ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第65試合目、横浜ベイスターズVSヤクルト

3-2で2位のツバメ(いやカモ!?)を叩く


1 吉村(右) 4-1
2 藤田(二) 4-1
3 内川(左) 4-2 1打点
4 村田(三) 4-0
5 佐伯(一) 3-1 1打点
6 下園(中) 4-1 1打点
7 新沼(捕) 3-0
8 石川(遊) 3-1

代打
呉本 1-0

投手
1 吉見 5・1/3回2失点
2 木塚 2/3回無失点
3 真田 1回無失点
4 加藤康 1・1/3回無失点
5 山口 2/3回無失点

勝 吉見 1勝
敗 ユウキ 2勝2敗
H 木塚、真田、加藤康
S 山口 3勝3敗7S

今日は、吉見が対ヤクルト戦が弱いという印象を持っていたので、過剰な期待はしていませんでしたが、まぁまぁの力投。
ヤクルト打線をスミ2に抑えて、6回途中まで。
しかしながら、少なくとも6回を投げきって欲しい。
そうすれば、木塚を使わずに9回山口がピンチになった時に使える。
これは一昨日の試合にも指摘したことであるが、山口の後の投手が必要だ。
ただ、チームが優勝争いをしていない状況であるために経験のためなら、用意しておく必要はないという考えもある。
とはいえ、先発がもっと投げないと木塚に疲労が溜まることは避けられない。
そうなれば、またもや木塚の離脱という苦しい状況になりかねない。
強いチームのブルペン陣には必ず、何人かリーダー格の投手がいるはずだ。
横浜の今のブルペンを見渡す限り、木塚しかいない。
工藤もいると言いたいが、この成績では信頼という面で支えにはならない。
精神的な部分では支えになっていても、やはりある程度の成績を残していなければ、他の投手がしっかり腕を振ることができない。
私としてはブルペン陣は、この立場の投手の信頼度が他の投手の成績を左右していると考えている。
そういった面で、木塚の登板過多はよくない。
木塚を出さない先発陣の果たす役割が非常に重要だ。
ピンチに登板するという木塚の起用は間違っていないと考える。
また、加藤を9回1アウトまでという工夫をしましたね。
どうやら加藤をセットアッパーに昇格させたらしいが、回を跨がせるのは細心の注意を払ってほしい。
リリーフ陣はよく崩れてしまう場面があるので、やはり山口の覚醒が必要不可欠だ。
1アウトまでセットアッパーを投げさせるという状況は、山口に対してまだ信頼できていないという証。
絶対的な信頼を勝ち取ってもらいたい。


打撃陣だが、3~5回に2・3本の安打をそれぞれ絡めて3点を取ったが、足りない。
今の投手陣の状態で3点しかプレゼントできない打撃陣も非常に不甲斐ない。
投手が良いピッチングをしているからこそ、点を重ねなければ、
結局積もり積もって、一昨日のようにわずかな点数で逆転されてしまう。
1点差ゲームを勝つことも大事だが、こういう試合では奮起しなければならない。
マストニーにしても3点台の防御率でありながら、未だに無勝利というのも可哀想だ。
確かに、流れを引き込めないピッチングといえばそれまでだが、
結果的に抑えているので、なんとか援護点を奪ってほしい。


今日の試合でも、私が期待している下園は1本塁打。
二試合連続となる第3号でどうやら長い目で見れば、ある程度の長打も打てそうだ。
左で長打を打てそうなバッターが少ないだけに、下園・内藤という両者の左中距離バッターの覚醒が必要だ。
今後も起用してほしい。

余談…
ハマの左の強打者・吉見はまたもイレギュラーながら、強く叩きヒットを記録。
打率は.333に。


また、今年のドラフトでは、投手陣を一気に指名するらしい。
1巡目には花巻の菊池を指名する方針。
私的には、横浜の筒香を1巡指名してほしいが、どうだろう。
左の最高級エース候補を指名するのか、左の最高級パワーヒッター候補を指名するのか。
おそらく、筒香も1巡の中に今のところ入ってしまいそうなので、いくら2巡目を1番先に指名できる状況になったとしても2巡で取れるかはかなり疑問だ。
どちらも見逃せない選手だけに今のところ、どちらかは絶対に獲りたいところ。
もし、横高あるいは筒香自身が不調に陥れば2巡以降の指名も実現するかもしれないが、
私は横高を応援しているだけにそれもつらい。
1・菊池、2・筒香なんて指名が出来たら、マジで即飲み会だ。
今年は、TBSが3年契約でドラフト放映権を獲得しているため、
10月29日のドラフト当日生放送で中継される。
この日は、木曜日で平日。
生放送では見れないと思うが、見れる人は是非見て欲しい。
私も、休んでまでして見ようかとも考えている。
今後のドラフト情報次第で私の行動が変わりそうだ。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第66試合目、横浜ベイスターズVSヤクルト | ホーム | 第64試合目、横浜ベイスターズVS阪神>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。