ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ペナントレース第86戦、VS広島。

今日の見どころ・・・小林太と鶴岡のバッテリー、今季先発時は3回6失点(私の独自集計によるもの)

横浜ベイスターズブログランキング:5位/野球ブログランキング:114位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加していますので、今回の記事について評価をしてくださる方はクリックお願いします。
多くのファンの方により有益な情報等を提供できるよう努力いたしますので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。


4-4、今季対広島1勝11敗+通算平塚球場での対広島0勝6敗を考えれば大きな引き分けか。

<スタメン>
1 荒波(中)4-1、1四球、1盗塁
2 内村(二)4-1、1四球、1盗塁
3 中村(三)5-1、1打点
4 ラミレス(左)4-1、1打点
5 小池(右)3-0、1死球
6 渡辺直(遊)3-2、1打点、1死球
7 ルイーズ(一)4-1、2併殺
8 鶴岡(捕)3-0、1犠打
9 小林太(投)2-0

<途中出場>
金城0-0、1四球
森本1-0
一輝

<継投>
先発:小林太(5回、1奪三振、6被安打、4失点)
2番手:林(1回、1奪三振、1被安打、無失点)
3番手:大原慎(1回、1奪三振、無失点)
4番手:藤江(1回、1奪三振、1与四球、無失点)
5番手:山口(1回、1与四球、無失点)
7番手:菊地(1回、1奪三振、無失点)



試合詳細



―投手陣―
先発は前回高城とのバッテリーで5回無失点だった小林太。
1回を三者凡退。
*守備も良い。
2回2死からヒット、後続に外野の横への弱い当たりながらタイムリー2塁打で同点。さらに歩かせても良い8番打者に対して攻め急ぎタイムリーヒットで逆転。すると投手にもヒットを打たれるが、後続を凌ぐ。
*どちらも悔いの残る形、特に2つ目は鶴岡のリードで意図を明確に打ち出せなかったのが問題、ラミレスの守備も痛いが打撃での貢献はしてきているのは確か。
3回を三者凡退。
*重要な回だったが、ここは鶴岡のリードも冴えた。
4回先頭に内角を突きすぎたかヒット、暴投を鶴岡が反応できずピンチ。後続で外角を攻めたが進塁打となる。ここで内野ゴロを打たせるが1点を失う。
*暴投を鶴岡は手で止めに行ったのが反省点。
5回2死から外角の要求通りに投げたがソロで同点。さらに中村のエラーが出るが、後続を三振。
*これも勿体ない。
小林太は結局得点後に失点を重ねるなど要所を締めることができず。3回は良かったのだが、これだけ勿体ない形で失点してしまうと、さすがに悪い印象になる。ただ、簡単に四球は出さないという姿勢は見て取れ、勝負には行っていた。その結果なのである程度は許容すべき。そんなに打ち込まれたということでもないので、5回4失点と言ってもさほど悪い投球ではなかったのではないか。勝負する姿勢は見えたので、もう1度はチャンスが与えられると思う。
2番手は林。
6回先頭にヒット、ラミレスが処理する間に2塁打となりピンチ。しかし後続を抑える。
林はよく粘った、ここで打たれていたら確実に敗戦するシーン。確かに先頭を出したのは拙いが、それでも1人で投げ切ってくれたので、リリーフとしてはこれで良いだろう。
3番手は大原慎。
7回を三者凡退。
大原慎もしっかり抑えてくれた、重要なイニングが続いていく場面なのでこういう投球で抑えてくれるのは非常に有り難い。課題の右打者からも三振が取れたし良いマウンドだった。今年の復帰してからの投球だが、昨年よりシュートが良くなっている。これを上手く利用して右打者を抑えられると、ワンポイントタイプから一皮むけるはず。
4番手は藤江。
8回2死からフォークを連投させ四球、2球目の牽制球でボークをとられてピンチ。後続で3-1となった時に鶴岡がボールを投げさせようと外したが藤江がストライクにストレートを入れ3-2とし、結果的に三振、当然ベンチに戻ると首脳陣に指導を受ける。
藤江は2死から四球を出したものの、これは悪くない。ただ、フォークに鶴岡が頼り過ぎてしまいカウントが苦しくなってしまっていた。結局少ないストレートの1球が鶴岡の意図とは外れたところに来てアウトには繋がったものの、完全に結果オーライ。抑えたのでまだ良いが、バッテリーはしっかり反省して欲しい。
5番手は山口。
9回先頭にストレートを全て続け四球、送りバントでピンチ。ここで敬遠策。すると後続を打たせて、併殺で凌ぐ。
*ストレート連投での四球があったことで相手が絞って来たのが幸いしたのではないか、そこに初球で変化球を要求した鶴岡のリードが良かった。
山口は先頭でストレートを続け過ぎて四球を出してしまってピンチを招いたが、初球で変化球にし併殺を取れたので良かった。ただ、鶴岡は0-2から高めに1球見せたことで、何を意図していたかが問題。
6番手は菊地。
9回を三者凡退。
菊地は山口以上に安定感があるという状態になっている。おそらく確実にセットアッパーの座は加賀から奪ったのだろうが、もし終盤で同点ならその試合は菊地を抑えとして考えて継投しても良いのではないか。山口は極端にセーブ機会とそうでない機会に差があり過ぎる。幸い加賀も使えないくらい状態が悪いわけではないので、山口にはセーブ機会だけ投げさせるのでも構わないのではないか。

