ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ペナントレース第26戦、VS中日。

今日の見どころ・・・ラミレスの奮起。

横浜ベイスターズブログランキング:5位/野球ブログランキング:80位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加していますので、今回の記事について評価をしてくださる方はクリックお願いします。
多くのファンの方により有益な情報等を提供できるよう努力いたしますので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。


3-3、良い方のまさかの引き分け

<スタメン>
1 荒波(中)4-1
2 渡辺直(遊)3-0、1四球
3 筒香(三)3-0、1四球
4 ラミレス(左)3-1、1本塁打、1打点、1死球
5 中村(一)4-2、1本塁打、2打点
6 吉村(右)4-0
7 石川(二)3-0
8 黒羽根(捕)3-1
9 ブランドン(投)1-0

<途中出場>
小池1-0
下園1-0
一輝1-0
金城1-1
森本1-0

<継投>
先発:ブランドン(5回、3奪三振、2被安打、5与四球、3失点)
2番手:小杉(1・2/3回、1奪三振、1被安打、無失点)
3番手:篠原(1/3回、1被安打、無失点)
4番手:菊地(1回、1奪三振、2被安打、1与四球、無失点)
5番手:藤江(1回、1奪三振、無失点)



試合詳細



―投手陣―
先発は余計な四死球さえ出さなければ期待できるブランドン。
1回を三者凡退。
*まずはストライク先行。
2回1死から四球、この後ファールフライを黒羽根が少し連携のミスもあってか落とすも、後続をブランドンがナイスフィールディングで併殺。
*黒羽根をブランドンが救助。
3回先頭に四球、詰まらせたがポテンヒットでピンチ。この後送りバントを2度ファールさせたがバスターで強い当たりを打たれたものの、吉村が良いところに張っていてライトフライ。ここで四球を出し満塁となったところで、試合を中断する。15:27試合再開、2死から2点タイムリー2塁打とライトのエラーが記録され3点を失う。
*午後から県央で降り始めた大雨がハマスタに、ブランドンがこれを気にしてか抜けている球が目立つようになる。
4回2死から四球、連続で四球でピンチ。後続は投手となり抑える。
*投手まで回さずに抑えてもらいたいが無理な願いか。
5回を三者凡退。
ブランドンは結局立ち上がりからいつもより安定していたコントロールが雨の影響かどうかわからないが、いつも通りのコントロールに戻ってしまった。特に中断後の3回のピンチではスライダーしかストライクにならない状況で3点を取られてしまった。ただ、失点はこの3点のみに抑え、試合としては作ったことにはなる。やはり四死球を出すか出さないかで大きく内容が変わってしまう。ある程度は許さなければいけないのだろうが、1イニングに2・3出てしまうとさすがに苦しい。
2番手は小杉。
6回を三者凡退。
7回先頭にヒットも、続く送りバントを失敗させ結局進塁させない。さらに投手の送りバントをファールフライ。
小杉は結局1イニングを抑え、2イニング目の先頭を出しながら2死を取った後に交代ということになった。小杉を7回一杯まで投げ切らせるのが普通だったかと思うが、左打者を迎えるところで左投手を当てた。また、何か友利コーチに突かれていたのは先頭を出したからだと思われる。
3番手は篠原。
7回2死1塁から、ヒットでピンチ。しかし後続を抑える。
篠原を出すなら次のイニングからで良かったのではないだろうかと私は思う。相手が左打者ということは確かだが、流れはベイの方に来ている感があったので小杉でも抑えられただろう。しかも相手左打者は昨年左投手からの方が結果を出していた打者だった気がする。今年は左に対する打率の方が低いようで起用が間違っているわけではないのだが、少し中途半端な采配だった印象が個人的には残った。
4番手は菊地。
8回1死からヒット、2塁打でピンチ。ここで満塁策。ここで何とか2人を抑える。
菊地ははっきり言って不安が大きすぎるが、課題の四球ではなくヒットでピンチを迎えたところが良かったのだろう。こういうところを抑えられるということは、この段階ではまだベイにも可能性がある流れだということか。
5番手は藤江。
9回を三者凡退。
藤江は完璧に抑えてくれた。ここは最後の攻撃のためにも絶対にしっかり抑えなければいけない場面だったので、三者凡退にできたのは素晴らしい。状態はまだ万全ではないと思うが、それでも力のある球を投げられるので、押し込めていることを考えると交流戦から信頼をおいてシビアな展開でも使えるようになりそう。

