ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

(修正)ペナントレース第54戦、VSオリックス。

今日の見どころ・・・王の先発2試合目。

横浜ベイスターズブログランキング:10位/野球ブログランキング:170位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加していますので、今回の記事について評価をしてくださる方はクリックお願いします。
多くのファンの方により有益な情報等を提供できるよう努力いたしますので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。


4-5、攻め切れずも自滅の試合。

<スタメン>
1 荒波(中)4-0、1四球、1盗塁
2 石川(二)5-1、2三振
3 中村(一)2-2、2四球
4 ラミレス(左)3-2、1本塁打、2打点、1四球
5 筒香(三)4-0
6 金城(右)4-1、1打点
7 藤田(遊)4-0
8 鶴岡(捕)2-0、1四球
9 森本(左)3-0

<途中出場>
下園1-0
吉村1-0

<継投>
先発:王(2回、2奪三振、2被安打、5与四死球、4失点)
2番手:小杉(3・2/3回、5奪三振、1被安打、1与四球、1失点)
3番手:林(1/3回、1被安打、無失点)
4番手:篠原(1/3回、無失点)
5番手:加賀(2/3回、無失点)
6番手:小林太(1/3回、2与四球、無失点)
7番手:菊地(2/3回、1奪三振、無失点)



試合詳細



―打撃陣―
スタメンに9番で森本を起用。
1回2死から中村が四球も、ラミレスは倒れる。
2回は三者凡退。
3回も三者凡退。
4回1死から中村がヒット、するとラミレスが低めを引っ張り2ラン。
*ここで3・4番が活躍。
5回は三者凡退。
6回1死から石川がヒット、中村が四球でチャンス。するとラミレスが四球を選ぶが、5・6番が倒れる。
*このチャンスに内野フライは拙い。
7回は三者凡退。
8回2死から中村がヒット、ラミレスがヒットでチャンス。すると筒香の打球で相手ファースト山崎が悪送球してしまい、中村が生還。さらに金城がセンター返し、3塁走者梶谷が生還も筒香は3塁で止まる。しかし、藤田は倒れる。
*筒香に突っ込ませても良かったのでは。
9回2死から荒波が粘り四球、盗塁でチャンス。しかし石川も粘るが粘り切れず倒れる。

攻撃陣は結局6回の満塁、8回の筒香の走塁の判断、この2つがかなり響いた様子。
この2つにどちらも絡んでいる筒香を責めるのは酷かもしれないが、1死満塁で内野フライ、2死での2塁走者としての消極性は改善すべき点だろう。
一方で最終回もチャンスを逃しているが、これは荒波・石川両者とも素晴らしい粘りを見せてくれたので十分だと個人的に思う。
ただ、1つ触れておかなければいけないのは、先発があれでは流れも悪いので攻めきれなかったのも無理はない。



