ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ペナントレース第40戦、VS日本ハム。

今日の見どころ・・・石川の打撃。

横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:123位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加していますので、今回の記事について評価をしてくださる方はクリックお願いします。
多くのファンの方により有益な情報等を提供できるよう努力いたしますので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。


1-3、ジオが負傷緊急降板。

<スタメン>
1 荒波(中)4-0
2 森本(右)3-1、1四球
3 筒香(三)4-0、2三振
4 ラミレス(左)4-3、1打点
5 中村(一)4-2
6 一輝(左)3-1
7 石川(遊)3-0、1四球
8 黒羽根(捕)2-0
9 サラサー(二)2-1

<途中出場>
金城2-0
藤田1-0
鶴岡
下園1-1
小池1-0

<継投>
先発:ジオ(2/3回、3被安打、2失点)
2番手:林(2・2/3回、3奪三振、2被安打、1失点)
3番手:菊地(2/3回、1奪三振、1被安打、無失点)
4番手:加賀(1回、2奪三振、1被安打、無失点)
5番手:藤江(2回、1奪三振、1与四球、無失点)
6番手:山口(1回、1奪三振、無失点)



試合詳細




―打撃陣―
スタメンにサラサーを復帰、石川をショートへ。
1回は三者凡退。
2回1死から中村がヒット、一輝のボテボテのゴロで進塁打としてチャンス。石川が際どいコースを見逃し四球を選ぶも、黒羽根は倒れる。
*石川の見逃し方が良くなっている。
3回2死から森本が四球も、筒香は三振。
*相変わらず筒香がストレートに振り遅れる。
4回先頭のラミレスがヒット、中村の3-2カウントでエンドランの形になり進塁打でチャンス。一輝が詰まったがヒットも、ラミレスの動ける当たりではなく1・2塁。しかし、後続は倒れる。
*石川が粘れると良かったが。
5回先頭のサラサーがヒットも、荒波は封殺。ここで森本がポテンヒットでチャンス。しかし筒香はボテボテのゴロ、2・3塁にはなる。ここでラミレスが簡単に追い込まれながら流し打ちタイムリーヒット、ただ2塁の森本が突っ込みかわして2点目かと思いきやベースにタッチしていない判定でアウト、1点止まり。
*次が中村であることを考えれば、思い切って突っ込まなくても良かったのでは。
6回先頭の中村がヒットも、結果的には後続で盗塁死。
7回は三者凡退。
8回2死からラミレスがヒットも、中村は倒れる。
9回先頭の代打・下園がヒットも、後続は倒れる。

打撃陣は結局1点しか取れなかった。
2・4回のチャンスで得点が取れず、5回には1点を取ったが無理に突っ込んだような走塁で2点目は入らず。
さらに6回以降もチャンスはあったが、得点には至らず。
何となくだが、6・7番の組み方や結果によってかなり大きく得点の数が左右されている気がする。
今日は一輝・石川の2人だが、合わせて6-1・1四球。
4・5番が8-5という成績もあるように、やや上向きになってきているように見えるので6・7番の能力がかなり重要になってきている。
石川は指名打者制なら9番で固定し、7番にサラサーの方が良いように思う。
元々石川は好調でも得点圏では強くない野手。
7番サラサーでも物足りないが、森本がスタメン復帰から少し状態を上げてきているだけに外して吉村や小池を入れるわけにもいかないとなれば、7番にサラサーあるいは藤田あたりを使うしかないだろう。
渡辺直が復帰すれば、勝負強さもあるので7番を任せられるのだが…



―投手陣―
先発は不安定なジオ。
1回先頭に内野安打、1死からタイムリー3塁打。2死から痛烈な打球を、中村に捕ってもらうがベースカバーが遅れすぎタイムリー内野安打。ここでジオと相手稲葉が接触してしまい、ジオは緊急降板。
ジオは結局自らのベースカバーの遅れで失点をしたと同時に降板することになってしまった。ある意味自業自得ではあるが、大きな怪我出ないことを祈るしかない。
2番手は林。
1回2死1塁から後続を三振。
2回を三者凡退。
3回1死からヒットも、後続にエンドランをされたが林が反応してライナー併殺。
4回1死から3塁打でピンチ。
林はこれまでイニングを跨いだことはなかったと思うが、今日は緊急登板ながら見事な投球をしてくれた。林に先発をやらせるという話は聞かないが、これからどうやって使うのか良い意味で迷う可能性も感じる。私は篠原もあまり計算できないし、大原慎などは下にいるので、貴重な左腕リリーフとしてより良い場面で登板するチャンスを与えて欲しいとは思う。1軍に最初上がっていた時に1試合押し出しをしてしまって抹消されたが、復帰してからというもの良い球を投げ続けている。
3番手は菊地。
4回1死3塁から、犠牲フライを打たれる。この後、ヒットを打たれるが、後続を抑える。
菊地は本当によく分からないと何度も言っているが、抑えているようで抑えていないのか、抑えていないようで抑えているのか。もう少し球威が出てくれば抑えている印象の方が強くなるだろうが、なかなか“全盛期”には戻り切らない様子。
4番手は加賀。
5回1死からヒットも盗塁阻止。
加賀は黒羽根に助けられたこともあって、しっかりと抑え切った。こういう場面で使うのは勿体ないのだが、味方が得点をした後の重要な裏の回だった。
5番手は藤江。
6回先頭に四球も、後続を抑える。
7回を三者凡退。
藤江は相変わらず頼りになろう。彼が復帰してから救援陣がまともになってきている印象。
6番手は山口。
8回を三者凡退。
山口も状態を上げてきて信頼できるようになってきた。前回も言ったが、こういう場面が続いてしまっているのが残念。