投手陣は結局6人を繋いで、先発の小林太以外は失点しなかった。
しかもそれぞれが回を終わらせているので、素晴らしい継投だったと言える。
少し怖い場面はいくつかあったが、それでも他の投手を使わずに抑え切れたなら良い。
全体として、四球を出すなという指令がこれまでもあったが、それを強調して臨んだ試合。
そこで小林太はカウントが悪くなっても四球は出さず勝負していたし、唯一痛い四球は山口の先頭のみ。
四球自体も2つしかなく、もう1つは勝負を避けたものではない。
確かに四球を恐れて置きに行くとなれば問題だが、今日はそれが見られなかったのでこれを続けて欲しい。
ただ、鶴岡が妙にかわそうとしたり、何か変な拘りをしたりするのが結果的に四球になっている点は見逃せない。
藤江の四球もフォークを連投させ過ぎ、山口の四球はストレートしか投げていない。
相変わらず鶴岡はどんな意図を持っているのか、分からない試合だった。
個人的に思うのだが、四球を出すな、という指令は投手陣ではなく鶴岡に言った方が良いのでは。
結局黒羽根と鶴岡が捕手防御率で1点以上違うのは、勝負する姿勢ではないかと思われる。
だとすれば、鶴岡に勝負しろと言った方が良いということになる。



―打撃陣―
スタメンにルイーズが戻り、5番には勝負強い小池。
1回先頭の荒波がストレートの四球、内村は1球目にバントの構えから見逃しストライク、2球目もバントの構えから打撃に転じバスターエンドランで結果的にラッキーな内野安打でチャンス。ここで2-2からワンバウンドを中村が見送りダブルスチール成功。すると中村はショートゴロを打つが、荒波が生還し先制。しかし、後続は倒れる。
*久々のダブルスチールだったが得点に結びついた、もう1点欲しいところだが小池の当たりは良かった。
2回先頭の渡辺直が低めをセンター返しヒット、ルイーズも同じような当たりでヒットとしチャンス。鶴岡は1球目にバントの構えから見逃しストライク、2球目に送りバント成功。すると小林太が1-2からスクイズでワンバウンドが来てしまい空振りも、渡辺直が狭殺プレーになりつつ相手白濱が送球を高くしてしまい相手堂林が捕れず記録はサードタイムリーエラーで同点。荒波は倒れる。
*追い込まれてからのスクイズはどうかと思うが、ここは相手がエラーで助けてくれた。
3回先頭の内村が四球、中村が2-1からエンドランの形になり流し打つと相手内野の逆を突きヒット、内村が3塁へチャンス。ここでラミレスが内角を強打するとレフトへのタイムリーヒット、打者走者は2塁で刺されるが勝ち越し。すると小池がデッド。さらに渡辺直が1塁走者とのエンドランの形になりタイムリーヒット、小池が3塁へ。ルイーズは初球を併殺。
*やはりルイーズは計算できないが、その前の攻撃が素晴らしい。
4回は三者凡退。
*良い当たりはする。
5回も三者凡退。
6回1死から渡辺直がデッドも、ルイーズは再び併殺。
*確かにルイーズは2つの併殺なのだが、渡辺直に盗塁を指示するなどできるのがこの打順。
7回1死から金城が落ちる球を見送り四球、荒波が2-1からエンドランの形になりポテンヒットでチャンス。内村は1-1からセーフティの構えで引いたように見えたがスイングを取られるが、粘り何とか引っ張ってファーストゴロを打つと2・3塁。しかし中村は倒れる。
*中村が倒れたなら仕方ない。
8回は三者凡退。
9回も三者凡退。
10回も三者凡退。

打撃陣は1回から今日も活発。
その1回には珍しくダブルスチールを敢行し、それが1点に繋がる。
ただしそこでもう1点取れなかったのが辛い。
とはいえ、相手にすぐ逆転されてから再逆転するところは今の打線が良いことを示す。
さらに次の回には引き離すこともできた。
その3回はルイーズの併殺がありながら、それまでの攻撃は1・3塁を作りながらの理想的な闘い方。
本当はルイーズも外野フライくらい打って欲しいのだが…。
それは良いとしても、4回以降の攻撃はどうにかしなければいけなかった。
少し相手も立ち直ってきたこともあったかもしれないが、0行進が続いてしまうとさすがに投手陣も負担が重い。



全体としては、序盤は打ち合い流れが行ったり来たり、中盤からは流れが停滞した。
序盤と中盤以降で全く違うゲームになったと言えるが、見応えはあった。
あまり投手戦を好まないファンも多いが、私はこういった緊迫した試合を好んでいるので非常に面白かった。
こういった試合が相性の悪い相手とできるようになってくれば、そのうち勝ち星は付いてくるものである。

