ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ペナントレース第78戦、VSヤクルト。

今日の見どころ・・・藤井が6回くらいまでゲームを作れるか。

横浜ベイスターズブログランキング:9位/野球ブログランキング:176位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加していますので、今回の記事について評価をしてくださる方はクリックお願いします。
多くのファンの方により有益な情報等を提供できるよう努力いたしますので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。


7-5、VSヤクルトでのいつもの打撃戦で勝利

<スタメン>
1 石川(二)4-3、1本塁打、2打点、1四球
2 渡辺直(遊)5-3、1打点
3 中村(三)5-2
4 ラミレス(左)4-2、1打点
5 筒香(一)4-1、1四球、1併殺
6 金城(右)3-1、1打点
7 荒波(中)4-1
8 鶴岡(捕)3-1、1打点
9 藤井(投)1-0

<途中出場>
ルイーズ1-1、1本塁打、1打点
山崎0-0、1犠打
森本1-0
内村
小池
下園1-0

<継投>
先発:藤井(4回、5奪三振、5被安打、4与四球、5失点)
2番手:大原慎(2回、3奪三振、無失点)
3番手:加賀(2/3回、1奪三振、無失点)
4番手:篠原(1/3回、無失点)
5番手:藤江(1回、1被安打、無失点)
6番手:山口(1回、1奪三振、1被安打、無失点)



試合詳細



―投手陣―
先発は藤井、先日古巣ヤクルト戦で初勝利。
1回1死から四球も、後続を抑える。
*今日は140kmが出ている。
2回1死から四球、後続をスライダーで三振させたが3-2からの遅めのスタートを鶴岡が刺せずピンチ。ここで後続が投手であることから、カウントが悪くなったこともあって敬遠気味。しかし、その投手に初球で甘い球が入りタイムリー2塁打で1点かと思いきや、ラミレスの守備が緩く2点入り逆転。この後またヒットを打たれたが、さすがに投手の走塁を荒波が刺して余裕の本塁阻止。
*投手に逆転打はもったいなさすぎだが、やはり四球が痛い。
3回2死から四球も、後続を苦労しながら抑える。
*何故か藤井だと思いきってリードをする鶴岡。
4回1死から0-2と有利だったものの球が浮きヒット、3-1からポテンヒットになりピンチ。しかし投手の送りバント、上手く藤井が処理して3塁封殺。だが、鶴岡の厳しい内角の要求から完全な逆球が高めに来てしまい3ランで逆転。
*鶴岡の初球ストレート要求も危ない橋を渡った気がするが。
藤井はあまり普段と変わらない投球をしていたが、唯一コントロールが乱れてしまっていた。実際に四球が4つと、藤井の球威からすると多く、これが2回の逆転打を許す原因だった。さらに言えば、3ランもコントロールミスが一因となったと言える。ただし、3ランに関しては、鶴岡も(それまではほぼ決まっていた内角の厳しいコースを要求したこともあってリードミスとは言わないが)反省すべき点だろう。やはりこのくらいの球威だとコントロールが悪い日は苦しい。
2番手は大原慎。
5回を三者凡退。
6回も三者凡退。
大原慎は圧巻のピッチングと結果としては言える。彼は2イニングを跨がせるようなタイプの投手ではないので、心配はあったが良い方に裏切ってくれた。ポイントである左打者との対戦では2奪三振を奪った。
3番手は加賀。
7回先頭の深いゴロ、渡辺直が踏ん張って投げたがワンバウンドになって筒香は捕れず、結果的には渡辺直のエラー。しかし、後続を2人打ち取り交代。
加賀は右打者3人へのリリーフということで三者凡退に仕留めたかったが、実質的には筒香のエラーで余計に投手を使うことになってしまった。もちろん加賀は悪くないのだが。
4番手は篠原。
7回2死1塁から、後続の代打を打ち取る。
篠原は代打が出て右打者との勝負になったが、しっかり打ち取ることはできた。ただ、やはり投げ損じが目立つのは確か。その中でも、強く内角を意識させられたので最後も打たせて取れたが。
5番手は藤江。
8回1死からヒット、後続で渡辺直がダイビングして封殺。すると後続も抑える。
藤江は少し先頭打者に対して3-0と苦しんだので心配したが、慌てず抑え切った。先日の失敗があっただけに、渡辺直のプレーが大きかったのだろう。
6番手は山口。
9回先頭に投手強襲され、カバーの石川の送球も悪く内野安打。しかし後続を抑える。
山口は先頭にこそヒットを打たれたが、その後は150km中盤の力で押し切ることができた。あまり流れとしては8・9回の攻撃が悪かったので良くはなかったと思うが、それでも抑えられるのが状態の良さだと感じる。