投手陣は何せ先発のジオが1回途中で降板してしまったため、かなり厳しい継投になってしまった。
ただ、林がかなり頑張ってくれ、菊地の後は勝ちパターンの投手をつぎ込むことで何とか3失点に留めた。
こういう試合はしたくないが、交流戦で良かったとしか言いようがない。
本当なら田中あたりを投げさせてロングリリーフさせるべき試合だったろうが、小林太も田中も昨日投げている。
そんな中で林がよく踏ん張ったと思う。



全体としては、ジオが1回途中で降板してしまったのが全て。
ただし、打線の繋がりが改善されないと、いくら先発が安定して長いイニングを投げても厳しい。
1番の荒波が粘りは消えていないものの不調気味、森本がやや状態を上げてきているが、筒香が厳しい状態。
こうなると、好調のラミレスと勝負強い中村が全く生きない。
さらに6番以降もあまり当たっていないとなれば、4・5番の2人で2ランでも打ってくれないと得点にならない。
もう1度、6番に吉村を戻して起爆剤にさせても良いが、そうなれば森本を外さざるを得ない。
あるいは荒波を外すという手も考えられなくはないが、荒波は守備での貢献もある。
さて、中畑監督はどういう起用を試みるのか。


横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:123位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加していますので、今回の記事について評価をしてくださる方はクリックお願いします。
多くのファンの方により有益な情報等を提供できるよう努力いたしますので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<先発ローテに黄信号。 | ホーム | ペナントレース第39戦、VS日本ハム。>>

コメント

今のベイスターズの置かれた状態で育成しながら勝てるほど甘くないのでは~しかし勝つことにこだわらすにどんなに負けてもと割り切れれば育成重視でいけば良いのだが~そこのところが中途半端かと~しかしプロであるなら勝つことを重視して最善策を取るべきかと~与えるのではなく勝ち取るものですよ
2012-05-23 Wed 23:14 | URL | 大助 [ 編集 ]
bay love です、こんばんは
ブランドンに続いてジオまでが故障2人の故障の具合はわからないが、三浦と高崎しかいない今の現状では 加賀を前に回し(藤江もか)2軍から調子が良さそうな牛田をセットアッパーに上げるべきか
加賀美もわからないが早くあがって来てほしい投手
とにかくまともに1軍レベルの投球が出来ている先発が2人では(昨日の小林は論外) 小林の件ですが他のブロガーが小林を先発の1番手にするべきというピントはずれのブログを書いていたが、シュート回転のボールを大体でストライクゾーンに投げている投手が1軍の先発で通用するわけ無くまったくあきれるばかり(笑)

とにかく今日の試合も勝てるという瞬間は1秒もなく
今の現状を早く脱出しないと本当に100敗するかも

筒香は確かに本調子ではないかも知れないが、筒香をもしはずすなら代打とかではなく、2軍で再調整させるべき、中途半端なことをする器の選手ではないはず
荒波が下降気味なので、ここは一度スタメンからはずし(好きなタイプな選手なのでがんばってほしいが)小池をしっかりスタメンで左、右関係なく4打席たたせてほしい、このままでは小池まで実戦感がなくなりぼろぼろになってしまうのではないか
とにかくベイスターズは大ピンチなので今こそ首脳陣の腕の見せ所 白井コーチあたりがいいアイデアを出しそうだが はたしてどうなるか  では又。。



2012-05-23 Wed 23:27 | URL | bay love [ 編集 ]
大助さんへ

確かに育成と勝利の両立は難しいですね。
どこまで両立できるかというのも見どころですが、まだ育成に偏るのは早いと言えば早いですかね。
問題はチームとして割り切っているのかどうか、でしょうか。
ただ、実際にはベテランも多く使っているので、割り切っているようには見えませんが。

