ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

先発ローテに黄信号。

さて、ジオが負傷降板でそのまま一時抹消されるらしい。
果たして先発ローテをどう組むのか見ものですね。


横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:115位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加していますので、今回の記事について評価をしてくださる方はクリックお願いします。
多くのファンの方により有益な情報等を提供できるよう努力いたしますので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。
(セ・パ交流戦、日本ハム3-1DeNA、2回戦、日本ハム2勝、23日、札幌ドーム)DeNAのジオが一回途中に左太もも裏を痛めて降板した。1点を先制され、さらに2死三塁で稲葉の一塁へのゴロでベースカバーに入った際に体勢を崩して転倒。右腕は続投の意志を示したが、大事を取って交代となった。
病院には行かなかったが、治療に専念するため出場選手登録を外れることが決まった。先発陣が手薄になっている中でジオの離脱は誤算で、中畑監督は「(再登録できる)10日の目安で帰ってきてくれることを期待しています」と話した。(共同)


さて、昨日1回途中で降板したジオは一時抹消されるようです。
一応大事を取ってのことらしいですが、ブランドンも離脱中ですし、国吉は2軍と非常に厳しい状況になりました。

そこで本日は先発陣をどう組んでいくか検討してみたい。

まず、直近のスケジュールを確認します。
24日:移動日
25・26日:vs楽天
27・28日:vsオリックス
29日:移動日
30・31日:vsソフトバンク

さて、これを基に先発陣を当てはめていきます。
あくまで想定に過ぎませんが。

25日:藤井(中7日)⇒確定
26日:高崎(中6日)
27日:三浦(中6日)
28日:?
30日:?
31日:?

これを見て分かるように、25~27日までは維持できます。
ただ、28日からは検討が必要ですね。


では、28・30・31日の先発陣をどう組み合わせていくか各日に分けて検討しましょう。

<28日>
現1軍登録先発候補:小林太(中5日)、田中(中5日?)
―28日はとりあえずこの2人のどちらかを投げさせるのがベストではないでしょうか。
個人的にはロングリリーフで頑張る田中を推したいですが、小林太もまだ今季初先発の1試合だけですから、もう1度チャンスは与えてやりたい。
どちらにせよ、この2人のどちらかを投げさせるのが登板間隔から言っても妥当では。
もちろんどちらもロングリリーフとして、ということも考えられますが、せっかくロングリリーフで頑張ってきた2人なのでチャンスを与えるべき。

<30日>
現1軍登録先発候補:小林太(中7日)、田中(中7日)、加賀(中6日?)
2軍先発候補(ファーム公式戦直近の結果):山本(17日7回無失点)、小杉(19日5回4失点)、国吉(20日4回2失点)、ブランドン(23日5回無自責点)、加賀美(23日2回無失点)
―さて、この日は28日に投げなかった小林太か田中のどちらかもう一方を先発させるのが第1案になります。
私であれば、小林太にも田中にもチャンスを与えてあげたいので、この2人で28・30日を任せたいと考えています。
ただし、候補としては他にも挙げることは可能です。
それが先発経験のある加賀や2軍先発投手。
この日の登板を考えた時に、まず加賀を先発に回すなら中6日となります。
もちろん明日・明後日と登板があれば間隔が狭まってきますが。
さらに2軍の投手陣を見ると、一番日程と状態の兼ね合いが良さそうなのがブランドンでしょうか。
ブランドンはファーム23日に先発しているので、この日に合わせると中6日で登板できます。
ということで、加賀・ブランドンあたりを起用することも可能でしょう。