投手陣はブランドンが雨の影響かは分からないが、自滅の形で3失点。
しかしながら4・5回は踏ん張って5回3失点と“準”QS並みに試合は作った。
これで満足するわけにはいかないが、最低限役割は果たしたと言えよう。
救援陣もそれぞれが踏ん張ることができたのも同点に貢献したと判断する。
どこかで1点でも取られていたら負けていたはず、彼らが流れを渡さなかったのが良い。



―打撃陣―
スタメンは昨日の雰囲気を継承し同じメンバーを揃える。
1回1死から渡辺直が四球も、後続は倒れる。
*筒香は良い当たりだがバットの先。
2回は三者凡退。
*吉村はまた良い当たりもバットの先。
3回2死から荒波がヒットも、後続は倒れる。
4回は三者凡退。
5回2死から黒羽根がヒットも、後続は倒れる。
6回2死から筒香が四球、ラミレスがデッドでチャンス。ここで好調の中村がタイムリーヒット。しかし、吉村はまたバットの先。
*ここで1点取れなければ諦めざるを得ない展開だったが1点を獲れた。
7回は4球で三者凡退。
8回も三者凡退。
9回先頭のラミレスが今季初ホームラン、もちろん初の“ハマのラミちゃん絶好調”を披露。さらに中村が強振してレフトポール右側にホームラン。2死から代打・金城がヒットも、代打・森本は倒れる。

打撃陣は結果良く最終的に追い詰めることができたのは良かった。
おそらく6回に1点を取ったことが流れを変えたのだろう。
やはり頼りになる中村がポイント。

選手個人を挙げると、不振のラミレスに一発が出たのが何と言っても一安心。
結果的にこれが中村との連続ソロを呼ぶことになり、ゲームも価値のある引き分けになった。
これでラミレスが本来の姿になってくれると良いのだが、明日の試合は注目。
最後水を刺したようになった吉村だが、どの打席も悪くない。
本人も「やっと思いと体の動きが合うようになってきた」と感触も得ているようで、とりあえず現段階では吹っ切れてやっているのだろう。
少し精神的な弱さがあるので、最後倒れたのが明日から響かないかと心配したが、そこは金城が繋いでくれたので少しは和らいでいるのではないか。
問題なのは、7番に座る石川の内容が悪いこと。
ラミレスもこれで変わるのか不明だが、石川は今の打線で完全に浮いてしまっている。
こうなると、7番に彼を入れるなら藤田を入れた方が良いだろう。
考え方としては、慣れた2番に石川を戻してやり、渡辺直を下位打線に持ってきても良い。
ただ、せっかく筒香が3番にいるので、できるだけ出塁を期待できる状態の選手を上位に置きたいのも確か。
どちらを選択するか、監督の考え次第であるが、どちらかは選択しなければいけない状況になっているのではないか。



全体としては、試合前から敗戦濃厚かと思ったが、結局は「勝ちに等しい引き分け」。
ここでもう一発出れば今後とてつもない勢いが生まれた可能性もあり残念だが、さすがに守護神から3発打つのは厳しい。
ただ、これでも明日から勢いが付いてもおかしくない。
そういう意味でも、明日は注目すべき試合であり、なかなか見られないファンの方々にも是非貴重な時間を割いて試合を見て欲しい。

ところで、私が感動したシーンは実のところ2連発ではなく、吉村の気迫のヘッドスライディング。
確かにここでサヨナラソロを期待してしまっていたのだが、痛烈な当たりもゴロとなってしまったのは残念である。
ただ、吉村はヘッドスライディングで気迫を見せ、その後の表情がまた素晴らしかった。
あんなに気持ちが入った吉村の表情を見るのは久しぶりである。
彼の打撃も明日の注目ポイント。


横浜ベイスターズブログランキング:5位/野球ブログランキング:80位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加していますので、今回の記事について評価をしてくださる方はクリックお願いします。
多くのファンの方により有益な情報等を提供できるよう努力いたしますので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<ペナントレース第27戦、VS中日。 | ホーム | ペナントレース第25戦、VSヤクルト。>>

