ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

オープン戦、VSオリックス。

今日の見どころ・・・今シーズン最後のオープン戦。

*中継はありませんので、お気を悪くされる方もいらっしゃるかもしれませんが、私の“姿勢”としての意味合いとしても更新をさせていただきました。

横浜ベイスターズブログランキング:4位/野球ブログランキング:46位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加していますので、今回の記事について評価をしてくださる方はクリックお願いします。
多くのファンの方により有益な情報等を提供できるよう努力いたしますので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。


2-3、最終戦は敗戦。

<スタメン>
1 梶谷(遊)3-2、1四球、3盗塁
2 石川(二)4-0、2三振
3 下園(左)3-1、1四球
4 中村(指)1-0
5 小池(一)2-0
6 藤田(三)4-1
7 荒波(中)3-1、1犠打
8 黒羽根(捕)2-0
9 北(右)3-0

<途中出場>
新沼2-0
内藤2-1
鶴岡2-0
森本1-0
啓二朗1-0

<継投>
先発:ブランドン(2回、2奪三振、無失点)
2番手:菊池(1回、1与死球、無失点)
3番手:篠原(1回、無失点)
4番手:藤江(1回、1奪三振、3被安打、1与四球、3失点)
5番手:加賀(1回、2奪三振、無失点)
6番手:林(1回、1奪三振、1被安打、無失点)
7番手:山口(1回、無失点)



1回表:梶谷が四球。梶谷が盗塁。石川は三振。梶谷が盗塁。暴投、梶谷が生還。下園が四球。中村はセンターフライ。小池はショートゴロ。
1回裏:坂口をレフトフライ。大引を三振。後藤をレフトファールフライ。

2回表:藤田はレフトフライ。荒波はレフトフライ。黒羽根はセカンドゴロ。
2回裏:李をセカンドゴロ。高橋をショートゴロ。T-岡田を三振。

3回表:北は三振。梶谷はファーストゴロ。石川はレフトフライ。
3回裏:2番手は菊池。バルディリスをレフトフライ。伊藤にデッド。川端をサードゴロ併殺。

4回表:下園がヒット。新沼は三振。小池はレフトフライ。藤田は三振。
4回裏:3番手は篠原。坂口をショートフライ。大引をセンターフライ。後藤をセカンドライナー。

5回表:荒波が2塁打。黒羽根はファーストゴロ、荒波が3塁へ。北はファーストエラー、荒波が生還。梶谷がファースト内野安打。石川は三振。下園は三振。
5回裏:4番手は藤江。李に2塁打。高橋に2塁打。T-岡田に四球。バルディリスに2点タイムリー2塁打。伊藤に犠牲フライ。赤田をファーストゴロ。坂口を三振。

6回表:新沼はサードゴロ。内藤がヒット。藤田はセカンドゴロ、内藤が2塁へ。荒波はセカンドゴロ。
6回裏:5番手は加賀。大引をサードゴロ。後藤を三振。駿太を三振。

7回表:鶴岡はライトフライ。北はセカンドライナー。梶谷がヒット。梶谷が盗塁。石川はファーストゴロ。
7回裏:6番手は林。北川にヒット。野中に盗塁。T-岡田をショートゴロ。山崎を三振。伊藤をショートゴロ。

8回表:下園はセカンドゴロ。森本はショートゴロ。内藤はセカンドゴロ。
8回裏:7番手は山口。赤田をサードフライ。坂口をセカンドゴロ。大引をセカンドフライ。

9回表:藤田が2塁打。荒波がバント。鶴岡はファーストゴロ。啓二朗はショートゴロ。



―打撃陣―
1回先頭の梶谷が四球、盗塁でチャンス。さらに盗塁するが、後続は下園の四球のみ。
2回は三者凡退。
3回も三者凡退。
4回先頭の下園がヒットも、後続は倒れる。
5回先頭の荒波が2塁打でチャンス。1死から北の打球でエラーで1点追加。さらに、梶谷が内野安打も、後続は倒れる。
6回1死から内藤がヒットも、後続は倒れる。
7回2死から梶谷がヒット、盗塁でチャンス。後続は倒れる。
8回は三者凡退。
9回先頭の藤田が2塁打、荒波がバントでチャンス。しかし後続は倒れる。

打撃陣は今日も1回に得点をあげるというパターンで始まった。
しかし、5回に1点を相手のエラーであげたとはいえ、全体的にチャンスを活かしきれずにオープン戦を終えてしまった印象が残った。
破壊力が不足している打線なので仕方ないのかもしれないが、追加点を奪いきれない課題がペナントでどう出るか注目である。



