ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ペナントレース第5戦、VS中日。

今日の見どころ・・・昨年期待裏切った山本が初先発。

横浜ベイスターズブログランキング:3位/野球ブログランキング:55位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加していますので、今回の記事について評価をしてくださる方はクリックお願いします。
多くのファンの方により有益な情報等を提供できるよう努力いたしますので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。


0-3、2試合連続で完封負け。

<スタメン>
1 梶谷(遊)3-0
2 石川(二)4-2、1盗死
3 小池(一)2-0、1併殺
4 ラミレス(左)3-0
5 中村(三)3-0
6 森本(右)3-1
7 荒波(中)3-0
8 黒羽根(捕)1-0、1四球
9 山本(投)0-0、1犠打

<途中出場>
下園1-0
金城1-0
藤田
内藤1-0
新沼1-0
渡辺直1-0

<継投>
先発:山本(5・2/3回、3奪三振、4被安打、3与四球、2失点)
2番手:菊地(1/3回、無失点)
3番手:小林太(2回、3奪三振、2被安打、2与四死球、1失点)
4番手:大原慎(1回、1奪三振、1被安打、無失点)



1回表:荒木を内角スライダーで三振。大島の当たりを、山本が良い判断でピッチャーライナー。森野をショートゴロ。
1回裏:梶谷は良い当たりで弾き返すもセンターフライ。石川がボテボテのサード内野安打。小池の打席、石川が盗塁をするも盗塁死。小池は三振。
*石川が警戒されながらの盗塁を決められない。

2回表:山崎をシュートで三振。和田にヒット、ライト森本が上手く処理して2塁は許さず。井端をショートゴロ併殺。
2回裏:ラミレスはサードゴロ。中村はサードゴロ。森本はショートゴロ。

3回表:平田に四球。谷繁をライトフライ。山内を送りバントしてきたが高めでバッテリーが外した上に、サード中村が突っ込んできて2塁進塁阻止、さらに石川が体を上手く使って併殺。
*今日は上手く守備が効いている。
3回裏:荒波はショートゴロ。黒羽根が粘って四球。山本が送りバント。梶谷は初球打ちもセカンドゴロ。

4回表:荒木に2塁打。大島の送りバントを2度失敗。大島をバントで打ち上げピッチャーフライ。森野を強い当たりもセンターフライ、荒木は3塁。山崎に粘られ四球。和田の打球、ショート梶谷が風邪の影響もありながらショートフライ。
4回裏:石川が上手く流してレフト前。小池はショートゴロ併殺。ラミレスは良い当たりも、相手サード森野に捕球されてサードゴロ。

5回表:井端をセカンドゴロ。平田に良い当たりを打たれるも、センター荒波が好反応して後ろ向きにキャッチしセンターフライ。谷繁をライトフライ。
5回裏:中村はショートゴロ。森本は良い当たりもショートゴロ。荒波はセカンドゴロ。

6回表:山内を三振。荒木をショートゴロ。大島に四球。森野に変化球が高めに入り失投2ラン。山崎の打球、荒波が突っ込むもヒット。和田に四球。2番手は菊地。井端をファーストファールフライ。
6回裏:黒羽根はライトファールフライ。下園はセカンドゴロ。梶谷はかなり中途半端な打撃を見せてしまいピッチャーゴロ。

7回表:3番手は小林太。平田を3-1から三振。谷繁にヒット。山内に送りバント。荒木を三振。
7回裏:石川はショートフライ。代打・金城は良い当たりのライトフライ。ラミレスは三振。

8回表:大島をセカンドゴロ。森野に四球。山崎にデッド。和田にタイムリー。井端を内角変化球で三振。平田を三振。
8回裏:中村は三振。森本が速球を弾き返しヒット。荒波は良い当たりもセンターフライ。代打・内藤は少し伸びずセンターフライ。

9回表:4番手は大原慎。谷繁をピッチャーゴロ。ブランコに高めの球を打たれ2塁打。荒木をショートゴロ。大島を低めで三振。
9回裏:新沼はやや詰まりライトフライ。渡辺直は良い当たりも、相手センター大島にダイビングされてセンターフライ。石川は三振。



―投手陣―
先発は山本。
1回を三者凡退。
2回1死からヒットも、後続を併殺。
3回先頭に四球も、1死からバントを失敗させて併殺。
4回先頭に2塁打でピンチ、後続で送りバントを失敗。2死から四球も、後続を抑える。
5回を三者凡退。
6回2死から四球、後続に2ラン、さらにピンチを作り降板。
山本は5回までしっかり投げてはいたが、立ち上がりから高めに抜けたような球が気になった。それが6回に2ランとなって表れてしまったようだ。ただ、その2ランは良いとしても、その前の四球が余計。さらにその後にも四球でピンチを作っており、印象の悪いマウンドになってしまった。全体的には打線の無援もあることから、合格点はあげられるピッチングだったとは思う。
2番手は菊地、昨日からの連投。
6回2死1・2塁から後続を抑える。
菊地は昨日2イニングを投げて結果を出したが、今日は火消しをすることができた。どうやら打たせて取ることが信条のようである。何となく以前までのイメージではパワーピッチャーだったのだが、投球スタイルを変えたのだろうか。もちろんそれでも結果を出すことができるなら良いのだが。
3番手は小林太、林との入れ替えで昇格。
7回1死からヒット、送りバントでピンチ。しかし後続を三振。
8回1死から四死球でピンチ。ここでタイムリーを打たれるが、後続を連続三振、何とか最少失点。
小林太はやはり課題は四球だが、何とか腕を下ろして修正しようという姿勢は見えている。しかし、昨年もやや下げてはいたが、今季のフォームでは下げ過ぎのような気がしてならない。オープン戦から気になっているのだが、持ち味の速球が完全に消えてしまう。また、起用に関しては「長期的には先発も期待している」ということ。
4番手は大原慎。
9回1死から2塁打でピンチ。しかし、後続を凌ぐ。
大原慎は前回連続四球というどうしようもない結果を残してしまったのだが、その分今回は気合いが入っていたようだ。確かにピンチにはなったが、その後しっかり投げ切ろうという意識が見えたのが収穫。救援陣が手薄になってきた中で、この投手をどのように使うのだろうか。