要するに、ある程度我慢するところは大事なのですが、全く打てなさそうな選手を使うのはどうかということになるのではないでしょうか。
2012-05-24 Thu 07:56 | URL | baystars fan [ 編集 ]
bay loveさんへ

先発は厳しくなってきましたね。
ジオは一度抹消され10日での復帰を期待されているようです。
また、ブランドンは試合中の情報だと今月末には戻れるらしい。
とりあえず、次のカードの楽天戦では先日5回3失点の藤井と中6日の高崎でしょうか。
すると、オリックス戦では中6日の三浦が1戦目に投げることになります。
問題は2戦目ですが、ここは小林太にもう1度チャンスを与えるか、同じくロングでリリーフで結果を出す田中を回すかしたら間に合います。
そうなると、問題はソフトバンク戦です。
中4日で藤井・高崎というわけにはいかない気がします。
次回結果を出しても、藤井はベテラン。
高崎には中4日でも良いのかもしれませんが、場合によってはその次の登板も中4日になりかねません。
となると、ここは1戦目に他の誰かを先発させ、2戦目に藤井を中5日で投げさせるのがベストでしょうか。
ここで前述のブランドンが還ってくれば1戦目に登板させてローテを回すことができますね。
ただし、それも不確定ですが、藤井が次回結果を出すのかということも不確定。
仮にどちらもダメとなると、非常に厳しいですね。
加賀を先発に回すか、2軍にいて前回ファームで7回無失点だったらしい山本あたりを上げるかしないと、仮に中4日で高崎を入れても厳しい。
さらに、長期的には田中やブランドン、藤井など不安要素も大きい。
幸いにして今のところ、藤江の状態が良いのでセットアッパーを任せられますし、左腕の林も良い球を投げられます。
抑えの山口も調子は上向きなので、加賀を先発に一時的に回しても良い。
2軍にいる加賀美、小杉といったあたりを投げさせる手もあるので、首脳陣がどう考えるかですね。
このあたりはもう少し調べてから今夜あたりでも特集したいと考えていますので、そちらで議論できれば嬉しいです。

筒香は代打というのは中途半端ですね。
英才教育するならするでスタメン、しないならしないで試合経験ということで2軍とはっきりするべきでしょう。
荒波の件は私の考えだと、指名打者制とそうでない時との区別をした方が良いと思っています。
つまりラミレスをレフトに起用するならそこを補完しなければならないわけで荒波を使わざるを得ないと考えますが、指名打者制ならレフトに森本を使うような状況ですから外しても構わないのではないでしょうか。
小池、そろそろ使ってあげたいですね。
昨日スタメン入りした一輝とかぶっている感があるのですが(笑)。
ただ、勝負強さは小池の方があるので、6番に小池を置けるなら心強いかと。
また、荒波を外した時の1・2番はどう組むのかも問題になります。
梶谷と森本を使ってみるか、石川と森本なのか、まさかのサラサー1番など、色々と試す必要が出てきそうな気がしますね。
2012-05-24 Thu 09:26 | URL | baystars fan [ 編集 ]
6梶谷
7森本
3中村紀
Dラミレス
9金城
3筒香
4サラサー
2黒羽根
8荒波

これが今のベストオーダーかと
2012-05-24 Thu 11:51 | URL | かなた [ 編集 ]
かなたさんへ

だいぶ弄りましたね(笑)
指名打者制でのベストオーダーですか。

1番に状態の上がり気味な梶谷を入れ、9番に結果が出なくなってきた荒波。
ここはまさに現状でベストオーダーということが反映されています。
私もこれは良いのではないかと思っています。
荒波を外すのは守備面から問題がありそうな気がしましたが、これならその懸念もないですし。

次は3番に中村を入れ、6番という下位での筒香。
これもまさにベストオーダーですね。
状態を考えれば、良い感じがします。
今の筒香の状態だと、1・2番が作るチャンスを無駄にしかねませんし、筒香も気楽な打順で打てることにはなります。

一番気になったのが5番金城です。
確かに金城は良い打球を打っていることも多いのですが、得点圏で元々そこまで強い打者ではない上に今季は何と.053。
打席数がまだ少ないと言っても、さすがに5番に置けるだけの勝負強さがあるとは言えません。
6番に筒香がいるので、中村・ラミレスでのチャンスメイクでも何とか期待は保てますが、筒香の今の状態だと現状の打線と同じような攻撃が多くなってしまうかもしれません。

ただ、状態の良い人と悪い人をしっかり区別して使う、という全体の方向性は重要ですね。
かなたさんのような発想が必要だと考えます。
2012-05-24 Thu 17:27 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。