<31日>
現1軍登録先発候補:藤井(中5日)、高崎(中4日)、加賀(中7日?)
2軍先発候補(ファーム公式戦直近の結果):山本(17日7回無失点)、小杉(19日5回4失点)、国吉(20日4回2失点)、ブランドン(23日5回無自責点)、加賀美(23日2回無失点)
―さて、この日が最も困る日になります。
と言うのも25日に藤井が登板することは前回5回3失点だけに納得ですが、25日の登板次第では31日の先発がなくなってしまうかもしれません。
そうなると、第2案としては高崎を中4日で投げさせる手もあるのですが、極力中4日は避けたいとなれば、1軍にいる過去先発の経験がある加賀を先発に回すのか、2軍にいる先発候補を回すのかということになります。
そこでまた2軍にいる主な先発候補の最近の投球結果も合わせて載せてみました。
これを見ると、31日にちょうど良い登板間隔で回ってきそうな投手であり、なおかつ結果を出している投手が複数挙げられます。
それは近々もう1試合ファームで先発しそうな山本と23日に投げていてそのまま1軍復帰なら中7日のブランドン。
山本の場合はファームで25日に先発するのなら、中5日で31日を迎えられます。
もう1人、加賀美もあり得ますが、23日は先発でなく2回しか投げていません。
ということで、先発調整にはもう1試合ファームで投げさせるべき。


以上のことを踏まえて、私がこの6戦で組むローテは…
<私案>
25日:藤井(中7日)⇒確定
26日:高崎(中6日)
27日:三浦(中6日)
28日:小林太(中5日)
30日:田中(中7日)
31日:藤井(中5日)or山本(中5日?)orブランドン(中7日)

28日はやはりもう1度くらいはチャンスを与えたいので小林太に任せます。
30日にはロングで頑張っている田中にチャンスを与えます。
31日は今のところは藤井ですが、これは次の登板の結果に依ります。
藤井がダメなら、まだ予定に過ぎませんが、25日にファームで登板すれば山本を上げたい。
ただ、その山本がその後の試合に登板したり、結果が悪かったりすれば、ブランドンを上げたいと思います。
ブランドンには本当ならもう1試合はファームで調整してもらいたいと考えます。
もちろん考えようによっては、リリーフの加賀を回すことも考慮されるべきです。
ただし、現状の1軍リリーフ陣を見た時にセットアッパーを任せられそうなのが藤江と林、クローザーの山口といますが、篠原の状態が微妙で、さらに菊地なども不安定なことが気になります。
基本的にセットアッパー2人+クローザー1人が確立していればある程度は大丈夫という認識を持つべきでしょうが、林もまだ計算できませんし、先発が早くにマウンドを降りた時の接戦も想定しなければならない。
とすると、加賀の存在は救援陣に必要なのではないでしょうか。

ここまでは何とか回すことができそうな気はします。
ただ、この6日が終わり、6月に入ってからのローテがかなり影響を受けますね。
もしかすると、6月1日にはまた特集をやらなければいけないような状態になっているのかもしれません。
想定すべき最悪のシナリオとしては、まずは藤井・小林太がともに炎上してしまうことでしょうか。
田中は1度炎上しても、もう1度チャンスを与えてあげることもできますが、この2人の場合はそうもいかないような。
さらに重なりかねないのは藤井の代わりに31日に上がってきた山本やブランドンといったところも炎上するという可能性。
こうなってしまうと、6月からのローテが非常に厳しくなり、加賀を先発に回すなど緊急措置的な話をしなくてはなりません。
下手すると、短いイニングで初回から繋ぐ野球もしなければいけなくなります。
果たして、来週末はどんな状況になっているのでしょうね。


横浜ベイスターズブログランキング:6位/野球ブログランキング:115位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加していますので、今回の記事について評価をしてくださる方はクリックお願いします。
多くのファンの方により有益な情報等を提供できるよう努力いたしますので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ特集 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<ペナントレース第41戦、VS楽天。 | ホーム | ペナントレース第40戦、VS日本ハム。>>

コメント

bay love です、こんばんは
現時点で最重要課題ですね(笑)
まず現時点で1軍レベルで先発できる投手を選んでみます

1) 三浦
2) 高崎
3) 藤井 
4) 加賀
5) ブランドン (2軍でも毎回ヒットの現状では厳しいかも)
6) 田中
7) ジオ

くらいでしょうか、、、
藤井までは何とかなりそうですが、
まあ~不幸中の幸いというか交流戦なので休みが多いので,私的意見としては 早急に加賀を先発に戻すべきだと思います
加賀をこのままセットアッパーのまま使い続けることは選手寿命をちじめることにしかならない事に早く首脳陣も気がつくべきです(2010年の好投を評価すべき)
とにかく試合を作る事がまず大事な事で、セットアッパーは藤江、篠原、林、菊池、小林、がいるので 牛田を一軍に上げればなんとかなるかと
3-0とか3-1とかになると非常に劣勢になる今のベイスターズの打線では5,6回を最悪でも2-0くらいで負けている試合を作らなければならないわけで
逆算すれば小林を先発という事は避けなければならない状況だと思います
江尻も2軍で投げ始めて、加賀美も2イニングくらいを投げ始めてます、パリーグに勝とうがセリーグに勝とうが一勝は一勝で8月くらい勝負に長い展望で見なければならない時期が来ていると思います