投手陣はそれぞれ持ち味は出してくれたと思う。
山本も確かに2点は嫌な形で獲られたが、それまでの投球は評価できる内容。
小林太も打たれはしたし、四死球は印象が悪いも、三振を3つ獲れたのは収穫だった。
菊地と大原慎はピンチでも落ち着いて投球できていた。
全体で3失点ということで合格点だろう。



―打撃陣―
スタメンは連続で同じ布陣。
1回1死から石川がヒットも、後続で盗塁死。
2回は三者凡退。
3回1死から黒羽根が四球、山本が送りバントを成功させてチャンス。しかし梶谷は倒れる。
4回先頭の石川がヒットも、小池は併殺。
5回は三者凡退。
6回も三者凡退。
7回も三者凡退。
8回1死から森本がヒットも、後続は倒れる。
9回は三者凡退。

打線はやはり元気がない。
昨日2安打、今日も3安打と全く覇気が見えない。
しかも昨日は四死球が5つ以上あったのだが、今日は1つしかなかったこともあってチャンスらしいチャンスもなかった。
好調な選手はいるのだが、少し相手の調子が良いと繋がりが全くない打線ではいけない。

選手個人としては懸念された1・2番コンビで明暗が分かれた。
梶谷は今日も無安打だったが、石川が2安打を打つことができた。
もしかしたら、次の試合から梶谷を下げることになるかもしれない。



全体としては今日も完敗という内容。
試合のキーとなった場面は、4回の石川が先頭で出塁した後、小池で意図が見えなかったことではないか。
バントをするならバントでも良かっただろうし、エンドランでも面白そうだった。
オープン戦ではこうした場面でははっきりと意図を持って行っていただけにペナントレースでこういった内容が出るのは残念。
それならば、1回のように盗塁をここでも試みて失敗した方が良かったのでは。


横浜ベイスターズブログランキング:3位/野球ブログランキング:55位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加していますので、今回の記事について評価をしてくださる方はクリックお願いします。
多くのファンの方により有益な情報等を提供できるよう努力いたしますので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ペナントレース第6戦、VS広島。 | ホーム | (修正)ペナントレース第4戦、VS中日。>>

コメント

bay love です、こんばんは、
打てないですねー、う~ん、
もう少し様子を見たほうがいいと思っていたのですが、広島3連戦でも結果が出なければ大幅な打線組み替えも必要かも

やはり阪神戦で互角に戦えた要因を作った、金城をセンタースタメンで、石川は多少上向きな感じなので、梶谷を渡辺か、藤田に、右左で使い分け
1番渡辺 藤田
2番石川
3番金城
4番ラミレス
5番森本
6番小池
7番中村
8番黒羽根

でどうでしょうか、3番小池はあまり機能しているようには思えないので、3番は金城で、5番は好調の森本でどうでしょう、打線に厚みも出るし足は期待できませんが得点能力は上がると思うのですが、特に左投手の時はこれくらいやってほしい、

それとこれだけ打てないと筒香を阪神線のラミレスのように勝負どころで代打でつかったらどうでしょうかね、

最後に山崎が黒羽根と小林に恫喝まがいの文句を言ってましたが、あれくらいでびびらずにどんどん内角を突いてほしい,デニーもピッチャーの所にいって気にするな位言ってほしかったところです、
ではまた。
2012-04-05 Thu 23:32 | URL | bay love [ 編集 ]
bay loveさんへ

確かに今日からのカードで打線が奮起しなければ、少し組み替えた方が良いですね。

打順に関しては別としても、梶谷に一度休んでもらうことも必要でしょうし、金城の代打での打撃を見ればスタメンに入れた方が良いような気がします。

筒香の代打起用案、これは終盤の勝負どころで良いカードになりそうですね。
ただ、怪我の心配がなくなってからの話でないと怖いですが。
2軍で数試合スタメンに出てはいますが、状態としてはどういった感じなのでしょうかね。

私もあのシーンは気になりました。
経験がそこまで多くないバッテリーですし、ここは一呼吸おいても良かった。
デニーコーチとまではいかなくても、内野にいた経験が多い選手たちが声をかけるべきではなかったでしょうか。
2012-04-06 Fri 08:04 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。