―投手陣―
先発はブランドン、オープン戦2試合9回4失点。
1回を三者凡退。
2回も三者凡退。
ブランドンは昨日の山本とともに貴重な左腕の先発投手候補。ここまで完成度が高いピッチングを見せてきたが、最後の試合で2回を完全に抑え込んだのは、昨日の3人の先発候補に続いて良いスタートを切れそう。
2番手は菊池、オープン戦3試合3回無失点。
3回1死からデッドも、後続を併殺。
菊池はとにかくまずは楽な場面での投球が最初は多くなりそうだが、オープン戦の結果をみると開幕1軍に何とか入ってこれるか。ただ、前回までの印象ではまだ本来の姿ではないような気がしていたので、そのあたりがどう評価されているのかが重要な要素。ハミルトンとともに、真田の穴を埋める投手になれるか。
3番手は篠原、オープン戦3試合3回1失点。
4回を三者凡退。
篠原も自責点なしでここまで来て、最後も無失点に終えることができた。年齢のこともあるし、戦力外通告を1度受けた投手でもあるので、昨年と同じような成績を期待するのは酷かもしれないが、本当に貴重な左腕として今季も頼りにしたい。彼を他の左腕投手が楽な場面に登場させられるような状況にできるか。
4番手は藤江、オープン戦2試合3回無失点。
5回先頭に2塁打でピンチ。さらに2塁打を打たれると、後続に四球。すると2点タイムリーと犠牲フライで逆転を許す。
藤江は今季8回を任されるという方針があり、ここまで2試合を抑えてきたが、最後の試合で逆転まで許してしまった。これをペナントレースに引きずらなければ良いが。とはいえ、実績そのものも昨年の後半くらいしかないので、過剰な期待をするのは良くないのかもしれない。
5番手は加賀、オープン戦3試合3回無失点。
6回を三者凡退。
加賀は7回を任されるらしいが、この試合でも無失点に抑えて万全な状態であることをアピール出来た。起用方法がいろいろ想定できるため、便利屋として使われる心配もあるが、とりあえず現段階では7回の1イニング固定という形になるのだろうか。
6番手は林、オープン戦5試合5回無失点。
7回先頭にヒット、盗塁でピンチ。しかし後続を抑える。
林が救援陣の中で今まで最も良い球を投げていたような印象が私にはある。この試合でも内容は不明だが、結果は良い方に出ている。実は横浜の救援陣のキーマンになりそうな投手。
7番手は山口、オープン戦4試合4回3失点。
8回を三者凡退。
山口は少し炎上した試合もあって心配もあったのだが、最後は三者凡退に抑えたということで一安心してペナントに入ることができるか。年々と成長を見せているのは確かだと思うので、今季こそ絶対的な守護神として君臨してほしい。

今日は7人を短いイニングで継投することになったが、藤江以外は良い投球ができたのではないだろうか。
これだけ投手が投げれば1人くらい乱調な投手がいてもおかしくはない。
ただ、それが今季8回を任されるという藤江なのが心配と言えば心配。
特に江尻や牛田といったところがオープン戦では全く投げられなかったので、藤江にかかる期待は大きい。
一方で、貴重な左腕として入団した林あたりの好投で、もしかしたら7・8回の構想が変わるかもしれない。

また、唯一と言って良い先発候補のブランドンの登板では2回を完璧に封じている。
彼も貴重な左腕先発候補なので、大きな期待をかけられている。
少なくともブランドンか山本か、が活躍してくれないとローテが厳しい。



さて、最終戦もある意味同じような野球だったと言えるのではないか。
詳しくは見ていないだけに言及できないが、オープン戦を通して一貫した野球が出来た様子。
勝てはしなかったが、ペナントには良い状態で入れそう。

更新が遅くなった分、オープン戦での成績がクローズアップされた記事を更新前に見ることができた。
それによると、投手陣は防御率が12球団唯一の1点台で1.91という素晴らしい成績。
野手陣では機動力野球を掲げて、昨年のペナントが31盗塁にも関わらず、今季はオープン戦だけで23盗塁。
全体として成績は11勝6敗ということで十分な結果を出せたと言える。
ただ、野手陣の得点力不足は明らかであるということも言わざるを得ない。
追加点がなかなか取れないのはシーズンだと致命的になる可能性も。
とはいえ、コンスタントに2・3点取ることができているのは良いこと。
これにラミレスや筒香が戻ってきて、どういった攻撃ができるかは楽しみである。


横浜ベイスターズブログランキング:4位/野球ブログランキング:46位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加していますので、今回の記事について評価をしてくださる方はクリックお願いします。
多くのファンの方により有益な情報等を提供できるよう努力いたしますので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<(修正)オープン戦終了、特集~第1弾:開幕戦スタメン~ | ホーム | オープン戦、VS読売。>>

コメント

梶谷
良すぎ(汗)
まだ新人王の資格ありましたっけ?
投手陣も
一点台の防御率は
出来過ぎですね
自分達も
やれば出来るって言うのが
結果に残って
再確認出来たと思うので
いいシーズンが
期待出来ますね(笑)
2012-03-26 Mon 07:06 | URL | 薩摩流星群 [ 編集 ]
本当にどうして今まで使わなかったんだと言いたくなってしまうほど、魅了的な選手ですよね。
おそらく規定打席数の条件は満たしていたとしても、支配下登録年数が6年目になるので、新人王資格は昨年までになくなってしまっているような気がします。

投手陣の1点台も仰るように出来過ぎ感のある成績。
どのくらい自信が付いたのか、その実力は本物なのか、これらをシーズンで確認しなければいけませんね。
3.00あたりに収まるかどうか、というところが成績的にはラインになってくるでしょうか。


> 梶谷
> 良すぎ(汗)
> まだ新人王の資格ありましたっけ?
> 投手陣も
> 一点台の防御率は
> 出来過ぎですね
> 自分達も
> やれば出来るって言うのが
> 結果に残って
> 再確認出来たと思うので
> いいシーズンが
> 期待出来ますね(笑)
2012-03-26 Mon 09:12 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。