ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ペナントレース第97戦、VS阪神。

今日の見どころ・・・5位争いは激化するか。

横浜ベイスターズブログランキング:8位/野球ブログランキング:219位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。


1-3、三浦に援護できず。

<スタメン>
1 荒波(中)4-1
2 内村(二)4-0
3 中村(三)4-3
4 ラミレス(左)3-1、1四球
5 筒香(右)4-0
6 渡辺直(遊)3-0
7 後藤(一)2-1、2四球
8 高城(捕)2-0、1四球、1併殺
9 三浦(投)1-0、1犠打

<途中出場>
金城1-0
一輝
下園1-1、1打点
森本
小池1-0、1併殺

<継投>
先発:三浦(7・0/3回、3奪三振、6被安打、2与四死球、3失点)
2番手:菊地(1回、無失点)
3番手:加賀(1回、無失点)



試合詳細



―投手陣―
先発はエース三浦、スタメンマスクは高城。
1回1死から痛烈な当たりを打たれるが、ファースト後藤が飛びついてファインプレー。結果として三者凡退。
*立ち上がりということもあって、コントロールが甘い。
2回も三者凡退。
*少しずつ投げ分けられるようになってきた。
3回も三者凡退。
4回先頭にデッド、送りバントでピンチ。この後四球で1・2塁。ここでタイムリーヒットを打たれて先制される。しかし後続2人を抑えて1点で断ち切る。
*ここは流れがあるので1点は仕方ないが、その後はさすがのエースの粘り。
5回先頭にヒット、後続を併殺にしたかと思いきや内村はバウンドを合わせに行って後ろに下がったところ封殺になってしまう。すると送りバントでピンチ。しかし後続をハーフスイングを取ってもらい三振。
*よく踏ん張った。
6回を三者凡退。
7回1死からヒット、盗塁を高城が悪送球したこともあって刺せずピンチ。しかし後続を抑える。
*相手は投手に代打を出してきたが、三浦が抑えた。
8回先頭に大きなフライを打たれると、筒香が背走するが落下点にすぐ入ることはできず3塁打でピンチ。するとタイムリー2塁打。暴投で3塁へ。さらにタイムリーヒットで交代。
三浦は結局あまり状態としては良い方でないながら、十分試合は作った。ただ、前回このバッテリーで指摘したが、高城はもう少し内角を上手く使わないと拙い。元々良いコントロールはある投手だが、相手の打ち気を見て甘い球を上手く使うことができる。そのためには内角の厳しいゾーンを突いていく必要がある。
2番手は菊地。
8回無死1塁から、後続を併殺もあって抑える。
菊地は本当に戦力外されて移籍してきたのか分からなくなってきたファンも多いのではないだろうか、こういった重要な場面で全く怯まない。相手に流れがある中でも、このような投球ができるのなら、彼には安心して藤江とともに7・8回を任せたい。
3番手は加賀。
9回を三者凡退。
加賀もよく抑えた。反撃ムードに繋がるかはその時々によるが、最後の攻撃に期待を持たせてくれる内容だった。



―打撃陣―
スタメンは維持、怪我の心配された渡辺直も名を連ねる。
1回2死から中村が上手く流してヒット、ラミレスがストレートの四球でチャンス。ここで筒香が痛烈な当たりを放つがひと伸びせずレフトフライ。
*やはり筒香は打撃の形が戻ってきている。
2回1死から後藤がセンター返しヒットも、プロ初ヒットが遠い高城は併殺。
*投手までは回したかった。
3回1死から荒波が流してヒット、内村は簡単に0-2とされた後2-2からランエンドヒットの形でファール、結局もう1球ファールすると当てたような形で内野フライで2死1塁。すると中村が強引に内角高めを引っ張ると2塁打にはなるも、荒波が少し3塁でスピードを緩めてしまったように見えたこともあるが本塁で憤死。
*最後の憤死は仕方ないとしても、内村の1・2球目で何か仕掛けたかった。
4回は三者凡退。
5回1死から高城がストレートの四球、三浦が送りバントでチャンス。しかし荒波はホームラン性のファールもあったが倒れる。
*このあたりで1点入れておかないと停滞してしまう。
6回は三者凡退。
7回2死から後藤が四球も、高城は三振。
8回は三者凡退。
9回先頭の中村がヒット、ラミレスもヒットでチャンス。しかし筒香は内野ゴロで1死1・3塁。だが、代打・下園が上手く捌いてタイムリーヒット、筒香が3塁へ。すると後藤が四球で満塁。しかしながら、代打・小池は併殺。

選手個人としては、中村が3安打打っているものの、1・2番は1安打止まりと全く活きなかった。
さらに言えば、2試合結果を出していた筒香の無安打でストップをかけてしまった感がある。
確かに状態は上げて戻ってきたようだが、まだまだ若いし本調子ではない。
ハマスタに戻って一発でも打てれば覚醒しそうな気はするのだが。
それにしても、高城のプロ初安打はいつ見られるのか。



全体としては、三浦がやや状態が良くなさそうながら耐えたものの、打撃陣が繋がりを欠いたという試合。
最終的には打線が繋がりかけて1点は取れたものの遅い上に、ここも攻め切れなかった。
1死満塁で小池が倒れたなら致し方ないが、その前からチャンスを潰してきてしまったのが痛い。

今日も最後は粘りを見ることができたのだが、5位とのゲーム差が縮まってきていることもあり少なくとも同点にはしたかった。
もちろん5位になってどうこうという問題ではないが、ここ数年間最下位に沈むだけに、こういった機会を活かせるかが今後に向けて重要になる。
少し順位争いからは遠ざかってしまっているので、このあたりでもうひと踏ん張りして何とか5位を勝ち取りたい。
それが来年のCS出場や優勝・日本一の足がかりとなるはず。


横浜ベイスターズブログランキング:8位/野球ブログランキング:219位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ペナントレース第98戦、VS阪神。 | ホーム | ペナントレース第94~96戦、VSヤクルト・中日。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。