ベイスターズ応援推進委員

2013シーズンペナントレース開幕。常時ブロともや相互リンク等受け付けていますのでお気軽に申請お願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ペナントレース第101戦、VS中日。

今日の見どころ・・・高城、打撃覚醒なるか。

横浜ベイスターズブログランキング:7位/野球ブログランキング:191位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
↑ランキングに参加しています。
また、コメントの方も受け付けています。
貴重な意見交換にもなりますので、なるべく全てのコメントに返事が出来るよう努力いたします。


3-4、詰めが甘かった。

<スタメン>
1 荒波(中)4-2
2 内村(二)4-0
3 筒香(三)4-1、1打点
4 ラミレス(左)4-2
5 小池(一)4-2
6 渡辺直(遊)3-0
7 森本(右)4-1
8 高城(捕)1-0、1死球
9 国吉(投)1-0、1犠打

<途中出場>
金城1-0
鶴岡1-0、1併殺、1盗刺、1盗許
下園1-0
ルイーズ1-1、2打点
一輝

<継投>
先発:国吉(7回、5奪三振、7被安打、2与四球、3失点)
2番手:大原慎(1回、1被安打、1与四球、1失点)



試合詳細



―打撃陣―
スタメンは怪我の中村と後藤をどちらも欠き、5番に小池、7番に森本を久しぶりに起用。
1回先頭の荒波がボテボテのゴロを打つと良いところに転がり内野安打、内村は1球目にバスターエンドランでファール、結局バントの構えをせずエンドランを使って進塁打でチャンス。しかし筒香は少しタイミングが合わず内野フライで2死。この後ラミレスが痛烈なライト前ヒットを打つが、荒波が本塁で刺される。
*そもそも還れそうにない当たりだったが、荒波の足を信じて突っ込ませた結果際どいながら先制できず。
2回は三者凡退。
3回も三者凡退。
4回も三者凡退。
5回も三者凡退。
*全く手に負えないが、甘い球はある。
6回先頭の高城がデッド、国吉が送りバントでチャンス。荒波が初球を捉えてヒット、1・3塁。内村の打席でエンドランだったのか、荒波がスタートを切った時に内村は内角の厳しい球で空振りしたものの盗塁に成功し2・3塁。しかし内村は浅いフライアウトで2死。だが、筒香が弾き返した打球を相手井端に捕られるがタイムリー内野安打。しかしながら、ラミレスは良い当たりも正面で倒れる。
*もう1点欲しい。
7回先頭の小池がフェンス直撃で当たりが強すぎたためヒット、渡辺直の進塁打でチャンス。しかし後続は倒れる。
*取れる時に取らないと勝てない。
8回は三者凡退。
9回1死からラミレスがヒット、小池が2塁打でチャンス。すると代打・ルイーズが詰まるも内野を越えてタイムリーヒット。ここで森本がヒットで再チャンス。しかし鶴岡には代打を送れない環境もあり併殺。
*詰めが甘い。

打撃陣は1回にチャンスがあったが、ここを荒波の本塁憤死で流れを相手に渡してしまった。
ただ、ここはチャレンジしたことを責めることはできないだろう。
確かに普通の走者なら絶対にアウトになるヒットだったが、走者は荒波であり実際にクロスプレーに持ち込めた。
後続が勝負強い小池なので無理はすることないと思うものの、チャレンジしてはいけないということはなかったと考える。
しかしながら、ここを逃した結果2回から全くチャンスすら作れない状況にはなってしまった。
だが、相手が追加点を取れないうちに少しずつ流れが傾いてきたか、6回からチャンス。
結局は6回に1点を取り、9回に2点を取ったものの、7回も含めて、あと一歩踏み込めなかった。
最後もこれまでよく問題にされていた捕手2人の弊害により、鶴岡に代打を出すことができなかったのも悔いが残る。

選手個人としては、今日久しぶりに5番スタメンだった小池が2安打。
しかもどちらのヒットも良いところで打っている。
中村が離脱し、後藤も少し怪我をしているだけに、この小池の存在は大きい。
元々ライトでスタメンを固定しても良いだけの勝負強さはあるので、ようやく出番が来たという感じ。
もし後藤がファーストに入れたとしても、ライトは空いているので小池を使ってやって欲しい。