―投手陣―
先発は王、あたふたしなければ抑えられそうな球はある。
1回先頭にデッド、送りバントでピンチ。するとまた四球を出すと、後続に3ランを打たれる。さらに2死から死球を出すが抑える。
*何というピッチング。
2回先頭に四球、送りバントでピンチ。するとヒットの後、内野ゴロで封殺となり1点を与える。
*何も1回と変わらない印象。
王は何を修正してきたのかと思ってしまうピッチング。前回も先頭を出すことが課題としてあったが、今回も2イニング続けて先頭を、しかも四死球で出してしまった。前回の5回の反省も生きておらず、次の機会がスムーズに与えられるだろうか。2回で交代させたのは、ムチという意味で正しい采配だろう。これが2軍で良い球がありながら成績がそこそこの理由だと考えられるが、非常に勿体ないので必ず修正してほしい。コントロールはなかなか良くするのは難しいかもしれないが、とりあえず突っ張って投げるのを直した方が良さそう。角度はあるが球速はそんなにないので、ストライクゾーンに入っても高めに来る球が多いと痛打になる。
2番手は小杉。
3回1死から四球、暴投でピンチ。しかし後続を抑える。
4回2死から中村はエラーを犯し、盗塁でピンチ。しかし後続を抑える。
5回を三者凡退。
6回1死からヒット、送りバントでピンチ。
小杉はゲームを立て直してくれたと言える。特に4回のエラーを救ってあげられたのが良かった。もしここで失点していたら、完全に4回の2点がふいになってしまう。そろそろ先発の機会をもう1度あげるべきか。
3番手は林。
6回2死2塁からスライダーが甘めに入りタイムリー2塁打。
林は痛い失点をしてしまった。おそらく彼もワンポイント向きの左投手ではないが、ここは大事な場面だったと思われる。抑えたか抑えられなかったか、によって次回の起用法も変わりかねない。せっかくセットアッパーの位置を奪えそうなところまでアピールしてきたのだから、こういったピッチングをしてしまうのは本人にとっても悔しいだろう。
4番手は篠原。
7回先頭を抑える。
篠原をワンポイントで起用してきたが、必要あったのだろうか。とりあえず篠原は抑えたので良いが、1人多く使うのは長期的に見て少しずつマイナスを生ずる。もし相手打者を右打席に立たせたいのなら、林を続投させて直接加賀にスイッチすれば良かったのではないか。
5番手は加賀。
7回1死から、後続を抑える。
加賀を出すのは少し勿体ない気はするが、抑えてくれたことに関しては文句はない。ただ、加賀にとっても負担となる起用だろう。
6番手は小林太。
8回先頭に四球、送りバントでピンチ。また四球を出してしまい交代。
小林太は何をしに来たんだという結果になってしまった。確かに1点ビハインドで良い投球ができる投手ではないが、先頭に四球だけは避けなければいけない。
7番手は菊地。
8回1死1・2塁から、後続を抑える。
菊地はよく踏ん張った、もしここで点を許していたら、この時点で負けが決定していた展開。

投手陣は使いすぎの感はあるが、問題なのは先発の王とリリーフで小林太。
この2人は何のために投げているのか考えているのか疑問に思ってしまう。
王の1回先頭のデッドは抜け球として許してあげなければいけないのかもしれないが、それに続いて2回の先頭への四球では救いようがない。
2回で降板させてしかるべき、小林太も回の途中で降板させてしかるべき。
これなら次の登板機会の前に1度落とされても文句は言えない。
全体で4被安打も、8与四死球では勝てない。



全体としては、負けてこれまたしかるべきの試合。
これで勝ったらそれはそれで素晴らしいが、勝ったら反省も薄れてしまいかねないので負けて良かったかもしれない。
確かに勝てるチャンスはあったので、仕留めなければ上位には行けないが、これが次の2勝に繋がるなら良い。

ただし、チャレンジはしてほしかった。
特に8回の筒香の走塁、私も含めて多くのファンが突っ込ませると思ったのではないか。
これは突っ込ませても、アウトで責める人はいなかったはず。


横浜ベイスターズブログランキング:10位/野球ブログランキング:170位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加していますので、今回の記事について評価をしてくださる方はクリックお願いします。
多くのファンの方により有益な情報等を提供できるよう努力いたしますので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<ペナントレース第55戦、VSソフトバンク。 | ホーム | ペナントレース第53戦、VSオリックス。>>

コメント

あと少しでしたね

今日の捕手は~鶴岡だったのでは?