小杉が一軍に上がってくるらしいがどうなることか??(あまり現時点では評価していないが)
2012年のベイスターズには優勝という事は」誰も期待していないので、2013,2014年につながる
選手起用をしてほしい所です
今こそ加賀を先発に加賀美を一軍に田中を先発に使ってほしい所です、須田も2軍で5回ノーヒットに抑えているらしいので早く一軍にがって来てほしい、とにかくこうなっては目先の一勝より来年に繋がる采配を期待したいところです
荒波1番、筒香3番 厳しい所があるかもしれないが200切るまでは使ってほしい所ですがどうなるか

では又。。






2012-05-24 Thu 22:01 | URL | bay love [ 編集 ]
bay loveさんへ

私の場合は救援陣がまだ不確定要素が強いだけに、加賀をリリーフにと考えています。
ただ、仰るように安定した投球が期待できるのは加賀なんですよね。
何気に、牛田がどんな状態で上がってきてくれるのか、によって私の考え方は大きく変わりそうです。

先発・加賀となると、以前から指摘されているように嫌なところで失点してしまうということが気掛かり。
だからあの勝敗だったわけですから、そのあたりを改善できるのか。
もし改善できないとなると、打線がいっそう波に乗れなくなってしまう可能性も。

小杉については、良くはなっている投手ですのでチャンスは与えたいですね。
ただ、その前に加賀美など使うべき投手はいます。
小杉には何度か投げさせてますし。
須田、忘れてました(笑)。
久しぶりに見たいですが、成長を見せてくれるでしょうか。

荒波・筒香の1・3番については、私ももう少し我慢するべきだと感じます。
幸い2番の森本、4番のラミレスと、彼らの後を打つ打者が結果を出していますので補完はできるかと。
それより変えなければいけないのは、6番以降なのではと思いますね。
ここにかなりチャンスが供給されるようになりましたので、勝負強い小池など使って得点を狙うべき。
場合によっては、6番に森本を入れ、2番に少し調子の上がり気味な梶谷を使っても良いのかもしれません。
とにかく、もう一息、荒波と筒香は見守りたい。
2012-05-24 Thu 22:31 | URL | baystars fan [ 編集 ]
小林太がスレッジに打たれた満塁ホームランの画像を見る限り、低めのボールになるチェンジアップだったので、その前後の制球ミスを踏まえると難しいところですが、鶴岡のリードにも問題があるように思います。
だからもう一度チャンスを与えて欲しいです。

ジオ、ブランドンが戻ってくるまで開き直って若手を試してみても良いようには思います。
個人的には眞下、アトリに期待しているんですが。

今年の自分の見方は勝利より育成優先になってしまっているのかもしれません。今年のペナントを諦めたわけではないんですが…
但し育成は若手のみならず外国人の日本の野球に順応させるのも含みますが。

2012-05-26 Sat 20:25 | URL | ハマの食いしん坊 [ 編集 ]
ハマの食いしん坊さんへ

確かに鶴岡のリードにも問題のある試合だったと私も思っています。
スレッジの打席だけに留まらなかった記憶がありますが、黒羽根との相性も見なければいけませんね。

ジオ、ブランドンはそのうち帰ってきそうですが、若手の試す良い機会ですよね。
そういえば、眞下がいたのを忘れてました。
あまりファームでの成績は良くないようですが、久しぶりに見たいですね。
阿斗里は先発だと良い投球ができそうなイメージがありませんが、眞下は先発向きだと思います。

私もどちらかと言うと、チームの方針も育成優先っぽいこともあって勝利より育成向きな評価が多くなっている気がしますね。
確かに勝利が優先されるべきかもしれませんが、目先の1勝より後の2勝という感じになっています。
2012-05-26 Sat 21:41 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。