―投手陣―
先発は国吉、スタメンマスクは高城、この2人の組み合わせは防御率1.29(私集計による)。
1回先頭にストレートをヒット、送りバントでピンチ。2死から初球でストレートを読まれた上に失投してしまい2ランで先制される。
*バッテリーの若さが出た。
2回先頭にスライダーを続けて2塁打でピンチ。2死とするが、投手に痛烈なタイムリー3塁打。
*投手に打たれるのだけは拙い。
3回先頭にヒット、痛烈な当たりを渡辺直が捕れずにヒットでピンチ。しかし後続を3人で抑える。
*追い込めば変化球が良いところに来ている。
4回先頭にヒットも、後続を併殺。しかし投手に四球で再び走者を作ってしまう。だが、後続を抑える。
*相変わらず先頭打者を出し続ける。
5回を三者凡退。
*やっと初めての三者凡退。
6回も三者凡退。
*得点後を抑え切った。
7回2死から四球、盗塁を鶴岡は刺したかに思えたが内村のグラブに入らずピンチ。しかし後続を抑える。
*内村のミスを国吉が救った。
国吉はとにかく立ち上がりが悪すぎて、それを修正するにも少し時間を費やしてしまった印象。あまり調子も良くなさそうで、ストレートは148km程度出ることもあったが、常時142kmくらいで出ても145kmという感じ。良い時は150km前半がMAXで出るし、常時でも140km中盤~後半出る投手。ただ、尻上がりというタイプの投手であり、今日も3・4回のピンチを凌ぎつつ4回以降は危なげなかった。結局は7回3失点で先発の役割は十分果たした。とはいえ、あまりに先頭打者を序盤に出しすぎたことでリズムを作ることができず、打撃陣へ流れを持ってこれなかった。
2番手は大原慎。
8回先頭にボテボテのゴロを打たせたが難しい当たりになり筒香が処理できず内野安打も、盗塁を鶴岡が悪送球したような形でも渡辺直のタッチが上手く入り刺す。しかし後続に四球を出すと、すぐにタイムリー2塁打。後続は抑える。
*痛い1点を失ってしまった。
大原慎は試合を決定づける1点を与えてしまった。内容も盗塁阻止の後に四球を出すという点もあり、反省すべきマウンドになった。



全体としては、国吉が立ち上がりに失敗したものの、尻上がりに調子を上げた結果、最後は際どい戦いに持ち込めたというゲーム。
国吉が先頭を4イニング連続で出す形だったため、なかなか打撃陣に流れが来なかったのだが、5回からの復調が試合を面白くしたと言える。
ただ、最終的には4点目を献上した大原慎の投球が拙かったということになってしまった。
やはり余計な四球は痛い。

中村が登録抹消になり、絶好調の後藤までスタメンに名を連ねられないというのでは、厳しいと思っていたが、小池の存在が効いた。
以前からライトが定まっていなかったので、小池を使うように言ってきたのだが、やはり彼の勝負強さは欠かせない。
ただ、中村・後藤ともに離脱するとなれば、どうしても1人足りない。
ここに誰が収まるのか。
個人的には捕手2人というのが気掛かりなので、中村の抹消されたところに黒羽根あたりを上げてきてもらいたいが、場合によっては内藤・吉村あたりを上げることも考えなければならない。


横浜ベイスターズブログランキング:7位/野球ブログランキング:191位
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
スポンサーサイト

テーマ:横浜ベイスターズ - ジャンル:スポーツ

ベイスターズ試合分析 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ペナントレース第102戦、VS中日。 | ホーム | ペナントレース第99戦、VS阪神。>>

コメント

bay love です、こんばんは、
昨日の6回の投手交代の時期のミス、今日の国吉の前半のボロボロの投球よく4-3ですんだ位の試合、、
中村離脱、後藤の軽い故障、痛い事だらけで
今日は小池が良かったが私が推したいのは、
梶谷のスタメン起用で特に右投手の時はスタメンで使うべきでは、
と言うのもあまりにも渡辺が攻守に精彩を欠き記録に残らない守備のエラーが相当数あると前から感じているからです

渡辺は器用そうで守備も小技も利きそうに感じていたんですが(今の私の感覚では石川 内村のショートよりはまし位の感覚で、以前にここで早く渡辺をスタメンにと言っていたころから思うとがっかりしています)
渡辺は終盤の代打の切り札で一打席集中させた方が良いのでは、

2軍に右の中村に変わる選手も見当たらないので ここは梶谷と左ながら啓次郎を上げてほしいのが今の私の意見です 吉村は変わっていななそうなので無理でしょう
とにかくどこのチームにもあることなのでここは選手総動員で乗り切ってほしいところ

では又投稿させてもらいます。


 
2012-08-18 Sat 20:40 | URL | bay love [ 編集 ]
bay loveさんへ、こんばんは。

実は私も渡辺直の守備は粗さが目立つと思っておりました。
今までは石川と梶谷がともに離脱していましたので仕方なしでしたが、仰るように梶谷が2軍で復帰しましたから、そろそろ考えた方が良いでしょうね。
渡辺直は当初状態が良かったのですが、打撃でも結果が伴わなくなってきているので、このタイミングがベストなのかもしれません。
もしかしたら、少し痛めた箇所があるので、そこを気にしている可能性もありますし。
左右に関わらず、梶谷を使ってあげても良い時期だと思います。
今季の成績を見ると、対右が.170ほどですが対左が.320ありますので、特別左に弱いということはない気がします。
ただ、渡辺直は今季もそうであるように勝負強さがあるんですよね。
一方の梶谷は得点圏でも1割台なので、下位にそのまま入れると以前も問題になったように下位が貧弱になってしまうかもしれません。
中村に加え、後藤も痛めてますから、7番が森本や金城になりかねませんし。
梶谷も守備に課題がまだあるので、何を重視して起用するかですね。

そういえば、啓二朗は本当に上がってきませんね。
まだ3割を維持していますが、そろそろ上げてあげないと可哀想。
吉村は最近結果が出ていたのでどうかと思って挙げましたが、内容があまり変わっていないとすれば残念です。
2012-08-18 Sat 21:52 | URL | baystars fan [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。