どうも~コントロールの悪い投手と鶴岡の相性が、悪いような感じもあるのですが?
2012-06-14 Thu 23:14 | URL | 浜太郎 [ 編集 ]
浜太郎さんへ

ご指摘ありがとうございます。
最近の癖で黒羽根と記述してしまいました、修正させて頂きました。
今後も何かとミスがあるかと思いますが、ご指摘頂ければ幸いに思います。

試合としてはよく粘りましたし、仰る通りもう少しでしたね。

鶴岡のリードの件、私もそのように以前から感じます。
かなり要求が細かい印象があるので、ある程度のコントロールがなければ応えられないですね。
ただ、かねてよりコメントを頂いているbay loveさんがご指摘されているように、左腕のリードに向いているかもしれません。
今回の王の投球では、黒羽根がリードしても変わらなかったでしょう。


> あと少しでしたね
>
> 今日の捕手は~鶴岡だったのでは?
>
> どうも~コントロールの悪い投手と鶴岡の相性が、悪いような感じもあるのですが?
2012-06-15 Fri 07:40 | URL | baystars fan [ 編集 ]
bay love です、こんにちは、
13,14日と現地観戦して来ましたが、、
13日の勝ちは藤井の好投、中村のHR,山口のセーブなどみどころありで良かったのですが、
私が取り上げたいのは14日の試合の方です、王と小林の大乱調で前半戦はシベリアのように寒い試合でしたがラミレスのHRが出てからのDeNAの戦い方は2010,2011年の尾花政権ではまったくと言って良いほど感じなかった、最後まであきらめない粘りのある攻撃が見られ金城のセンター前が出た時は本当に3塁側の盛り上がりは凄かったです、
(筒香は突っ込ませてほしかったですが)9回の荒波の粘り定石どうりの二盗塁、それと石川の粘り(これも今までの石川にはまったくなかったことなので)
本当に8,9日回は興奮しましたあきらめない投手交代など、本当に昨日は興奮する試合だった、、
この試合を続けていければ必ず最下位を脱出できると私は確信しています、
王、小林は2軍に落として調子のいいらしい牛田、江尻、啓次郎、後藤(バックスクリーンHRを打ったらしい)などを早く1軍に上げるべきだろう

とにかく先発が薄いのが心配だがその他は他の11球団に何も劣る所は見当たらず、先発が復帰すれば十分ベイも戦える、
昨日は負けたのに何故か帰路も妙な充実感を感じこんな感じはほぼ初めてなので不思議な気分でした(笑)、、、、では又。。

2012-06-15 Fri 11:26 | URL | bay love [ 編集 ]
bay loveさんへ、こんにちは。

私もテレビで見ていて、違うチームの野球を見ているような感じでした。
これを現場でご覧になったというのは羨ましい限りです(笑)。
本当にラストイニングだけでも見た甲斐があったのではないでしょうか。
粘り、これがどれだけ今までになかったかということがまざまざと認識させられます。

仰るように、先発さえそこそこ試合を作れるなら、負け続けるなんてことはなくなってくるでしょう。
あとは細かなミスが出ないようにしなければいけませんが、確実にチーム力は上がっていることが実感できる2試合でしたね。

観戦、お疲れさまでした。
2012-06-15 Fri 14:41 | URL | baystars fan [ 編集 ]
はじめてコメント致します。
げきと申します。
よろしくお願いします。
今年はあきらめない選手とそうでない選手との見極めの年になれば良いのでは無いかと思います。

技術は練習すれば向上しますが、
気持ちは改善しづらいと思いますので。
2012-06-15 Fri 21:17 | URL | げき [ 編集 ]
げきさんへ
はじめまして、当ブログの管理人baystars fanと申します。
ご丁寧にありがとうございます、こちらこそよろしくお願い致します。

仰る通り、見極めを中心にすべき年だと思います。
首脳陣も新たに加わった方が多いですし、起用法や選手の資質含めて色々なことを見極め、来季以降に繋げて欲しいですね。
ただ、もちろん諦めないということで言えば、試合を諦めてはなりませんが。

気持ちも何らかのきっかけで変わる可能性はあるので鍛え直すべきだと思いますが、仰るように改善しづらい点ですね。
とりあえず1年戦ってみて、個々の選手の精神的な成長も判断すべきでしょう。
2012-06-16 Sat 13:32 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。