。原を詰まらせてライトフライ。栗山を打たせて、ショート梶谷が上手く捌きショートゴロ。

4回表:吉村は初球を引っかけサードゴロ。藤田は高めを打ちつけたがサードゴロ。鶴岡が上手く叩いてレフト前。荒波の打席、相手捕手上本がワンバウンドを処理している間に鶴岡が2進。荒波は2-0から引っ掛けてショートゴロ。
4回裏:高山を高めのカーブで三振。上本を打たせて、国吉が上手く捌いて投手ゴロ。浅村に初球を打たれ、ショート梶谷もぎりぎりのプレーを見せるがショート内野安打。石川の打席、国吉が内角に叩きつけたボールを鶴岡が前に弾くが進塁を許す。石川を大きなレフトフライ。

5回表:梶谷は逆球に三振。啓二朗は10球程粘ったが、最後は打たされてセカンドゴロ。石川が簡単に追い込まれたが、1-2から外角の緩い球を拾ってセンター前。後藤の打席、石川が盗塁に成功。後藤は3-2から少し伸びずセンターフライ。
5回裏:永江を3-1から内角ストレートで三振。斉藤を外角に逃げるようなフォークで三振。鬼崎に初球をヒット。原をフォークで打たせてレフトフライ。

6回表:一輝は外角スライダーに三振。吉村は2-1から上手く捉えたがレフトフライ。内藤は当てたが投手ゴロ。
6回裏:2番手はハミルトン。米野を初球でキャッチャーファールフライ。高山に上手く打たれたが、レフト一輝が追いついてレフトフライ。武山に速球が抜けてデッド、武山は痛みを堪えて1塁へ。浅村に3-1からヒット。石川に2-0から甘く逆球が入りタイムリー。大崎を打たせてセカンドゴロ。

7回表:高城は打たされてサードゴロ。荒波は初球を捉えたが正面のショートライナー。梶谷が痛烈な当たりを打つと捕球されるが、ヘッドスライディングでセカンド内野安打。啓二朗はエンドランを2度ファールした後セカンドゴロ。
7回裏:3番手は菊池。斉藤を初球ストレートでショートフライ。鬼崎を3-2から真ん中低めで打たせると、荒波・石川の連携が危ういながらセカンドフライ。原を2-0から差し込み、ショート梶谷も素早く処理してショートゴロ。

8回表:石川はあと少し伸びずセンターフライ。後藤は3球三振。一輝が低めを流してライト前。吉村は外角を引っかけショートゴロ。
8回裏:4番手は藤江。米野を打たせて、内藤が上手く捌きサードゴロ。高山に低めを掬いあげられるも、荒波が追いつきセンターフライ。武山に少し粘られたがレフトフライ。

9回表:内藤は引っ掛けてセカンドゴロ。黒羽根は外角で三振。荒波は打たされてファーストゴロ。
9回裏:浅村を初球で打たせてショートゴロ。石川を3球三振。大崎を外角ストレートでセンターフライ。



―打撃陣―
1回先頭の梶谷がヒット、盗塁、相手のエラーによりチャンス。すると啓二朗が2塁打を放ち先制。石川が意識は見えたが右方向に飛ばせず凡退するが、後藤が古巣相手に2ラン。
2回先頭の藤田が2塁打でチャンス。鶴岡がバスターで進塁打。しかし荒波は簡単に三振してしまい、梶谷の四球も、啓二朗が良い当たりで倒れる。
3回は三者凡退。
4回2死から鶴岡がヒット、相手のワンバウンドにすばやく反応してチャンス。しかし、荒波は倒れる。
5回2死から石川がヒット、盗塁でチャンス。しかし、後藤はあと少し伸びず倒れる。
6回は三者凡退。
7回2死から梶谷がヒットも、啓二朗は倒れる。
8回2死から一輝がヒットも、吉村は倒れる。
9回は三者凡退。

打線は結局8安打3得点という微妙な攻撃ぶりだったが、やはり先手を取るのはどれだけ大きいかを実感させられる。
これを昨年までの数年間は“やられて苦しむ”立場だっただけに、今季からは“やって苦しませる”立場になりたい。
また、毎試合のように見られる動きはこの試合でも多く見られた。
1回の盗塁、2回のバスター進塁打、4回の相手のワンバウンドに反応した進塁、5回の盗塁、7回のエンドラン試行など色々とやってくれる。
とにかくランナーさえ出れば、何かしらやるという姿勢が貫かれている。

好調のキャプテン石川は1安打1盗塁、二遊間を争う梶谷は2安打1盗塁。
少し荒波の状態が気がかりではあるが、元々荒さがある選手というイメージはあるので、もう少し見てみたい。