コメント

bay love です、こんばんは
やっとラミレスにまともな当たり ホームランが出ましたね、中村も文句なしの当たりで続いて
3連発があるかと思いましたが、吉村(少し怒り)
1球目のど真ん中の甘い球を何を逃している(怒り)
どうでもいい時は1球目から凡フライを打ち上げているのに、、、あの場面はいけいけで体がよじれるくらいにバットを振ってほしかったですね

まー贅沢を言ってもしょうがないので、不調だったラミレスに文句なしのHRが出たのが何よりの収穫でしょう 負けなかったし、、、

やはり筒香に今日はヒットが無かったですが、何気に3番に座る事でマークが分散されると言うか筒香、ラミレス、中村、と言う並びは楽しみがあるかも

明日は今日の流れから三浦に2点以内に押さえってもらって勝ってほしいところです

ただ正直いうと吉村の歌舞伎投げサヨナラHRが見たかったというのが、全ベイファンの気持ちでしょう

まあ筒香が復帰して負けてないのでやはり何か持っているのか、、では又。。。

2012-05-04 Fri 20:37 | URL | bay love [ 編集 ]
僕もヨッシーのヘッドスライングには感動しました。
あの、おとなしいヨッシーが2試合続けてヘッドスライングするなんて・・・
アウトになってしまいましたが、一塁ですぐ立ち上がれ無かった所を見ると、相当悔しかったと思います。
その悔しさをバネにして明日からも頑張ってほしいです!!

※恒例のデータ分析は今回はお休みさせていただきます

前回、名古屋ドームで中日と対戦したときに対岩田投手のデータを載せたので、それを参考にして頂けたら・・・

しかし、それだけでは物足りないので、何点かまとめて書きます。
1.金城選手とは相性が良い(6-3 .500 HR1)
2,石川選手とは「凡打」か「四死球」のどっちかという面白いデータ
3,荒波、中村、吉村は無安打で岩田投手とは相性は悪い
4,筒香、ラミレス、黒羽根とは初対戦。
5,渡辺選手とは(4-1 .250)で相性はまずまず。

三浦投手に関するデータ
1,中日相手に四死球15個(控え、堂上剛選手に1個なので、スタメン選手には14個の四死球)
2,平田選手にHR1,ブランコ選手にHR2
3,下位打線は抑えてる。
4,荒木選手にはかなり打たれてる(14-5 .357 四死球5)

番長が最小失点で抑えるには、今日のブランドン投手のような無駄な四死球を出さない。
荒木選手の前にランナーを溜めない。
ホームランに気をつける!!

今日は勝ちに等しい引き分けでしたが、明日は打って抑えてスッキリ勝ちましょう!!
勿論ヨッシーの1発にも期待して!!
(3試合連続のヘッドスライングはあるか!?(笑))
気迫を見せてくれ!!!!!!
2012-05-04 Fri 21:11 | URL | 亮祐 [ 編集 ]
bay loveさんへ

確かに吉村の1球目は甘かったですね。
ただ、あれを打ち上げて内野フライとかになったらそれこそ批判されそうな…。
とは言っても、見逃す球ではありませんでした。

本当にラミレスはようやく、ですね。
これも筒香効果なのか。

明日こそは勝ちに等しい引き分けではなく勝つ試合を見たいですし、明日勝てばその後の勢いも付きそうですから大きな意味合いがあるゲームになりますね。
2012-05-04 Fri 21:18 | URL | baystars fan [ 編集 ]
亮祐さんへ

本当は3発目を期待していましたが、あのヘッドスライディングでも価値があるでしょう。
問題は明日に繋がるかどうか。

三浦は確かに中日戦でよく四球を出している印象があります。
ためてホームランが気をつけなければいけない最大のポイントですね。
ただ、このカードでは三浦の場合、昨年からそんなに点数を取られるところは見ないので、7回3失点くらいにはまとめてくれると見ています。

あとは、これに上手く打線が噛み合うかですね。
もちろん気迫を見せただけでは終われない吉村にも期待ですし、一発出たラミレスの復調など見どころも多い。
明日は重要な試合になるでしょうから、一段と気合を入れてこちらも応援しましょう。
2012-05-04 Fri 21:24 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。