投手陣は先発の藤井が6回どころか4回で5失点という誤算。
ただ、そこまで悪い印象は残らなかった。
3ランだけは防いで欲しかったが…。
その藤井を救ったと言えるのが、2番手の大原慎。
彼が2イニングを完ぺきに抑え切ったのが試合として大きかった。
どうしても6回に投げる投手に迷うところだったが、彼が続投して投げ切ることができたことによって、加賀・藤江・山口の3人に繋ぐことができた。
そして、引き継いだ3人は篠原を使ったものの、しっかり抑えてくれた。
かなり蒸し暑く、投手にとっては酷な環境だと思うが、よく頑張ってくれている。



―打撃陣―
スタメンに筒香が戻る。
1回先頭の石川が流してヒット、渡辺直が初球でバスターエンドランを敢行しヒットも、石川は2塁ベースで足を取られたのか回れず2塁ストップで1・2塁。ここで中村は引っ掛けてしまうが、相手川端が何を思ったか捕り損ねてしまいエラーで満塁のチャンス。するとラミレスが追い込まれてから右打ちし、相手の一二塁間に弱いゴロを打ち1アウトも石川が生還し先制。しかし筒香は詰まりサード正面、渡辺直が上手く時間を稼ぎ、2死2・3塁。だが、金城も倒れる。
*石川の走塁が残念だったが、相手のエラーで助けられたので先制はできた。
2回先頭の荒波が初球を引っ張り右中間、相手の中継プレイも乱れスタンディングトリプルでチャンス。ここで鶴岡が甘い球を上手く流したところライトフライになり、荒波が快速を飛ばして犠牲フライで同点。この後、石川が粘って四球、暴投で相手中村が見失っている間に3塁まで陥れ再チャンス。すると渡辺直が詰まりながら弾き返しタイムリーヒットで勝ち越し。
*得点後の失点後の得点に加え、同点で終わらず良い攻撃になった。
3回先頭のラミレスが初球をレフト前も、筒香は外角変化球を引っ張り強めの併殺。
*筒香は意識が間違いではなかったものの、打つ球を間違えたか。
4回2死からルイーズが来日初本塁打となるソロ。さらに石川がヒットも、渡辺直は倒れる。
*ルイーズにやっと出た1発だが、右方向とは。
5回1死からラミレスがヒット、暴投でチャンス。すると筒香の四球にも暴投があり、1・3塁。さらに暴投で2・3塁。ここで金城がしっかり右方向へ打ち上げ犠牲フライで同点。しかし、荒波は上げてしまう。
*早めに追い付いたが、今日も乱打戦へ。
6回先頭の鶴岡が2塁打でチャンス。ここで代打・山崎が送りバント。すると石川が初球を振り抜くと、まさかの風に乗ったこともあったが2ランで勝ち越し。さらに渡辺直がセンター返しでヒット、中村が三遊間にヒットで再チャンス。しかし後続は倒れる。
*確かに好調だが、まさかの一言。
7回先頭の金城が追い込まれながらバットを上手く返してヒットも、荒波の打席中に足を気にしたため内村に交代。しかし荒波はセーフティ気味にバントをしたのがファール、しかり構えをしての送りバントが上がりフライアウト。だが、鶴岡がバスターエンドランを敢行し相手畠山がボールと光が重なったのか後逸し、カバーまで処理できずエラーで1・3塁。森本は1-2から1塁走者とのエンドランでファール、2-2から三振。石川も倒れる。
*ここは1点入れなければいけない。
8回1死から中村が右打ちでヒット、下園の当たり損ないで進塁しチャンス。筒香がライト前にヒットを打つが、中村の足では生還できず。