ところで、今日のスタメンに注目して欲しい。
1番から4番までは変わり映えしないが、5番以降が少し違う。
、おそらくこれを基本線に据えるべきではないだろうか。
5番には金城などを置くのではなく、中村・ラミレスの次に勝負強い打者を置くべきである。
そうしたら必然的に小池だ。
さらに言えば、6番には勝負強さもありつつ繋ぎができる渡辺直が適任だし、7番は長打を重視しても良い。
7番は筒香がいないということで、ルイーズを使っていたが、それでも良いだろう。
確かに2併殺したことはあるが、はっきり言って走者が渡辺直なら盗塁を1度はしなければいけなかったのでは。
それは置いておくとして、この6・7番が今までは逆だった。
6番に筒香やルイーズがいて、7番に渡辺直や荒波あたりがいたのである。
もし7番にこのようなタイプがいて出塁したとしても、次が8番だとあまり多くの作戦は採れない。
というのも、8番でその回を終わらせたくないからである。
それを考えれば6番の方が仕掛け易い。
もっと言えば、打“線”として機能させるためにも6番には繋ぎが上手い打者を置くべきである。
例えばヤクルトで言えば宮本あたりが適任だと思うし、中日なら井端あたりが適任なのでは。
つまり6番の打者が上位クリーンアップと下位打線を繋ぐ役割を担うのが良いというのが私の考え。
結局打撃陣が得点を重ねるためには、単に打者を並べるのではなく打“線”でなくてはならない。
そういう視点から見て、今日のようなスタメンを組むべきだと私は考える。
これは決して、石川や筒香が復帰しても崩すべきではないだろう。
そもそも明日こういったスタメンが組まれるかすら定かではないが。


横浜ベイスターズブログランキング:5位/野球ブログランキング:114位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加していますので、今回の記事について評価をしてくださる方はクリックお願いします。
多くのファンの方により有益な情報等を提供できるよう努力いたしますので、その指針になればと思っています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ペナントレース第87戦、VS広島。 | ホーム | ペナントレース第85戦、VS阪神。>>

コメント

お久しぶりです!!

久しぶりに過去にやってた相性表を書きたいと思います。
(勿論今後も続けていきますので、何かの参考になれば。。。と思います)

対前田健 (2011~)

1,中 荒波 11-3 ,272
2,二 内村 3-1 ,333
3,三 中村 10-4 ,400
4,左 ラミレス 19-4 ,210 HR1
5,右 小池 対戦無し
6,遊 渡辺  7-1 ,143 四死球1
7,一 ルイーズ 4-1 ,250
8,捕 鶴岡 7-2 ,285
9,投 クレイマー 対戦無し

控え組

金城 14-3 ,214
森本 9-1 ,111
一輝 1-0 ,000
内藤 7-0 ,000 四死球1
下園 14-1 ,071
後藤 2-1 ,500
黒羽根 5-0 ,000 四死球1


流石にノーノーを浴びてる投手だけあって、全員の対戦成績が悪いですね。。。

相性を見ると、ノリが唯一相性がとても良く、それに続くのは、荒波、鶴岡といった所。。。
(内村、ルイーズは打数が少ないので、何とも言えないですが)

控えの選手も全員が相性悪い(一輝、後藤は打数が少ないので分からない)ので、今日も昨日と同じオーダーでもいいかもしれません。

そもそもこの相手だと、得点は期待出来ないので。。
(マエケンの今季対DeNA防御率 0,38)

ま、クレイマーがどこまで広島打線を抑えられるか!!ですね

期待しましょう!

2012-08-01 Wed 11:18 | URL | 亮祐 [ 編集 ]
亮祐さんへ

久々の、“あの企画”ですね。
てっきりご自身のブログを立ち上げて行う準備をしているのかと思っていました。
私が個人的に集計しているデータは数少ないので、非常に参考になります。
もしご自身でブログをやらないということであれば、私の日々の試合解説に時々反映させて頂いてもよろしいでしょうか。
相性というのは私自身も重視しているポイントなので、解説により深みを増せるのではないかと考えております。

さて、前田にはやはり相性の良い選手はほとんどいないんですね…。
ただ途中加入の内村も前回?3-1ということでありますし、勝負強い小池の対戦もないということであれば、期待を捨てるには早過ぎますね。
さらに言えば、仰るように1・3番がそこそこ打っているので、もしかしたら上位の繋がりは見られるかもしれません。
対戦防御率の圧倒的な数字を見ると打線をガラッと組み替えるべきでしょうが、意外に昨日のスタメンが最も期待できる形になっている可能性がありますね。
控えにも相性が良い打者はいないようなので、こうなったら打線の形は良いと思うので昨日の序盤のような攻撃で崩していければ…。

クレイマーはコントロールが良いということは分かったので、そこそこ試合は作ってくれそうですが、初勝利を早く挙げさせて落ち着かせたいですね。
2012-08-01 Wed 11:50 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。