―投手陣―
先発は国吉、オープン戦は1試合4回無失点。
1回先頭にヒット、盗塁でピンチ。しかし、後続を抑える。
2回先頭に2塁打、ヒットでピンチ。しかし、後続を三者連続三振。
3回を三者凡退。
4回2死からヒット、暴投でピンチ。しかし、後続を凌ぐ。
5回2死からヒットも、後続を抑える。
国吉は前回こそストレートの球威だけで抑えているような印象だったが、この試合では変化球が良いところに決まるようになっていた。立ち上がりこそ高めに浮くシーンも見られたが、その後はストレート・カーブ・フォークを中心に真ん中から低めのコースにまとまっていた。まだ逆球は多く見られるが、そのコースも低くなってきている。それらの結果なのか、三振を良いところで取れた。開幕に上手く合わせて調整できている様子。鶴岡の変化球をうまく使うリードにも感謝か。
2番手はハミルトン、オープン戦1試合2回無失点。
6回2死からデッド、ヒットでピンチ。するとタイムリーを打たれるが、後続は凌ぐ。
ハミルトンは前回もそうだったが、ランナーが出るまでは安定感がある。やはり楽な場面での中継ぎということになるのではないか。調整としては悪くない感じはするが、セット時での逆球が多すぎる。
3番手は菊池、オープン戦は1試合1回無失点。
7回を三者凡退。
菊池は前回よりかは変化球が使えたが、まだ万全な状態ではない。ストレートも本来の姿ではないが、結果的に3人で抑えるところは何か持っていそうな感じはある。ただ、1つ言えるのは、ストレートが130km台で、変化球も130km台の球があるのが打ちずらいのかもしれない。
4番手は藤江、オープン戦は初登板。
8回を三者凡退。
9回も三者凡退。
藤江は結果的に2回を完璧だが、まだ本調子ではなさそう。ストレートは140km行くか行かないかという感じでまだ出る。ただ、フォークの落ちがこの時期にしては良いように思える。調整としては初登板ながら順調であることが確認できた。昨季後半からセットアッパーで結果を出した投手であり、今季は計算に入れたい。

投手陣は今日も3失点以内の合格点である。
先発の国吉は立ち上がりに苦労したが、既に特徴になりつつある粘りが見え、結局は5回無失点。
中継ぎでもハミルトンはセットに課題を残したが、菊池と藤江がしっかり役割を果たした。
とりあえず、先発の国吉は開幕投手候補として高崎にプレッシャーをかけたということになるだろうか。
また、高城が出場したが、ハミルトン・菊池とも逆球も多くコントロールが良くなかったため、あまりリードを見ることができなかったのが残念。



全体的には今日も少ない失点で勝ったという試合で、これまで中畑監督の理想の勝ち方で勝ってきた試合と同じような試合だった。
攻撃陣は8安打3得点というやや粗い攻撃だったかもしれないが、やはり継続して動く姿勢を見せているのが良い方に出ているような気がする。
問題はこの姿勢をどこまで維持できるかだが、何となく連敗してもこの姿勢は変わらないでやっていくように思える。
それほど毎試合、一貫した姿勢を貫き、結果も出しているということ。

ファンとしては打線で勝つ試合に飢えてきているかもしれないが、これだけ一貫した勝ち方をしていると、まずはこの勝ち方で勝ち癖をつけてからでも遅くないのではないか。


横浜ベイスターズブログランキング:2位/野球ブログランキング:26位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加していますので、今回の記事について評価をしてくださる方はクリックお願いします。
多くのファンの方により有益な情報等を提供できるよう努力いたしますので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<オープン戦、VS西武。 | ホーム | 予告先発導入、ベイにとっては…>>

コメント

OP戦7年ぶり首位と聞いて驚きました。
私は、たとえ打線が活発でも、負けるのに飽きてきたので勝ちがつくのが嬉しいです。チーム防御率には目をみはるものがありますよね。
荒波は足があり守備もうまそうですけど、吉村が心配ですね…。背番号25を取られたことに発奮してほしいです。
2012-03-11 Sun 08:47 | URL | トリモノ [ 編集 ]
3連勝のあと1敗したところで首位陥落と言っていたので返り咲くには厳しかと思っていましたが、その後の2連勝で単独首位になったようですね。
仰る通り、私も勝ちに飢えていたのでオープン戦ではありますが嬉しく思います。

荒波は打撃がなくても足と守備で貢献できる点は強みですが、吉村の場合そうはいかないですからね…。
昨年よりかは内容の面で良くなってはいる気はしますが、やはり彼の場合は結果を出さないと評価されないでしょう。
何かきっかけがあればとは思いますが、これまで何回もきっかけになりそうな時はありましたから、果たして復活するには何が必要なのでしょうか。


> OP戦7年ぶり首位と聞いて驚きました。
> 私は、たとえ打線が活発でも、負けるのに飽きてきたので勝ちがつくのが嬉しいです。チーム防御率には目をみはるものがありますよね。
> 荒波は足があり守備もうまそうですけど、吉村が心配ですね…。背番号25を取られたことに発奮してほしいです。
2012-03-11 Sun 09:04 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。