打撃陣は1回から無死満塁のチャンスを作って1点を先制。
ただ、この後の得点が欲しかったのは確か。
それもあってすぐに逆転されたのだが、また2回に再逆転した。
こういう攻撃を見せてくれると、先発にとっては有り難いはず。
さらに、先発が手痛い一発を食らったすぐ後に、代打・ルイーズがソロ。
次のイニングには石川がまさかの一発で勝ち越すことができ、素晴らしい攻撃になった。
欲を言えば、7・8回に1点欲しかったが、試合を下手に動かさなくて良かったのかもしれない、と思いたい。

選手個人としては、好調の石川がまさかの一発を含む3安打1四球。
オープンスタンスだけが要因ではないだろうが、本当によく打っている。
さらに2番の渡辺直も好調で3安打。
特筆するのは、この3安打全てが石川から繋いだものということ。
このあたりはさすがである。
もっと言えば、3・4番にも2安打ずつ。
こうなると打線が繋がってくる。
非常に良い上位打線を作っているのではないか。
また、チャンスを潰し続けていた筒香にやっと得点圏でのヒットが出た。
ここはタイムリーにはならなかったが、彼の打撃に良い影響を与えてくれると良い。



全体としては、相手が取った後に取り返す、という広島とのカードでやられたことをやり返したような形になった。
不思議なことに、ヤクルト戦だと打撃陣が奮起するのだが、単に打ったということでなく内容が良かったというのが勝利に繋がったのだろう。
明日明後日も打撃戦になるのだろうか…。

最後に取り上げたいのが上位打線。
1番の石川が好調で.285くらい打っているのだが、2番の渡辺直が規定打席に達していないながら好調で.300近く打ち、3・4番は.290近く打っているし勝負強い。
これだけの上位打線を作ることができているのは頼りになる。
この4人が並んでいれば、短期的には3点くらいは計算できるのではないか。
ただし、この打線を真の意味で発揮させるには、5番に入る打者の存在が重要である。
そういう意味で、筒香に最後ヒットが出たのが明日以降どのような形で表れるか注目しなければならない。

…石川の一発は3年ぶりだそう。
全く意外でもないが、彼の打撃に力強さが加わるといよいよ一流の打者になってくるのではないか。


横浜ベイスターズブログランキング:9位/野球ブログランキング:176位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加していますので、今回の記事について評価をしてくださる方はクリックお願いします。
多くのファンの方により有益な情報等を提供できるよう努力いたしますので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ペナントレース第79戦、VSヤクルト。 | ホーム | ペナントレース第77戦、VS広島。>>

コメント

bay love です、こんばんは、
高城が昇格らしい少し楽しみが出来たか、
今日も石川のHRという予想外の事が起こったが
私がポイントだと感じたのはロマンに打たれた2点タイムリーで、またまた鶴岡のヘボリードで打たれる始末、、、この場面いくらバッテングがいいロマンでもほとんど対戦がない(初めてか)相手に初球チエンジアップはないだろう チエンジアップと言う球種はストレートを何球か見た後か何度も対戦しているバッターに有効なわけでロマンには少ししか落ちない棒球に見えただろう(外角一辺トウでも良いくらいの場面)本当に鶴岡は何を考えて毎日やっているのか
勝ったからすべてが消えてしまったようになっているが早く捕手3人制にしてほしい、

金城が故障くさく、渡辺もか? とにかくオールスター明けに選手、コーチは入れ替えるべき、
とにかく鶴岡はもういい、、これでは投手が育たないしかわいそう
では又投稿させてもらいます、。
2012-07-16 Mon 23:27 | URL | bay love [ 編集 ]
bay loveさんへ

高城、楽しみですね。
鶴岡では、仰る通り投手が可哀想です。
リードで打たれるのが目立ちすぎますね。

金城はその後自分で歩いてましたから軽傷だとは思いますし、渡辺直もプレーはしていたので軽傷かと。
ただ、スタメンでフルに使える状態ではないかもしれませんね。
中村もラミレスも故障持ちですし、調子の出てきた打撃陣にも試練ですか。
オールスターブレイクを上手く使ってくれれば良いですが。
2012-07-17 Tue 08:22 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。